風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 読書

Tags: 藤沢周平  時代小説  短編小説集  

Comment (0)  Trackback (0)

藤沢周平「日暮れ竹河岸」

higuretakegasi.jpg

「江戸おんな絵姿十二景」と「広重「名所江戸百景」より」を合わせた19編からなる小説集である。
いずれの小説も一枚の浮世絵から想を得て書かれたもので、「江戸おんな絵姿十二景」は原稿用紙で10枚程度、「広重「名所江戸百景」より」は10数枚という小品ばかりで、どちらの題名にも「景」の文字が入っているように、江戸の町に生きる市井の人々の何気ない姿をスケッチしたものである。
物語と呼べるほどの劇的な展開はなく、ごくありふれた日常のひとコマを切り取ったものばかり。
しかしその何気ないスケッチのなかから浮かび上がってくるのは、名もなき人たちの哀しみであり、喜びである。
そのようにありふれた生活の断片を切り取るだけで、こうした哀歓を紡ぎ出せるのは、やはり名手藤沢周平のなせる業。
いずれの話もこの後どう展開していくのか、期待に胸膨らませられる。
続きが無性に読みたくなってしまう。
それぞれの登場人物たちのその後がどうなったのかが気になってしかたがない。
だが、それには応えてくれないままに物語は終わってしまう。
その点がいささか残念ではあるが、しかしこれも藤沢小説の芸のひとつなのかもしれない。
短いなかにも情の世界が凝縮されており、それだけに却って情景が深く印象に残ってしまう。
そして名もなき人たちのその後を勝手に想像して余韻を楽しむという余禄にあずかった次第である。
なかでも「雪の比丘尼橋」は絶品であった。
これひとつを読んだだけでも、この小説集を読んだ値打ちがあるというものだ。


にほんブログ村 本ブログへ 
↑ クリック、お願いします。 ↑
スポンサーサイト
テーマ : 読書  ジャンル : 小説・文学

Newer Entry藤沢周平「麦屋町昼下がり」 Older Entry映画「舟を編む」
Comments






カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2008年)還暦です。
性別:男

還暦という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2017