風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 読書

Tags: 東野圭吾  ミステリー  

Comment (0)  Trackback (0)

東野圭吾「手紙」

R9wlnWveXxH5XS21401061890_1401061910.jpg

思いっきり泣かされた。
「赤い指」に続いての号泣であった。
「赤い指」は父と子の話であったが、こちらは兄と弟の話である。
そういえば、東野作品には家族を扱ったものが多い。
これまで読んだわずかの作品のなかにも、家族のことを書いたものがいくつかあったことに気がついた。
おそらく東野作品においてそれは重要なテーマのひとつになっているのではなかろうか。

家族というのは時に足枷になることもあるが、支えにもなる。
けっして切り離すことのできないものである。
良くも悪くも家族によって人生を左右されることになる。
この小説では、兄の犯した犯罪によって、唯一の家族である弟がどんな人生を歩まねばならなくなったかが描かれている。
そこから罪を償うということ、罰を受けるということはどういうことなのか、そうした重いテーマが描かれていく。

強盗殺人犯の弟という立場が、どういうものか、それが克明に描かれていく。
そこに横たわる差別と偏見、そうした過酷な現実がこれでもかと襲い掛かってくる。
しかもそれらはすべて自分が原因で起きたことではない。
それにも関らず、強盗殺人犯の弟というだけで、厳しい現実を甘受しなければならない。
そしてそうした理不尽さは、どこまでいっても付きまとい、消えることはないのである。

この作品は以前映画で観た。
その時は、それが東野圭吾の原作だということは知らなかったが、その重い内容に深く心を奪われたのであった。
それ以来、映画のことを思い返してはいろいろと考えさせられることになったのである。
そうした印象に残る映画であっただけに、今更原作を読むのはどうかなという気持ちがあった。
映画での感動が深かっただけに、小説でその印象を変えられたくないといった気持ち、また同じ話をもういちど繰り返して読むことに果たして意味があるのか、といった考えが過ったのであった。
しかし読んでみると、そこには映画以上の感動があったのである。
登場人物たちの心の動きや思いといったものがより深く理解でき、そこで展開される人間ドラマに激しく心揺さぶられたのであった。
気が進まないままに読み始めた小説ではあったが、やはり読んでよかったというのが率直な気持ちであった。

東野作品はまだ僅かしか読んでいないが、それでもこの小説は間違いなく自分にとってのベスト1の作品になるのではないかと思っている。
これでますます東野作品の魅力にのめりこむことになりそうである。

最後にこの小説について語った作者の言葉を書き添えておくことにする。

<私は小説の中で主人公をいじめ続けた。その中から彼がどんな答えを出すのか、自分でもわからぬままに筆を進めた。
だが結局、小説の中では明確な答えを出すことはできなかった。
書き終えた時に気づいたことは、これは答えのない問題だということだった。
初めから矛盾を含んでいた。どういう矛盾か。
それは、人との結びつきなしには生きていけない人間が、別の人間を殺した、という矛盾だ。
ところがこの世は、そうした矛盾に満ちている。
だからこそ我々は苦しむ。
答えのない問題に直面し、立ち尽くさねばならなくなる。>

作者のこうした深い思いは痛いほど伝わってきた。
そして読み終わり、立ち尽くしたところに、ジョン・レノンの「イマジン」が、静かに聞こえてきたのである。

「しかしね、本当の死と違って、社会的な死からは生還できる」
「その方法は一つしかない。こつこつと少しずつ社会性を取り戻していくんだ。他の人間との繋がりの糸を、一本ずつ増やしていくしかない。君を中心にした蜘蛛の巣のような繋がりが出来れば、誰も君を無視できなくなる。その第一歩を刻む場所がここだ。」


にほんブログ村 本ブログへ 
↑ クリック、お願いします。 ↑
スポンサーサイト
テーマ : 読んだ本の感想等  ジャンル : 小説・文学

Newer Entry東野圭吾「容疑者Xの献身」 Older Entry東野圭吾「分身」
Comments






カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2008年)還暦です。
性別:男

還暦という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

1234567891011121314151617181920212223242526272829303105 2017