風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 読書

Tags: 百田尚樹  

Comment (0)  Trackback (0)

百田尚樹「風の中のマリア」

kazenonakanomaria.jpg

エンターテインメントの名手、百田尚樹がハチの世界を舞台に描いた小説である。
主人公がハチとは、これまた斬新な発想である。
百田尚樹は、書くたびにそれまでとはまったく違った世界の物語を描く作家である。
「永遠の0」では第二次世界大戦のゼロ戦のパイロットを、「ボックス!」ではアマチュア・ボクシングの世界を、「モンスター」では美容整形の世界を、そして「影法師」では時代劇を、といった具合である。
そんな風に手を変え品を変えて新しい物語を紡ぎ出す名手だが、それにしてもまさかハチが主人公とは。
読む前はいったいどんな物語が展開するのかと半信半疑で読み始めたが、これがなかなか面白い。
飽きさせず最後まで読ませるのはさすがである。
いつもの百田作品と変わらずいっきに読み終えた。
ただ欲をいえば、もうひとつ突き抜けた面白さがないのが、いささか物足りないところではあった。

ここでこの本から仕入れたハチの生態について書いてみる。
ハチといってもさまざまな種類があるようだ。
アシナガバチ、ニホンミツバチ、セイヨウミツバチ、また同じスズメバチでもコダカスズメバチやキイロスズメバチといったぐあいである。
主人公となるマリアはオオスズメバチという種類のハチで、学名はヴェスパ・マンダリニア、スズメバチのなかでも最大の大きさを誇り、優れた戦闘能力をもったハチである。

ハチの世界は女王蜂として生まれたハチたちが、生まれ故郷の巣から旅立つところから始まる。
そこでは巣立ちを察知したオスたちが女王蜂との交尾を目指して待ち構えている。
しかしメスのワーカーたちはそれを許さず、女王蜂を守り、阻止しようと闘う。
そしてその激しい戦いのなかから淘汰された強いオスだけが、女王蜂との交尾を成し遂げることができるのである。
こうして強い因子が受け継がれていく。

女王蜂はこのたった一度の交尾で得た精子をもとに、つぎつぎとタマゴを生んでいく。
そのための新しい巣作りが始まる。
そしてつぎつぎとタマゴを生み、育て、子孫を増やしていく。
これらのハチは成長するとすべてワーカーと呼ばれるメスの働き蜂になって女王蜂を助けて働く。
ある者は幼虫の世話に専念し、ある者は戦士として餌探しに奔走する。
餌になるのはバッタやカマキリといった昆虫たちで、ときには同じハチを襲うこともある。
目指す相手を見つけると、その鋭い顎で相手を噛み殺し、また毒針で刺し殺す。
こうして得た獲物はすぐその場で肉団子にして巣に持ち帰る。
そして育房室で待つ幼虫たちに餌として与えるのである。
ワーカーたち自身はそうした肉団子を食べることはない。
彼女らの栄養源は幼虫が出す体液や樹液である。
こうして巣は一塊の生命体となって機能し、次第に巨大な帝国へと育っていくのである。

しかしそうして巨大化した帝国も、女王蜂の衰えとともに終息の時を迎える。
それに備えるように、それまでとは異なったメカニズムが働いて、新たな女王蜂となる幼虫が生まれてくることになる。
そしてワーカーたちは、次代の女王蜂となる幼虫の子育てに全力を注ぐことになる。
同時にそれは帝国の兵士たちの生存を賭けた最後の戦いともなる。
ワーカーの幼虫とは違い、女王蜂の幼虫は身体が大きく、それまでの餌の何倍もの餌が必要になってくる。
そのためワーカーたちは、危険で手をつけなかった新たな餌物獲得の戦いにも手を染めなければならなくなってくる。
それは死を賭けた戦いである。
それに勝ち抜いた先に、初めて女王蜂たちの旅立ちが待っているのである。
そこには何百ものワーカーたちの死があり、情け容赦のない淘汰が存在するのである。

ワーカーたちは生涯交尾もせず、また自らタマゴを生むこともない。
ただ女王蜂が生んだタマゴから孵化した妹たちを育てることだけで一生を終わる。
しかもそのほとんどが厳しい生存競争のなか、ある者は戦いのなかで敗れて命を落とし、またある者は巣に帰還することができずに命を終える。
そんな儚い一生だが、彼女たちは自らの使命に忠実に、務めを全うしていく。
そうした生涯を疑いもせず、哀れとも思わず、誰を怨むこともなく、与えられた短い一生を精一杯に生き切るのである。
その一途な姿には思わず頭が下がってしまう。
そこから学ぶべきものはけっして小さくはない。
そんな思いを抱きながら、この小説を読み終わったのであった。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
スポンサーサイト
テーマ : 図書館で借りた本  ジャンル : 本・雑誌

Newer Entry吉川英治「松のや露八」 Older Entry干し餅
Comments






カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2008年)還暦です。
性別:男

還暦という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 2017