風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 暮らし

Comment (0)  Trackback (0)

孫の入院

先週の水曜日、21日のことである。
いつものように娘に連れられて孫がわが家にやってきた。
娘が出勤した後、いつもと変わらず機嫌よく遊んでいたが、夕方一眠りした後、目を覚ました孫のほっぺたが紅くなっている。
体温計で測ってみると熱が8度以上ある。
寝る前にはそんな兆候はまったくなかったのに、こんなに急激に変わるのかと訝しく思い、しばらくしてもういちど測ると今度は7度5分に下がっていた。
また孫も元気に遊んでいるので、これなら大丈夫と、ひと安心であった。
念のために熱冷ましのシートをおでこと脇の下に張っておいた。

しかし夕方娘が帰り、夕食をすませ、しばらく騒いだ後、もういちど体温を測ると、また8度以上に上がっていた。
結局今夜は早く寝かせたほうがいいということになり、娘が添い寝をして寝かせることになったが、しばらくすると、突然孫が大きな声で叫んだ。
そして激しくけいれんを始めたのである。
突然の出来事に娘は、パニックになってしまった。
それを見て、出来るだけ落ち着こうと言い聞かせながら、すぐに119番に電話をかけた。
以下は、その時のやりとり。

「もしもし、こちら119番です。どうしました?」
「孫が急にけいれんを起こしたので、救急車をお願いします。」
「住所は?」
「・・・・・です。」
「地図で確認します。少しお待ちください。」
「・・・さんですね。」
「はい」
「ではこれからそちらに向かいますので、サイレンが聞こえたら外に出て誘導をお願いします。」
「到着までどのくらいでしょうか?」
「・・・・からなので、数分後には着くと思います。」
「分りました。ではよろしくお願いします。」

そして数分後、救急車のサイレンの音が近づいてきた。
急いで外に出て救急車を誘導をした。
救急車が停まると3人の救急隊員が室内に入ってきた。
状況についてのやりとりがあり、孫を抱いた娘と家内が救急車に乗り込んだ。

救急車が走り去った後、ネットで調べてみると、どうやらこれは「熱性けいれん」という症状らしい。
乳幼児(生後6ヶ月から5歳まで)によく見られる症状で、高熱が引き金になって起きるけいれんということだ。
100人中7~8人が経験するもので、けっして珍しい症状ではないとのこと。
しかし、こうした予備知識がなく、今回のように突然けいれんが起きるとほんとうに驚いてしまう。
このまま呼吸が止まってしまうのではないか、いったいどうなるのか、最悪のことばかりが頭をかすめてしまう。

1時間ほどすると、知らせを受けて病院に駆けつけた婿さんのクルマに乗って3人は帰ってきた。
話を聞くと、内容はネットで調べたこととほぼ同じであった。
けいれんは一応治まったので(結局けいれんは救急車を呼ぶ前に1分間ほど続いただけで、救急車に乗る時には治まっていた。)、病院では熱さましのために座薬を打ったということであった。
医師の説明によると、ほとんどの子供(7割)の熱性けいれんは1回だけで終わるのが普通で、あとの3割は2回以上起こすこともあるそうだ。
そういうわけで、もしもういちどけいれんを起こすようなことがあれば入院ということになるが、こうした症状で死ぬことはないし、後遺症が出ることもないので、その点は心配しなくてもいい、とりあえず今夜は様子を見るように、とのことであった。
その話を聞いていくらか気分が楽になった。
それでも娘と家内は心配で、一晩中一睡もできなかったようだ。

翌朝熱を測ると8度4分であった。
8度5分以上になれば座薬を挿すようにと言われていたが、病院で判断してもらうことにして、そのまま病院に直行することにした。
そして途中クルマのなかで2度目のけいれんを起こしたのである。
しかし今度のけいれんは昨夜のような激しいものではなく、ごく緩やかなものであった。
後部座席で孫を抱いていた家内が、孫の異変を察知し、静かな声で「またけいれんを起こしそう」と言った。
その直後、短い(数十秒)けいれんがあった。
だが、それはすぐに治まった。

病院に着いて報告すると、即入院ということになった。
そしてあわただしく入院の準備が始まった。
娘は付き添いのために急遽会社を休むことにして会社に連絡を入れた。
われわれは必要なものを家まで取りに帰り、急いで病院に戻るとすでに病室のベッドに孫は寝かされていた。
腕には点滴のチューブが、そして胸からは心電図のコードが繋がれていた。
嫌がる様子もなく大人しく横になっている。
おそらく熱のせいで、元気をなくしているせいだろう。

WGRbPVOvXthbc9E1353890103_1353890125.jpg

結局この日は、いちども熱は下がらず、9度前後のままであった。
こうして入院第一日目があわただしく終わり、次の日も熱は下がらず、おおむね同様の状態が続いた。

そして3日目の朝、ようやく平熱まで熱が下がったのであった。
その後はいちども熱は上がらず、4日目の午前中に退院の許可が出て、正午過ぎには無事退院することができたのであった。

以上が孫の入院から退院までの顛末である。
これまで孫はいちども病院のお世話になったことがなかった。
そんな孫が突然けいれんを起こして入院ということになったのである。
乳幼児というのは、ほんとうにいつ何どき何が起きるかわからないものである。
今回のことでそんなことをあらためて感じたのであった。
これを今後の教訓にしたいと思っている。

最後に、今回のことで得た「熱性けいれん」を起こした時の対処法を書いておく。

まずは、慌てずに、できるだけ落ち着くこと。

そして、意識がないからといって身体を揺さぶったり大声で呼びかけたりはしない。刺激を与えず出来るだけ静かに様子を見守ることが大事である。

また舌を噛まないように口に指を入れたり、割りばしやタオルを噛ませるといったことが昔は言われていたが、これはぜったいにやってはいけない。
舌を噛むということはほとんどなく、もしこうしたことをやると逆に嘔吐を招くことになり、それによって吐いたものが詰まって窒息することがある。
また気管支に入って誤嚥性肺炎を起こす可能性もある。

「熱性けいれん」は通常1~2分、長くても5分以内で治まるのが普通なので、それを目安に。

こうした予備知識を持っていても、いざとなれば、なかなかこの通りには対処できないかもしれないが、いちおう参考までに。

スポンサーサイト
テーマ : 医療・病気・治療  ジャンル : 心と身体

Newer Entry瑚太郎の病院通い Older Entryテラコッタ彫刻
Comments






カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2008年)還暦です。
性別:男

還暦という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293009 2017