風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 読書

Tags: 東野圭吾  ミステリー  

Comment (1)  Trackback (0)

東野圭吾「流星の絆」

41VQtpXt+xL__SX230_.jpg

東野圭吾の小説を読むのは、これが2冊目である。
最初に読んだのは、「トキオ」、こちらはミステリーというよりもファンタジーといった内容だったので、本家本元のミステリーはこれが初めてということになる。

しかし小説は2冊目だが、映画化されたものはけっこう観ている。
いちばん最初に観たのは「秘密」であった。
これは東野圭吾初の映画化作品。
続いて「g@me.」「手紙」「容疑者Xの献身」「麒麟の翼」と計5本を観ている。
そういうわけで2冊目といえども、けっこう馴染みは深いのである。

面白い、スラスラと読める。
飽きさせず、どんどんと物語のなかに引き込まれていく。

物語は両親を殺された幼い三兄妹が、時効が迫る14年後に詐欺を働きながら、真犯人を追い詰めていくという復讐劇である。
細かいことを言えば、気になるところや、ご都合主義的なところがなくもないが、スピーディな展開と面白さに、そうしたこともあまり気にならず、どんどんと読み進んでいったのである。
そうやって読ませるところは、やはり作者のうまさなのだろう。

この小説を読んだのは、何か面白い小説を読みたいという家内のリクエストに応えて、図書館から借りてきたのがきっかけであった。
読み終わった後の「面白かった。オススメ」の声に誘われて読んでみたのである。
ズシンと響くといった内容のものではなかったが、久々に読んだミステリーの面白さに、時間を忘れて読み耽ったのであった。


にほんブログ村 本ブログへ 
↑ クリック、お願いします。 ↑
スポンサーサイト
テーマ : 読んだ本の感想等  ジャンル : 小説・文学

Newer Entryローレンス・ブッロック「倒錯の舞踏」《A Dance at the Slaughterhouse》 Older Entry乙川優三郎「脊梁山脈」
Comments


こんばんは。

自分も「流星の絆」読みましたよ。
面白いですよね。
登場人物の性格や役割がわかりやすく描かれていたので読みやすかったです。
3人兄妹の愛情や信頼、こういうのをまさに「絆」と呼ぶんだと思いましたよ。






カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2008年)還暦です。
性別:男

還暦という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2017