風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 読書

Tags: 村上春樹  

Comment (0)  Trackback (0)

村上春樹「1Q84」

1q84.jpg

入院中に読んだ村上春樹の「1Q84」。
BOOK1からBOOK3まで及ぶ長編だが、一気に読ませる力はさすがである。
しかし依然として村上春樹の小説は難しい。
謎である。
現代に生きる人間の孤独や喪失、不安や焦燥が、メタファーを散りばめた独特の文体で書かれるのが村上春樹の小説の大きな特徴だが、そうしたものを受け止める面白さは確かに味わうことができた。
しかし月がふたつある「1Q84」の世界とは何なのか。
そしてそこで語られる「空気さなぎ」や「リトル・ピープル」とはいったい何なのか。
謎は深まるばかりである。
まさに「1Q84」に表されているように「Q(question)」なのである。
しかし翻って考えてみると、だからこそ多くの読者を惹きつけてやまないのが村上春樹の小説なのであろう。

先日発売された彼の新作「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」は、発売1週間で100万部を越えたという。
出版不況が叫ばれる現代において、これは驚くべきことである。
彼の新作を読むことがファッション化されているからこその現象であるとの批判があるものの、いずれにしてもこれほどのことになると、まさに事件である。
何がそれほど人々を惹きつけてやまないのか。
それも大いなる謎である。
そしてその謎を知りたいという思いが、ますます村上春樹の小説に人々を引きつけることになっていくのだろう。

しかし一方では、謎は謎のままにしておくほうがいい、そしてその謎を長く引きずっていくなかで、小説世界の醍醐味がさらに味わえることになるのではないかという思いがあるのも事実。
そうやってますます村上春樹の小説世界にとり付かれていくことになる。
熱心な村上ファンというわけではないが、けっして無視して通り過ぎることができない。
いかに突き放されようと、その動向を常に注目せざるをえない作家なのである。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
スポンサーサイト
テーマ : 読書記録  ジャンル : 小説・文学

Newer Entryようやく退院 Older Entry久世光彦「書林逍遥」
Comments






カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2008年)還暦です。
性別:男

還暦という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

1234567891011121314151617181920212223242526272829303105 2017