風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 読書

Tags: ミステリー  

Comment (0)  Trackback (0)

スティーヴ・ハミルトン「解錠師(The Lock Artist)」

kaijosi.jpg

「このミステリーがすごい! 2013年版海外編」第1位、「2012年週刊文春ミステリーベスト10 海外部門」第1位に選ばれた小説である。
そのことと「解錠師」という風変わりな題名に惹かれて読んでみた。
どんな物語なのか、あとがきから少し引用してみる。

「主人公の青年マイクルは、幼少時にある大事件に巻きこまれ、その精神的なショックから口がきけなくなって今日に至っている。周囲になじむことができない孤独なマイクルだが、得意なことがふたつあった。ひとつは絵を描くこと。そしてもうひとつは、十代で身につけた許されざる特技、解錠である。物語は、刑務所に収監されてすでに十年を迎えようとしている二十代後半のマイクルが、どんないきさつで解錠師になったのか、そしてどうして服役することになったのかを、みずから読者に打ち明ける形で綴られていく。」

こうした物語が過去と現在を行き来しながら語られていく。
そのなかから口がきけなくなった事件の真相や、恋人となるアメリアとの出会い、そして数々の犯罪に巻き込まれていく姿が、スリリングな展開でダイナミックに描かれていく。
けっしてミステリー好きというわけではないが、その面白さにグイグイと引き込まれ、あっという間に読み終わってしまった。
とくに何度となく登場してくる解錠の場面は、手に汗を握る緊迫感に溢れている。
これは作者であるスティーヴ・ハミルトンが本物の金庫破りに綿密な取材を重ねた結果生まれたものである。

またこの小説は単にミステリーというだけでなく、深いトラウマを抱え込んだ青年の青春小説でもある。
不幸な境遇に陥ってしまった孤独な青年が、人生にとって大切な何かを手に入れようとする成長物語でもある。
そうした側面がこの小説をさらに興味深いものにしている。
なかなか読み応えのある小説であった。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
スポンサーサイト
テーマ : ミステリ  ジャンル : 小説・文学

Newer Entry積雪1メートル超え Older Entry霧が漂う雪景色
Comments






カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2008年)還暦です。
性別:男

還暦という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 2017