風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 読書

Tags: ミステリー  

Comment (0)  Trackback (0)

今野敏「隠蔽捜査」

inpeisousa.jpg

主人公の竜崎伸也は、東大法学部卒、国家一種試験に合格し、出世コースを順調に歩んでいる警察官僚である。
警察庁長官官房総務課課長という立場にあって、マスコミ対応や警察の組織防衛といったことを主な仕事としている。
絵に描いたようなエリート官僚である。

こうしたキャリア官僚が主人公になるのは珍しい。
通常こうしたエリートが登場する時は、権力を象徴する人物として描かれることが常だ。
権力を代弁しながら現場の人間の前に立ちはだかる大きな壁、悪くいえば障害となる人物として登場してくることが多い。
いわば憎まれ役であり、敵役である。
実際竜崎伸也も最初はそうした例に洩れず、エリート意識を持つ鼻持ちならない嫌味な男として登場してくる。
警察の組織防衛のためにはどうあるべきか、そのためにはどうすべきかを常に考えており、原理原則に忠実で外すことがない。
さらに出世のことを常に考えているためにその行動には隙がなく、エリート街道をまっしぐらの男である。
当然のように家庭はまったく顧みない。
警察庁のなかでは「変人」で通っている。

そんな融通の利かない嫌味な男だが、連続殺人事件の捜査のなかで動く姿を見ているうちに、次第にその印象が変わってくる。
揺るがない正義感や使命感、そしてそれを通すためにはどんな圧力に対しても決して意思を曲げることはない。
全力を挙げて立ち向かっていく。
私利私欲とは無縁で、国家公務員としてどうあるべきかを常に指針としている。
そしてそのための努力を惜しまない。
「正論が通用しないのなら、世の中のほうが間違っているんだ」というのが彼の基本姿勢である。
そして組織内部でそうしたことを実現させるためには出世して力を得ることが必要なのだと考えている。
そこには微塵も誤魔化しがなく、正しいと思うことは、人がどう思おうが貫き通し、けっしてブレることはない。
そしてそれは上に対しても下に対しても同じである。
その変わらぬ態度には清々しささえも覚えてしまう。
時には快感さえも。
そしてそんな彼に次第に魅せられ、どんどんと感情移入していってしまう。
まさに新しいタイプのヒーローの出現である。
そういうわけで面白さに一気に読み終わってしまった。
そしてまだまだこの先も読みたいという気分にさせられた。
幸いこれには続編があり、シリーズ化されているそうなので、さらに続きを読んでみようと考えている。
どんなドラマが展開されるか、今から楽しみである。

なおこの小説は第27回(2006年)吉川英治文学新人賞を受賞している。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
スポンサーサイト
テーマ : 読んだ本の感想等  ジャンル : 小説・文学

Newer Entry初雪 Older Entry映画「偽りなき者」
Comments






カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2008年)還暦です。
性別:男

還暦という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293006 2017