風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 読書

Comment (0)  Trackback (0)

中村文則「掏摸(スリ)」

suri.jpg

独特の世界観が披露される。
ここで描かれる世界は悪と虚栄に蝕まれた世界である。
そこには虚無としか言いようのない深い孤独と諦念が漂っている。

絶対的な悪の象徴として登場する木崎という謎の男。
彼の語る独特の哲学が興味をひく。
彼から命じられた3つの犯罪。
主人公はそれを拒むことはできない。
そしてその犯罪に失敗すれば即命を失ってしまうという究極の状況のなかで、神業のようなテクニックを駆使して命じられた物をスリ取っていく。

観念的でひねった文体に最初はいささか戸惑ったが、そのリズムに慣れるに従って、どんどんと物語のなかに惹き込まれていった。

犯罪の世界を描いているが、エンターテインメントではなく、非常に観念的な小説である。
それからも判るように、これは読者を選ぶ小説である。
誰にでもオススメできるという小説ではないが、たまにはこうした小説世界に浸ってみるのも悪くない。
見慣れた世界が少し違った色合いを帯びて見えてくるはずだ。

この作者の小説を読むのは初めてだ。
参考のために巻末に書かれた作者のプロフィールを記しておく。

<中村文則(NAKAMURA HUMINORI)
 1977年愛知県生まれ。福島大学行政社会学部応用社会学科卒業。2002年『銃』で新潮新人賞を受賞しデビュー。04年『遮光』で野間文芸新人賞を受賞。05年『土の中の子供』で芥川賞を受賞。その他の著書に『悪意の手記』『最後の命』『何もかも憂鬱な夜に』『世界の果て』がある。>

ちなみにこの小説『掏摸』は2010年第4回大江健三郎賞を受賞。アメリカをはじめ各国で翻訳され、ウォール・ストリート・ジャーナル紙の2013年のベスト10小説に選ばれた。


にほんブログ村 本ブログへ 
↑ クリック、お願いします。 ↑
スポンサーサイト
テーマ : 読んだ本の感想等  ジャンル : 小説・文学

Newer Entry映画「華麗なるギャツビー」 Older Entry映画「永遠の0」
Comments






カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2008年)還暦です。
性別:男

還暦という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

1234567891011121314151617181920212223242526272829303105 2017