風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 外国映画

Comment (0)  Trackback (0)

映画「華麗なるギャツビー」

greatgatsby.jpg

時代は1920年代の狂乱の時代。
大富豪ジェイ・ギャツビーの豪邸では毎夜豪華絢爛なパーティーが開かれていた。
しかしそこに集まる老若男女の誰ひとりとしてギャツビーの実像を知るものはいなかった。
そんな謎の男、ジェイ・ギャツビーと親しくなり友人関係となった隣人ニック・キャラウェイ(トビー・マグワイア)の回想によってギャツビーの物語が語られていく。
そして隠されたギャツビーの人物像が次第に明らかになっていく。

振り幅の広い謎の男、ジェイ・ギャツビーを演じるディカプリオが適役だ。
酒の密輸に手を染め、若くして富を得た人物でありながら、ひとりの女性への一途な愛を貫こうとする。
繊細さと豪胆さが入り混じった複雑な男を、ディカプリオは華麗に演じてみせる。
しかしそんな純粋な気持ちを持ちながらも、結局は悲劇的な結末に至らざるを得なかった悲劇の男ジェイ・ギャツビーの人生が痛々しい。
それを見ながら連想したのは、映画「市民ケーン」であった。
人も羨むような成功を手にしたにも関らず、夢に描いた僅かな幸せさえ掴むことのできなかった男の哀しみ、それがスケールの大きな映像によって描かれるという共通点からであった。

毎夜開かれるギャツビー邸での狂乱のパーティーは、バズ・ラーマンらしい華やかさである。
それが豪華絢爛であるだけに、祭りの後の淋しさは、ことさら身に沁みる。
そうした物語を見つめる巨大な眼鏡の看板の眼差しが、何とも皮肉である。
「過去は変えられない」、ニック・キャラウェイのつぶやくこのひと言が、いつまでも心に残った。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
スポンサーサイト
テーマ : DVDで見た映画  ジャンル : 映画

Newer Entry映画「みなさん、さようなら」 Older Entry中村文則「掏摸(スリ)」
Comments






カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2008年)還暦です。
性別:男

還暦という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

1234567891011121314151617181920212223242526272829303105 2017