風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 日本映画

Tags: 藤沢周平  時代劇  

Comment (0)  Trackback (0)

映画「小川の辺」

ogawanohotori.jpg

久しぶりで映画を観た。
「小川の辺(ほとり)」である。
主演、東山紀之、監督、篠原哲雄、「山桜」に続くコンビである。

武士は寡黙である。
多くを語らない。
ましてや己の感情を露にすることなどほとんどない。
それだけに押し殺した感情の彼方に、微かに見え隠れする思いをどれだけ読み取ることができるか。
そうしたことが重要になってくる。
台詞で伝えるのではなく、まさに映像のひとつひとつの積み重ねのなかから、さまざまなものを汲み取る作業が必要になってくる。
そうした作業がより可能となるような映像の力があるかどうかが、こうした映画の評価の分かれ目になってくる。
この映画ではそうした映像が緊張感を伴って撮られていた。
武家屋敷での日常の凛とした佇まい、自然描写、そして緊迫感のある殺陣、そうしたものが隙なく描かれることで藤沢文学の気品ある香り高い世界が創り出されていた。

理不尽な命令によって引き裂かれようとする兄と妹、ともに命を賭けてその運命に立ち向かう先に見えてくる僅かな救いに、清々しさを感じながら映画を観終わった。

ちなみに篠原哲雄監督とは、最近フェイスブックで友達になったばかりである。
昨日この映画「小川の辺」をフェイスブックで紹介したところ、監督からご丁寧な挨拶があった。
そうしたこともあって、これは忘れがたい作品となった。

引き続き藤沢文学の第3作が撮られることを願っている。


にほんブログ村 映画ブログへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
スポンサーサイト
テーマ : DVDで見た映画  ジャンル : 映画

Newer Entry葉室麟「恋しぐれ」 Older Entryフェイスブック
Comments






カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2008年)還暦です。
性別:男

還暦という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293009 2017