風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 日本映画

Comment (0)  Trackback (0)

映画「舟を編む」

hunewoamu.jpg

本屋大賞に輝いた三浦しをんの小説の映画化作品。
読みたいと思いながら、機会を逸し、そうこうしているうちに映画化が始まった。
そしてこうやって映画を先に観ることになったのである。
しかし結果的にはそれで良かったのではないかと思っている。
そう思わせるのは映画の出来が良かったからに他ならない。

辞書作りには長い時間がかかる。しかも地道な作業の積み重ねである。
また結果がすぐに現れるというものではない。
商売という観点から見ると、これほど効率の悪いものはない。
しかしそれをやることで出版社は自らの質を問うことになる。
だからお荷物的な存在ではあっても、出版社としてはやめるわけにはいかないのである。
そんなことから辞書作りという部門は、出版社のなかでは隅に追いやられた窓際的な存在になっている。
しかし冷遇されながらも辞書作りに携わる編集者は、強い使命感を内に秘めながら、日々地道な作業に明け暮れているのである。

そんな辞書作りのなかのエピソードのひとつに「右」という言葉を、どう説明するかという問いかけがあった。
ごく身近でありふれた言葉だが、あらためてそれを具体的かつ正確に、そして誰にでもわかるような平明な言葉で説明するとなると、どう表現すればいいか判らないものである。
映画の中ではそれについての幾通りかの説明がなされたが、いずれもなるほどと思わせられるものばかり。
辞書作りの一端を垣間見ることのできる興味深いひとコマであった。
こうした作業を何十万という言葉を対象にやっていくのが辞書編纂という仕事なのである。
まさに言葉の海をいつ果てるともなく航行するという作業なのだ。
こうした経緯を見ているうちに、大事業というものはこつこつと時間をかけた地道な作業の積み重ねから、成されるものなのだということが伝わってくる。

三浦しをんの小説はこれまでに「風が強く吹いている」と「まほろ駅前多田便利軒 」の2本が映画化されている。
どちらもそれなりに面白かったが、今回の「舟を編む」はとくに面白かった。
ドラマチックな盛り上がりもなく、ひたすら辞書を作ることだけの内容なのに、飽きずに面白く観ることができた。
これはシナリオの良さ、演出の良さももちろんのことだが、何よりも出演者たちの役割が大きい。
なかでも主演の松田龍平とオダギリ・ジョーが良い。
そこに加藤剛、八千草薫、渡辺美佐子、小林薫、伊佐山ひろ子といったベテラン俳優たちの渋い味わいが加わる。
やはり映画は魅力的な俳優たちのキャラクターに負うところが大きい。

彼らの姿を見ているうちに、不器用だけど飽きずにひとつのことを積み重ねていく生き方の何と素晴らしいことか、そうしたことをしみじみと感じさせられたのであった。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
スポンサーサイト
テーマ : 私が観た映画&DVD  ジャンル : 映画

Newer Entry藤沢周平「日暮れ竹河岸」 Older Entry今野敏「隠蔽捜査シリーズ」
Comments






カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2008年)還暦です。
性別:男

還暦という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

1234567891011121314151617181920212223242526272829303105 2017