風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 読書

Tags: ミステリー  

Comment (0)  Trackback (0)

道尾秀介「カラスの親指 by rule of CROW’s thumb」

51Qbbto+BDL__SX230_.jpg

昨日大学病院で定期診断があった。
予約はとってあるが、時間通りに行われることはなく、いつも必ず長い時間待たされる。
そこで待ち時間には、本を読むことにしている。
昨日持って行ったのは道尾秀介の「カラスの親指」という小説であった。
これは家内から何か面白いミステリーを借りてきてほしいというリクエストがあったので、いろいろと調べた結果借りてきた本である。
それを読み終わり、「絶対にオススメ」とのお墨付きがあったので、読んでみることにしたのである。
読み始めるや、その面白さに引き込まれ、やめられなくなってしまった。
そして病院の診断が終わった後も読み続け、結局最後まで手放すことなく、夜中までかかってようやく読み終わったのであった。

詐欺を生業とする中年二人組の物語である。
しかもいずれもがヤミ金融によって人生をめちゃくちゃにされた者同士であった。
このふたりの棲家に、ひょんなことからスリを働く少女が居候をすることになる。
さらにその姉と姉の恋人までが転がり込んでくる。
そこには単なる偶然ではない、運命的なものが横たわっていることが次第に明らかになってくる。
そして最後は悲惨な過去を清算するための、ヤミ金融組織を相手にした大仕事が行われることになる。

まさに騙しのテクニックのオンパレードである。
登場人物も騙されるが、同時に読者もまんまと騙されてしまう。
どんでん返しに次ぐどんでん返し、最後は見事に騙されてしまった。
まさかこう来るとは。
呆気にとられながらも、気持ちよく騙されてしまった。
そして大向こうを唸らせるようなその結末に、「お見事!」と声を掛けたくなってしまったのである。

タイトルになっている「カラス」とは?そして「親指」とは?
読んでみて、なるほどと納得のタイトルであった。

なおこの小説は映画化もされている。
次は映画のほうも観てみようかなと考えている。


にほんブログ村 本ブログへ 
↑ クリック、お願いします。 ↑
スポンサーサイト
テーマ : 読んだ本の感想等  ジャンル : 小説・文学

Newer Entry東野圭吾「新参者」 Older Entry中野翠「会いたかった人」
Comments






カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2008年)還暦です。
性別:男

還暦という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2017