FC2ブログ

風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 日本映画

Comment (0)  Trackback (0)

映画「仁義の墓場」

025-1.jpg

渡哲也が亡くなった。
享年78歳、直腸がん、大腸がん、心筋梗塞の手術のほか胸膜炎、呼吸器疾患など、長きにわたる病の連続、その闘いの末の逝去であった。
ご冥福をお祈りいたします。

渡哲也主演の映画の中でいちばん印象に残っているのは、日活作品ではなく、1975年に製作された東映作品「仁義の墓場」である。
戦後の混乱期を狂犬のように生き、30年という短い生涯に自ら幕を引いて逝った、伝説のヤクザ・石川力夫の壮絶な生き様を描いた作品である。
それを深作欣二監督が躍動感あふれる映像で描き上げている。

主人公石川力夫はやくざさえもが手を焼くやくざ。
いちど走り出したら誰も止めることはできない。
まさに「荒ぶる魂」を抱え持った狂犬のようなやくざである。
それを渡哲也がただならぬ殺気を漲らせて演じている。
その狂気の姿には、ただただ息を呑むしかない。
日活での「無頼」シリーズのやくざ人斬り五郎の殺気も凄かったが、それを上回る迫力である。
そして自滅への道をひたすら走り抜けてゆく。
最後に残された石川力夫の辞世の句「大笑い 三十年の馬鹿騒ぎ」が哀しくも強烈な印象として今も残っている。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
スポンサーサイト





Category: 未分類

Tags: ミステリー  

Comment (0)  Trackback (0)

映画「バッド・ジーニアス 危険な天才たち」

bad-genius.jpg

高校生たちが試験のカンニングをするというだけの話で、果たして面白い映画などできるのか。
いったいどんな映画なのかと、観る前はあまり期待をしていなかったが、これほど面白い映画だったとは。
まずはそのことに驚かされた。
いい意味で予想外だった。
とにかくよく出来た映画だ。

語り口のうまさは、まさにお見事のひと言。
いかに巧妙に気づかれないでカンニングを成功させるかという展開は、並の犯罪ミステリーをはるかにしのぐ面白さ。
終始味わえる緊迫感も並ではない。

さらに特筆すべきは、主人公の天才女子高生リンを演じるチュティモン・ジョンジャルーンスックジンの可愛さ。
黒木華と蒼井優を合わせたような個性的な顔に長い手足。
けっして美人というわけではないが強く惹きつけられる。
そんな彼女の魅力がこの映画の大きなプラス要素になっている。
調べてみると、15歳からモデルとして活動しており、この映画が初出演ということだ。
だが初出演とは思えない見事な演技を披露しており、適役、大いに魅了された。

古今東西、いずれの国でも競争社会の厳しさは変わることはない。
それを生き抜いていくことは並大抵のことではない。
それを基にこうした面白い映画を作り出したことは、素晴らしい。
あまり馴染のないタイ映画だが、これほどレベルの高い映画があるとは。
侮るべからずである。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑


Category: 外国映画

Tags: 西部劇  

Comment (0)  Trackback (0)

映画「さすらいのカウボーイ」

hired-hand.jpg

50年ぶりにBSで観なおした「さすらいのカウボーイ」。
だがその佳さはまったく色褪せていなかった。
アメリカン・ニューシネマを代表する作品で、新しい感覚で撮られた西部劇。
終始静かに展開する。
西部劇ということで、当然銃の撃ち合いも描かれるが、派手な銃撃戦というわけではなく、あっけないほど地味なもの。
従来のヒーローものの西部劇を期待すると肩すかしをくってしまうが、逆にそこがこの映画の佳さである。
内省型の西部劇といってもいいかもしれない。

主人公ふたり(ピーター・フォンダとウォーレン・オーツ)は、終始言葉少なで多くを語らない。
だからこそその表情から多くのものが伝わってくる。
そして時折語られるセリフのひと言、ひと言が含蓄に富んで重みがある。
長年ふたりだけで放浪生活を送って来た厳しさが、言葉の端々から滲み出てくる。

さらに男(ピーター・フォンダ)の身勝手さから、7年間置き去りにされた妻を演じるベルナ・ブルームの存在も忘れ難い。
「人生に疲れ」突然家に帰って来た彼を、すぐには夫として受け入れず、とりあえずウォーレン・オーツとふたり「働き手」として雇うことにする。
それが原題の「The Hired Hand」の意味である。

ピーター・フォンダを中心にした3人の微妙な関係が、きめ細かく描かれて味わい深い。
家族、友情、夢などのなかで揺れ動く男心が、切なくも身に染みる。
そしてそうした物語をヴィルモス・スィグモンドの美しい映像と、ブルース・ラングホーンの詩的な音楽が叙情的に盛り上げる。

監督は主演でもあるピーター・フォンダ。
これが初監督作である。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑


カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2018年)70歳です。
性別:男

還暦(10年前)という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

月別アーカイブ
cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 2020