風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 日本映画

Comment (0)  Trackback (0)

映画「海炭市叙景」

kaitanshi.jpg

胸の中を冷たい風が吹き抜けていくような映画だった。
架空の街「海炭市」を舞台にした5つの物語が展開されるが、いずれもドラマチックなことは、何も起こらない。
ただそこに生きる人たちの冷え冷えとした日常が、淡々と描かれるだけである。
そしてそれぞれの話が、ごくわずかにクロスするだけで、ほとんどお互いに無関係である。
その閉じられた淋しい世界を観ているうちに、次第に息苦しさを覚えていった。
どうにもやり切れない気分に満たされてしまった。
そしてその暗く沈んだ気持ちは、最後まで拭い去られることはなかった。

この状態での2時間32分は、正直ちょっと辛いものがある。
けっして駄作というわけではなく、目が放せない映画ではあるが、しかしながら、なかなか評価が難しい。

原作は佐藤泰志の未完の短編小説。
彼の故郷函館をモデルにしており、映画も函館をロケして撮られている。
造船所があり、路面電車が走り、函館山の夜景が美しく、そうした冬の情景がこの映画に独特のトーンをもたらせている。
佐藤泰志は1990年に41歳の若さで自殺した作家である。
近年再評価の動きがあるそうだ。
果たして小説だとどういった印象になるのだろうか。
機会があれば、いちど原作を読んでみようかなと思っている。


にほんブログ村 映画ブログへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
スポンサーサイト
テーマ : DVDで見た映画  ジャンル : 映画

Newer Entry葉室麟「散り椿」 Older Entry今朝の散歩
Comments






カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2008年)還暦です。
性別:男

還暦という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293009 2017