風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 読書

Comment (0)  Trackback (0)

大崎善生「将棋の子」

syouginoko.jpg

将棋について知っているのは駒の並べ方と動かし方くらいで、指したことはなく、まったくの門外漢である。
しかしプロの将棋の世界について書いたこの本のことは、以前から気になり、読んでみたいと思っていた。
作者は大崎善生、以前彼の小説「アジアンタム・ブルー」を読んで感動した作家である。
今回の本は小説ではなく、ドキュメンタリーであるが、それでも小説を読んでいるような波乱に満ちた面白さであった。
採り上げられているのは、プロ棋士の登竜門である奨励会と呼ばれる世界である。
そこでプロの棋士になることを目指して研鑽の日々を送る少年たちの姿を描いている。

奨励会には将棋の天才たちが全国から集まってくる。
彼らは地元では大人さえも軽々と負かしてしまう選りすぐりの天才たちだが、奨励会に入った途端、影の薄いごくふつうの少年に戻ってしまう。
それほど上には上がいるわけで、まず初めにそうした動かしがたい現実を知ることから始まる。
さらにそこには乗り越えなければならない数々の関門が待ち受けている。
まず23歳の誕生日までに初段になること、そしてそれをクリアすると次は26歳で4段になるというハードルが待ち構えている。
そのハードルを越えることができたごく一部の者だけがプロ棋士になれるのであり、それを越えることができなかった多くの若者たちには、退会という厳しい現実が待ち受けている。
物心ついたときから、プロの棋士になることだけを夢見てきた彼らが、無残にもその道を断たれてしまうのである。
そして将棋の世界しか知らなかった彼らが、一般社会へと引き戻されてしまうのである。
その後にはどんな人生が待ち構えているのか。そしてそこでどう生きているのか。
そうした姿を丹念に拾い上げたのが、「将棋の子」というドキュメンタリーである。

作者の大崎善生は「将棋世界」という雑誌の元編集長で、長年に渡って彼らの過酷な現実を身近に見続けた人である。
だからこそ、こうした作品を書けたのであり、また書かなければならないという強い使命感に突き動かされている。
彼らに対する優しい眼差しや愛着が行間に溢れている。
そうした熱い想いに共感しつつ、いつしか感動させられたのであった。

本書は第23回講談社ノンフィクション賞を受賞している。
この本を読んで、こういう世界もあったのだという驚きと同時に、矢折れ力尽きて夢やぶれながらも懸命に生きようとする「将棋の子」の姿を見ることで、人間に対する限りない愛着をあらためて感じさせらたのであった。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
スポンサーサイト
テーマ : ブックレビュー  ジャンル : 小説・文学

Newer Entry大崎善生「聖の青春」 Older Entry宮部みゆき「理由」
Comments






カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2008年)還暦です。
性別:男

還暦という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293006 2017