風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 読書

Comment (0)  Trackback (1)

ボストン・テラン「音もなく少女は」

woman.jpg

1950年代から70年代にかけてのニューヨーク、ブロンクスを舞台に描かれた3人の女性の物語である。
ひとりは、イタリア系の貧しい女性クラリッサ、そしてその娘イヴ、彼女は生まれつきの聾者である。
そのふたりを親身になって助けようとするドイツ移民の女性フラン。
ナチスの迫害を受けたという忌まわしい過去をもった女性である。
この3人に襲い掛かる過酷で非情な運命が描かれていく。

物語の中心はイヴである。
彼女の誕生から始まり、次第に成長していく姿を追いながら、物語は展開していく。
そしてそれをよりよき道へと導いていくのが、フランである。
3人の前に立ちはだかるのは、クラリッサの夫であり、イヴの父親でもあるロメイン。
麻薬の売人であり、暴力的で残虐な男である。
彼の狂気じみた虐待によって家庭は崩壊、クラリッサとイヴを絶望の淵へと追いやっていく。
そしてもうひとりの男は、スペイン系の犯罪者ロペス、このふたりの男の悪意と暴力が彼女らを追い詰めていく。
それに対して女性たちがどう立ち向かい、運命を切り開いていくか、物語は緊迫のうちに展開していく。
そして追い詰められるにしたがって、女性たちの内に秘めた強さが次第に発揮されることになっていく。

「人生とは悲しみに耐えることよ。勇気とはその悲しみを克服することよ。」
イヴを励ますフランのこの言葉が、この小説のすべてを物語っているように思える。
女は強し、とくに持久戦に持ち込まれればまず男は敵わない。
あらためてそう思った。
また人との出会いが、人生をいかに大きく変えていくかということも。

これは2011年の「このミステリーがすごい!」で第2位になった小説である。
作者のボストン・テランは、1999年にデビューした小説家である。
そしてデビュー作「神は銃弾」はイギリス推理作家協会新人賞を受賞している。

翻訳ものを読むのは久しぶりであった。
最近読むのは、日本の作家のものばかり。
そのせいか最初は翻訳の文章に馴染めず、なかなか物語に没入することができなかったが、話が佳境に入るにつれて段々とリズムに乗ってきた。
そして後半はあっという間に読んでしまった。
この調子でまた何か翻訳ものを続けて読んでみようかなと考えている。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
スポンサーサイト
テーマ : 読書記録  ジャンル : 小説・文学

Newer Entryテニスシーズン到来 Older Entry道尾秀介「水の柩」
Comments






Trackbacks

1950年代から70年代にかけてのニューヨーク、ブロンクスを舞台に描かれた3人の女性の物語である。ひとりは、イタリア系の貧しい女性クラリッサ、そしてその娘イヴ、ていく。物語の中心はイヴである。彼女の誕生から始まり、次第に成長していく姿を追いながら、物語は展開?...
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2008年)還暦です。
性別:男

還暦という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 2017