風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 読書

Tags: エッセイ・評論  

Comment (0)  Trackback (0)

松岡正剛「多読術」

tadokujutu_20120330145847.jpg

本屋で立ち読みしているうちに、思わず買ってしまった一冊である。
最近は図書館で借りた本だけを読んでいるので、買うことはほとんどなくなってしまったが、それでも本屋には時々足を運ぶ。
本を買うのが目的ではなく、本に関するさまざまな情報に触れたいと思ってのことである。
そうやって本を手に取っているうちに、この本と出合ったというわけである。

著者は松岡正剛、ネットで「千夜千冊」というサイトを発信していることでもよく知られた編集者、著述家である。
「千夜千冊」は愛読させてもらっているが、その膨大な読書量には圧倒される。
しかもその対象は文学、芸術に限らず、社会科学、自然科学と、あらゆるジャンルの書籍に渡っている。
そしてそのすべてに詳しい印象記が事細かに書かれている。
その知識の量と深さには、読むたびに驚かされてしまう。
まさに現代の知の巨人と呼ぶに相応しい人物である。

これはそんな彼が読書について語った本である。
「多読術」となっているが、けっして多読を薦めているわけではなく、また読書のノウハウ本というわけでもなく、これまでの読書遍歴を通じて得た読書に対する考え方、著者独自の読書法などを述べたものである。
そしてその結果が「多読」ということになっているわけである。
読み進めていくうちに、なるほど、こうやって本と出合い、読んできたのか、といった読書遍歴から導き出された独自の読書方法が披露されており、非常に興味深い。そして教えられることが多い。
しかし中にはこれは自分には向かないな、とても真似はできないなと思わせられるところもある。
が、いずれにしても示唆に富んだ興味深い本であることには間違いがない。
大いに刺激を受けたのである。

そこで今後の参考のために、気になった箇所をいくつかピックアップし、書き留めておこうと思う。

<「読書はたいへんな行為だ」とか「崇高な営み」などと思いすぎないことです。それよりも、まずは日々の生活でやっていることのように、カジュアルなものだと捉えたほうがいい。たとえていえば、読書は何かを着ることに似ています。読書はファッションだと言ってもいいくらいだけれど、もっとわかりやすくいえば、日々の着るものに近い。(中略)本だけをあまり特別視しないほうがいいんです。ジャケットを着たりジーンズを穿いたりするように、本と接したほうがいい。>

<読書というのはね、そもそもがマゾヒスティックなんです。だから「参った」とか「空振り三振」するのも、とても大事なことです。わかったふりをして読むよりも、完封されたり脱帽したりするのが、まわりまわって読書力をつけていくことになる。>

<多読術にとって大事なのは、本によって、また読み方によって、さまざまな感情やテイストやコンディションになれるかどうかということです。その多様性を楽しめるかどうかということです。
 その多様性をぼくは、たとえば「ワインを飲むように読む」「アスリートのように読む」「温泉であたたまるように読む」「竹を割るように読む」「教えを乞うように読む」「強い格闘家と戦うように読む」「時間つぶしのために読む」「書くために読む」というような形容で、これまで説明してきました。(中略)
 以上のことをわざとちょっと熟語っぽく言うとすると、「感読」「耽読」「惜読」「愛読」「敢読」「氾読」「食読」「録読」「味読」「雑読」「狭読」とか、また、「乱読」「吟読」「攻読」「系読」「引読」「広読」とか、それから「精読」「閑読」「蛮読」「散読」「粗読」「筋読」「熟読」「逆読」といったふうにね。>

<読書って、誰もが体験しているように、読んでいるハナからいろいろのことを感じたり、考えてしまうものなんです。だからこそ、ときにイライラもしてくるし、うんうんと頷くこともある。(中略)
 ということは、読書は著者が書いたことを理解するためだけにあるのではなく、一種のコラボレーションなんです。ぼくがよく使っている編集工学の用語でいえば、読書は「自己編集」であって、かつ「相互編集」なのです。セルフ・エディティングとデュアル・エディティングですね。>

<一言でいえば、未知のパンドラの箱が開くということでしょうね。本はやっぱりパンドラの箱。そのパンドラの箱が開く。そこに伏せられていたものが、自分の前に躍り出てくるということです。ポール・ヴァレリーふうにいえば、それによって「雷鳴の一撃を食らう」という楽しみですね。ということは、こちらが無知だからこそ読書はおもしろいわけで、それに尽きます。無知から未知へ、それが読書の醍醐味です。>

<本はウィルスでもあるし、劇薬でもあるんです。その一方で漢方薬でも抗生物質でもあるけれど、だからといってすべての読書において対処療法のように本を読もうとするのは、いささかおかしい。
 読書はそもそもリスクを伴うものなんです。それが読書です。ですから本を読めばその本が自分を応援してくれると思いすぎないことです。背信もする。裏切りもする。負担を負わせもする。それが読書です。だから、おもしろい。>


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
スポンサーサイト
テーマ : 多読  ジャンル : 本・雑誌

Newer Entry冲方丁(うぶかた・とう)「天地明察」 Older Entry青森へドライブ
Comments






カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2008年)還暦です。
性別:男

還暦という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2017