風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 心に残る言葉

Comment (0)  Trackback (0)

春眠暁を覚えず

3月も終盤を迎えた。
ここまで三寒四温の日々を繰り返しながら、ようやくにして春が近づいてきた。
見渡せば、あれほどあった雪も少なくなった。
つい先ごろまで大雪に悪戦苦闘していたことを思えば、何だか嘘の様な気がする。
春は急ぎ足で近づいているのである。

ところでこういう時期になると、よく口にするのが「春眠暁を覚えず」という言葉である。
春になると暖かさが心地よく、つい朝寝坊をしてしまう。
その言い訳のように使うことで知られているフレーズである。
この言葉は高校時代の古文の授業で教わったはずだが、その出典についてはよく覚えていない。
そこでこの機会に勉強し直そうと調べてみた。

これは8世紀頃に活躍した中国の詩人、孟浩然(もうこうぜん)が書いた「春曉(しゅんぎょう)」という五言絶句の一節である。
次のような詩である。

春眠不覺暁(しゅんみん あかつきをおぼえず)
處處聞啼鳥(しょしょ ていちょうをきく)
夜来風雨聲(やらい ふううのこえ)
花落知多少(はな おつることしるや いくばくぞ)

訳すと

春の眠りは心地よく、夜が明けたことも知らずに眠っていた。
気が付けばあちこちで鳥のさえずりが聞こえる。
夕べは風雨が強かったので、 せっかく咲いた花がどれほど落ちたことか。

となっている。

春は急激に日が長くなる。
そして朝が明けるのが早い。
しかし身体のリズムは、まだ少し前の日が昇るのが遅く、寒かったかった時のままである。
さらに寝床での暖かい心地よさが手伝って、目覚めを邪魔してしまい、ついつい寝坊をしてしまう。
そうした春の到来を歌っている。

この歌のように惰眠を貪りたいと言いたいところだが、今の自分にとっては、それも縁遠いものになってしまった。
朝明るくなる前にはすでに目覚めており、朝寝坊することはほとんどなくなった。
そんなふうなことを考えていると、若いころのいつまでも寝床にしがみついていた頃のことが、無性に懐かしくなってきた。
叶うなら、またもういちど、あんなふうに惰眠を貪りたいものである。
スポンサーサイト
テーマ : 心と身体  ジャンル : 心と身体

Newer Entry読書・題名別インデックス Older Entry堀江敏幸「雪沼とその周辺」
Comments






カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2008年)還暦です。
性別:男

還暦という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2017