風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 日本映画

Comment (0)  Trackback (0)

映画「かぞくのくに」

kazokunokuni.jpg

昨年度のキネマ旬報第一位に選ばれた映画である。
だがそれ以上の予備知識はないまま映画を観た。
それでも重い内容の映画だろうという予感はあった。
だからこれを観るには相当のエネルギーが強いられるのではないかと覚悟をしていたが、観始めるとそんな気持ちはどこかに飛んでしまい、終始緊張感を孕む画面に釘付けになってしまった。
そして緊張は最後まで緩むことなく、気がつくと映画は終わっていた。
時間を忘れて見入ってしまうほど強烈な印象を残す映画だった。
なるほどキネマ旬報第一位に選ばれたのは、当然の結果だろうと納得であった。

監督は梁英姫(ヤン・ヨンヒ)、大阪で生まれ育った在日コリアン2世である。
自らの体験をもとにこれを作った。

1970年代に盛んに行われた「帰国事業」で、朝鮮総連の重要なポストにつく父親の勧めに従って北朝鮮に渡った息子のソンホが、病気療養のために25年ぶりで帰国する。
3ヶ月という期限つき、しかも監視員が同行して始終見張りにつくというもの。
久しぶりの再会を喜ぶ両親と妹(監督自身がモデル)、さらに叔父や昔の友人たちも彼の帰国を歓迎する。
だが、口の重いソンホは北朝鮮での生活についてはいっさい語ろうとはしない。
当然そこには複雑な事情がある。それを察して彼らはそれ以上のことは問いただそうとはしない。
そうした思いやりがやりきれないほど切ない。
そして病院での検査の結果、脳に腫瘍が見つかり、治療には半年以上の入院が必要で、帰国許可のある3ヶ月という期間ではとうてい無理だと告げられる。
そこへ追い討ちをかけるように、本国から突然の帰国命令が下る。
家族の悲しみが頂点に達するなか、ソンホは寂しく日本を去っていく。

わずか数日間の出来事を描いただけの映画だが、そこに横たわるものは重く深い。
「国」とは何か、「家族」とは何か、そうした問いかけが鋭く突きつけられる。
こうした理不尽な話は、程度の差こそあれ、いつの時代にあっても尽きることはない。
そしてこうやって国や政治に翻弄されるのは、いつも片隅でひっそりと生きる名もなき庶民たちなのである。
そのことが哀しく胸に迫ってくる。

監督の梁英姫はドキュメンタリー映画出身者である。
この映画で手持ちカメラや長回しが多用されるのは、そうした経験からくるものだろう。
そんな手法が、この映画にドキュメンタリーのようなリアルな肌触りをもたらせている。
そしてそうやって切り取られたものが、自らの家族の切実な現実を題材にしているだけにリアルに迫ってくる。
だが、それでいて決して情緒に流されることなく、作家としての冷徹な眼で捉えている。
そこに限りない共感と好もしさを感じるのである。

主役のソンホを演じた井浦新と妹を演じた安藤サクラが素晴らしい。
安藤サクラはこの映画でキネマ旬報の主演女優賞を受賞している。
さらに監視役を演じたヤン・イクチュンの存在感もまた強く印象に残った。
韓国映画の監督兼俳優である。
以前彼の監督主演作「息もできない」を観て感動したが、今回のこの役が彼だったとは。
映画を観た後に知って驚いた。

心揺さぶられた映画であった。
それだけにまだまだ書き足りないことがあるように思ってしまうが、今のところ、これ以上先には進めそうにない。
少し時間を置けばまた何か新しいものが見えてくるかもしれない。
そうやってもういちどじっくりとこの映画について考えてみるのも悪くない。
そんなふうに思わせるものを、この映画は持っている。
いい映画というのは、繰り返し何度でも咀嚼してみたくなるものである。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
スポンサーサイト
テーマ : DVDで見た映画  ジャンル : 映画

Newer Entry「ル・ボヌール」に行ってきた。 Older Entry映画「苦役列車」
Comments






カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2008年)還暦です。
性別:男

還暦という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 2017