風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 読書

Tags: 藤沢周平  時代小説  短編小説集  

Comment (0)  Trackback (0)

藤沢周平「長門守の陰謀」

130535397164616116250_nagatonokami.jpg

藤沢周平の小説を読む毎日が続いている。
「日暮れ竹河岸」「麦屋町昼下がり」「時雨のあと」そして「闇の梯子」と続いて、5冊目の今回は「長門守の陰謀」である。
こちらもこれまでと同じく短編集であった。
「夢ぞ見し」「春の雪」「夕べの光」「遠い少女」「長門守の陰謀」の5篇が収められているが、初出は「長門守の陰謀」だけが1976年で、あとの作品は1977年である。
すなわち藤沢周平の作家生活も、ようやく5年目を迎えた頃の作品ということになる。
このころになると、初期の暗い作風から抜け出して、ユーモアを感じさせるような明るい作品が目につくようになってくる。
そのことについて藤沢周平は次のように書いている。
<「用心棒日月抄」あたりからユーモアの要素が入り込んできた。北国風のユーモアが目覚めたということだったかも知れない。>
「用心棒日月抄」が、1976年からの連載開始となっているので、これらの作品と同時期ということになる。
そんな明るいユーモアが、もっともよく表れているのが、「夢ぞ見し」という作品である。

昌江は小寺甚兵衛と18歳で結婚して10年が経つが、まだ子どもには恵まれていない。
甚兵衛の禄高は二十五石という微禄で、さらに風采があがらず、おまけに口が重く話し相手にもならない。
帰宅は毎晩遅く、帰れば飯を食べ終わるとさっさと寝てしまう。
そんな毎日に昌江の不満はつのる一方である。
ところがある日、この家にひとりの若者が転がり込んでくる。
そしてそのまま居候として居ついてしまう。
最初は胡散臭く思っていた昌江だったが、どこか育ちの良さを感じさせる美男の若者を、次第に好ましく思うようになってゆく。
そして変化がなく平凡な毎日に飽き飽きしていた昌江の日常が、急に生き生きと華やいだものになっていくのであった。
実はこれには意外な事実が隠されており、さらにその話の中で夫甚兵衛が実は藩内では並ぶ者のない剣客であることも分ってくる。
読みながらニヤリとさせられるようなユーモアがあり、まるでかつての東映映画に出てきそうな明朗時代劇といった趣きであった。

続く「春の雪」は山本周五郎の「さぶ」を連想させるような内容で、女心の不可思議さを題材にしたものである。

「夕べの光」は、死んだ亭主の連れ子を、乳飲み子の時から育てているおりんに縁談が持ち上がる。もう若くはないおりんの心が揺れるという話である。

「遠い少女」は、順調に歩んできたはずの自らの人生に、ふと疑問や悔恨を感じた中年男が、昔好きだった女と会い、失った青春を取り戻そうとする話。

いずれもありふれた日常に、思いがけない出来事がふと訪れて、戸惑ったり思い煩ったり、といった話である。
その後にまた元通りの日常に帰っていくことになるわけだが、それは同じような日常に見えても、けっして同じというわけではない。
そこにちょっとだけ新しい要素が加わわることで、それまで見えていた日常とは、また少しだけ違った色彩を帯びて見えてくるのである。
そうした庶民の暮らしの機微から滲み出てくる哀歓は、時に苦くもあり、また哀しくもある。

そして最後は表題作の「長門守の陰謀」である。
これは藤沢周平の故郷、山形庄内藩で実際に起きたお家騒動を題材にしたものである。
「長門守一件」と呼ばれるこの事件は、藩主酒井忠勝の弟、長門守が自らの嫡子を次期藩主に据えようと、お家乗っ取りを企てたものである。
雑誌「歴史読本」が「徳川300藩騒動録」という特集を組んだ際に原稿依頼されたもので、これを書くために藤沢周平は残された資料をかなり入念に調査したようだ。
そしてこれを書いたことで、後のお家騒動物の骨格が出来上がったというのが定説だ。
そうしたことからこれは藤沢周平の著作集のなかでも、重要な位置を占める作品ということになっている。

さてこの次に控えているのは、「隠し剣 孤影抄」「隠し剣 秋風抄」「驟り雨」の3冊である。
正月休みは3日間だけだが、その間に読もうと先日図書館で借りてきたものだ。
そういうわけで、引き続き正月も、藤沢周平三昧の日々になりそうだ。


にほんブログ村 本ブログへ 
↑ クリック、お願いします。 ↑
スポンサーサイト
テーマ : 時代小説  ジャンル : 小説・文学

Newer Entry年末年始 Older Entryクリスマス・イルミネーション
Comments






カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2008年)還暦です。
性別:男

還暦という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

1234567891011121314151617181920212223242526272829303105 2017