FC2ブログ

風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 外国映画

Tags: 西部劇  

Comment (0)  Trackback (0)

映画「荒野の誓い」

kouyachikai.jpg

1892年のニューメキシコ州。
クリスチャン・ベール演じる騎兵隊のジョー・ブロッカー大尉は、インディアン戦争で英雄と称えられた兵士である。
長年インディアンと戦い退役間近のブロッカー大尉に、引退前の最後の仕事として、収監されているシャイアン族の酋長イエロー・ホーク(ウェス・ステューディ)とその家族を、故郷のモンタナまで護送せよとの任務が下される。
癌を患い死期が迫ったイエロー・ホークの、故郷で死にたいとの願いを聞き入れたからだ。
だがブロッカー大尉にとってイエロー・ホークは仇敵である。
インディアン戦争で大勢の部下を殺されており、憎んでも憎み切れない因縁の相手である。
そんな男の護送などもってのほかと固辞するが、軍隊において命令を拒否することなど許されない。
渋々任務に就くことになる。

旅の途中、家族を皆殺しにされた女性ロザリー(ロザムンド・パイク)を保護、彼女も加えた一行の旅が続くが、その先には多くの危険が待ち受けていた。
ひとりまたひとりと傷つき殺され、メンバーの数が減ってゆく。
過酷な旅を続けるためには互いに協力し合い、支え合わなければならない。
そうした状況を共有するなかで、ブロッカー大尉とイエロー・ホークの間にあった憎しみは次第に薄れてゆく。
そして旅の最後には互いに赦し合い、イエロー・ホークはインディアンの聖地で誇り高い最期を迎えることになる。
ブロッカー大尉がイエロー・ホークに歩み寄って呟く。
「私もあなたも多くの友を失った。誰にも死は訪れる。過去を振り返るのはやめよう。友よ。私の一部はあなたと共に死ぬ」
その和解の言葉に心が震えた。

分断された世界での人種差別、憎悪と怒り、そしてそれを越えた贖罪と和解が、この映画の大きなテーマだ。
それを激しい暴力と、思索的で静謐な場面の繰り返しのなかで描き出してゆく。
見ごたえのある西部劇だ。

ちなみに原題は『Hostiles』。
「敵対者たち」という意味である。

クリスチャン・ベールにとっては「3時10分、決断のとき」以来の西部劇。
まさに適役。
これによってまた新たな魅力を見せてくれた。
スポンサーサイト





カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2018年)70歳です。
性別:男

還暦(10年前)という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

月別アーカイブ
cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293009 2020