FC2ブログ

風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 月別観た映画と読んだ本

Comment (0)  Trackback (0)

今月観た映画と読んだ本(2019年10月)

観た映画


gbook.jpgグリーンブック(DVD)
2018年アメリカ 監督/脚本:ピーター・ファレリー 出演:ヴィゴ・モーテンセン/マハーシャラ・アリ/リンダ・カーデリーニ/ディミテル・D・マリノフ/セバスティアン・マニスカルコ/マイク・ハットン/ジョー・コルテーゼ/ドン・スターク


hondorobo.jpg「やさしい本泥棒」(DVD)
2013年アメリカ/ドイツ 監督:ブライアン・パーシヴァル 出演:ソフィー・ネリッセ/ジェフリー・ラッシュ/エミリー・ワトソン/ハイケ・マカッシュ


joker.jpg「ジョーカー」(イオンシネマ弘前)
2019年アメリカ 監督/脚本:トッド・フィリップス 出演:ホアキン・フェニックス/ロバート・デ・ニーロ/ザジー・ビーツ/フランセス・コンロイ/ブレット・カレン/マーク・マロン/シェー・ウィガム/ビル・キャンプ



読んだ本


kurobara.jpg「黒薔薇」(二上剛 警察小説)


yamanami.jpg「遠い山なみの光」(カズオ・イシグロ 現代小説)



ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
スポンサーサイト





Category: 外国映画

Tags: ヴィゴ・モーテンセン  

Comment (0)  Trackback (0)

映画「グリーンブック GREEN BOOK」

greenbook.jpg

昨年度のアカデミー賞で、作品賞、脚本賞、助演男優賞(マハーシャラ・アリ)を受賞した作品。
主演はヴィゴ・モーテンセン(主演男優賞にノミネート)。
ファンとしてはぜひとも観たい映画だったが、地元の映画館での上映はなく、観ることは叶わなかった。
アカデミー賞3部門受賞の映画が上映されないなど、昔では考えられないこと。
確かに内容的には地味かもしれないが、それにしてもである。
そんなわけでDVD化されるのを首を長くして待っていた。
そしてようやくレンタルされることになったのである。

時代は1960年代のアメリカ。
題名になっている「グリーンブック」というのは、人種差別の激しい南部を黒人が旅行する際に必携だったガイドブックのこと。
この案内書にはトラブルにあわずに利用できる黒人専用の施設が紹介されていた。
有名な黒人ピアニストであるドクター・シャーリー(マハーシャラ・アリ)が南部を演奏旅行することになり、その運転手兼用心棒として雇われたのがトニー・バレロンガ(ヴィゴ・モーテンセン)、そのふたりの道行を描いたのが、この映画である。
その際手渡されたのが「グリーン・ブック」で、ガイドに従ってできるだけトラブルを避けようとするが、それでも行く先々で様々な人種差別が待ち受けており、そのなかでふたりがどのように向き合い、どう対処するか、またそれによってふたりがどう変化していくかが描かれている。

ドクター・シャーリーは黒人でありながらも高い教育を受けた教養人である。
思索的で穏やかだが、いっぽうでは人を寄せつけない頑なものを秘めている。
そんな天才ピアニストをマハーシャラ・アリは品格豊かに演じている。
一方トニー・バレロンガは粗野で無教養なイタリア系白人で、黒人に対しては偏見に満ちた差別意識をもっている。
それでも愛する妻とふたりの幼い息子のために、懸命に働こうとするよき家庭人でもある。
旅先では妻と約束した手紙を熱心に書くという律義さを見せたりする。
その手紙が物語のなかで、重要な働きをすることになるエピソードが忘れ難い。
演じるのはヴィゴ・モーテンセン
デンマーク系アメリカ人である彼が、体重を20キロ近く増やし、見事にイタリア系白人になり切っている。
その変身ぶりには驚かされる。
過去「レイジング・ブル」でデ・ニーロが増量して以来、様々な俳優たちが役作りのために増量することが盛んに行われるようになったが、これもそのひとつ。
ついでに書けば、この映画では食事のシーンが多く、そのひとつひとつが、まさにいい味付けになっている。

水と油のようなふたりが旅するなかで、反発や歩み寄りを繰り返し、互いに持ち合わせていないものを教え合い学び合うことで、垣根がひとつひとつ掃われてゆく。
そして旅が終わった時には、どちらも人間的にひとまわり大きくなり、歩み寄り、かけがえのない存在になっている。
そんな軌跡が印象的なエピソードを交えながら、きめ細かく描かれている。
時には笑いを、時には感動を誘われる。
そして8ケ月の長い旅を終え、「クリスマスには必ず帰ってくる」という家族との約束を果たした後にやってくる心温まる結末には、思わず泣かされてしまった。

首を長くして待っていたことが、無駄ではなかった。
その期待を超えるよさで、映画は応えてくれたのだ。
大満足である。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑



カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2018年)70歳です。
性別:男

還暦(10年前)という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

月別アーカイブ
cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2019