風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: アート

Comment (0)  Trackback (0)

<横尾忠則の「昭和NIPPON」ー反復・連鎖・転移>展

P1130118.jpg

青森県立美術館で開かれている<横尾忠則の「昭和NIPPON」 反復・連鎖・転移>展に行ってきた。
この展覧会は9月7日から開催されており、気にしながらもなかなか行く機会がなかったものだ。
しかし11月4日の閉幕が近づき、残された日数を考えると今しかないと考え、思い切って行くことにしたのである。

青森と弘前はクルマで1時間弱の距離である。
その気になればすぐにでも行くことができるはずの距離なのに、なかなかその気にならず、重い腰を上げることができなかった。
そうした行動力のなさは、最近とみに顕著になっている。
情けないことだが、意識して鞭打たないことには次の一歩を踏み出すことができないでいる。
そういうわけで、重い腰を上げ、ようやく行くことになったという次第である。

横尾忠則の展覧会に出かけるのは、何年ぶりのことだろう。
この前観たのは画家宣言の直後、ラフォーレ原宿で開かれた展覧会以来だから、もう20数年が経っている。
それなのに横尾忠則は当時と変わらず今でも創作欲は衰えることなく、いやむしろ当時よりもさらに旺盛に画を描き、変化し続けている。
そして刺激的な作品を生み出しては、観る者を挑発し続けているのである。

現在77歳、常識的に考えればもうとっくに老境の世界に足を踏み入れ、枯れた境地に身を置いていてもおかしくない年齢だ。
しかしそんな境地とは無縁に、未だに時代の前衛を走り続けているのである。
いやむしろ歳とともに若返っているのではないのかと錯覚してしまうほど、その行動は若々しく、衰えることがない。
それこそがいつまでも内なる「少年性」を失わない画家、横尾忠則の面目躍如といった在り方なのだろう。

展示作品は「幼年時代 恐怖と快楽」、「焼け跡 廃墟の記憶」、「近代の病 呪われた部分」、「陰惨醜悪怪奇 百鬼夜行」、「笑う女たち 土俗の悲しみ」、「日本資本主義 シュミュラークルの残骸」、「富士と旭日の光芒」、「記憶の鎮魂歌 心霊的交流」、「忘れえぬ英雄 昭和残侠伝」、「泉 彼岸と此岸」という10のセクションに別れており、60年~70年代のシルクスクリーンによる作品群から数々の装丁本、さらには画家宣言以降の油彩やアクリル画など、横尾忠則の今と昔が大きく俯瞰できるような構成になっている。
懐かしさと同時にその圧倒的なエネルギーと自由で柔軟な発想に驚かされてしまう。
こうして久しぶりに横尾芸術を間近に感じ、森羅万象の世界に迷い込むことで、至福の時間を心ゆくまで過ごすことが出来た。
そしてそんな作品群を観ているうちに、「腰が重くなった」「めんどくさい」などとぼやいてる場合じゃないぞ、と叱咤されたような気がしてきたのであった。


参考までに横尾忠則について書いた記事がこちらと、こちらにあります。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
スポンサーサイト

Newer Entry映画「偽りなき者」 Older Entry薪作り
Comments






カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2008年)還暦です。
性別:男

還暦という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2017