風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 読書

Tags: 百田尚樹  

Comment (0)  Trackback (0)

百田尚樹「海賊とよばれた男・上」「海賊とよばれた男・下」

kaizokuto.jpg

出光興産の創業者・出光佐三をモデルにした小説である。
先日第10回本屋大賞を受賞したばかりの話題の本である。
図書館で予約待ちをしていたが、人気作品ということで待つこと久しく、やっと順番が回って借りることができた。

さっそく読み始めたが、面白さに手放せなくなり、2日間で読み切ってしまった。
さすが希代のストーリーテラー百田尚樹である。
どんどんと引き込まれていくところは、これまでの小説同様である。
とにかく彼の小説には外れというものがない。
どの本も期待以上の面白さで楽しませてくれる。
「小説は面白くなければいけない」「夢や希望をもてるような小説を書く」という百田尚樹の面目躍如といった小説であった。
なるほど本屋大賞受賞は納得の面白さであった。

この小説がどのような経緯で生まれたか、そしてそこにはどんな思いが込められているのか、そうしたことについての作者自身の言葉がある。
くどくどと感想を述べるよりも、これを読むほうがどんな小説なのかがよく判る。
それを書き留めておくことにした。
これを読むだけで作者の熱い思いと、小説の面白さが伝わってくる。

<二年前のある日、テレビ関係の友人と雑談している時、「日章丸事件って知ってる?」と訊かれました。知らないと答える私に、彼女が概要を説明してくれたのですが、それは俄かには信じられない事件でした。
いまだ戦争の痛手から立ち直れないでいた昭和28年、「七人の魔女」と呼ばれる強大な力を持つ国際石油メジャーと大英帝国を敵に回して、堂々と渡り合い、世界をあっと言わせた「日章丸」というタンカーがあったというのです。
興味を抱いた私は早速調べてみましたが、事件の全貌を知るにつれ、驚愕すると同時に震えが止まらなくなりました。
そこには現代の日本人が忘れかけている「勇気」「誇り」「闘志」そして「義」の心を持った男たちの姿があったからです。
しかしそれ以上に私を驚かせたことがありました。それは、そんな男たちを率いた一人の気骨ある経営者の人生です。
その九十五年の生涯はまさしく凄絶としか言いようのないものでした。
――なんという凄い男がいたんや!
私は「この男を書きたい!」と心から思いました。いや――書かねばならない!この素晴らしい男を一人でも多くの日本人に知ってもらいたい!それが作家としての使命だ。
気が付けば、取り憑かれたようにワープロに向かっていました。小説家になって六年、執筆しながらこれほどの充実感を覚えたことはありません。
この作品は「小説」という形を取っていますが、登場人物はすべて実在しました。そしてここに描かれた出来事は本当にあったことです。
この奇跡のような英雄たちの物語が、一人でも多くの日本人に届くことを心から願っています。 >


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
スポンサーサイト
テーマ : 図書館で借りた本  ジャンル : 本・雑誌

Newer Entryさくら祭り終了 Older Entry飯嶋和一「汝ふたたび故郷へ帰れず」
Comments






カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2008年)還暦です。
性別:男

還暦という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293009 2017