FC2ブログ

風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 外国映画

Comment (0)  Trackback (0)

映画「ライオン 25年目のただいま」

lion.jpg

副題に「25年目のただいま」とあるように、この映画は迷子になった5歳の少年が、25年後に家族を捜し出し、再会を果たすという物語である。
事実をもとに作られた映画ということだが、そのことにまず驚かされる。
そしてそこにどのような経緯があったのか、詳しく知りたいという好奇心が大いに掻き立てられる。

映画は前半と後半に分かれており、前半は主人公の子供時代のインドが舞台、後半は成人した後のオーストラリアが舞台になっている。
主人公は5歳の少年サルー。
インドの田舎町で母、兄、妹と暮らしている。
ある日、兄のグドゥが働く町まで着いていくが、そこで兄とはぐれてしまう。
そして間違って乗った回送列車によって、1000キロ以上離れたカルカッタの街まで連れて行かれる。
そこで降り立ったサルーは、ストリートチルドレンになるが、後に孤児院に収容され、そこでオーストラリア人夫婦の養子として引き取られることになる。
これが前半のストーリー。
そして後半は成人したサルーが、苦労の末、家族を捜し出すまでが描かれる。
そのプロセスも見応えあるが、やはりこの映画のいちばんの見どころは、前半のインドでの少年時代の話である。
貧しい生活のなかで、母親を少しでも助けようと幼いサルーが兄と一緒になって懸命に働く。
またサルーがストリートチルドレンとなっての路上生活や、孤児院に収容されるまでの数々のエピソード。
わずか5歳の少年にとって、それは想像をはるかに超える過酷さである。
次々と襲ってくる不安と恐怖のなか、子供なりの直観と懸命さで何とか生き抜こうとする。
そんなサルーの健気な姿が胸に迫る。

この前半のくだりを観ていて、思い出したのが「冬の小鳥」という韓国映画である。
こちらも孤児院に収容された孤児の話だが、そのなかで主人公の少女に先輩格の少女があることを教える。
それはアメリカ人家庭に養子として迎えられるためには、英語を身に着けることが一番の近道であり、自分はそれを秘かに実践しているのだと話す。
逆境から脱け出すために、子供は子供なりの知恵を働かせ、わずかな希望に縋ろうとするのである。
それはこの映画でも同じである。
そして幸運は、はるか彼方からやってくる。
オーストラリアの裕福な夫婦の養子となって引き取られることになる。
数少ない幸運な子供となるが、忘れてならないのは、その陰に何万という不運な子供たちがいるということである。
さらに幸運な子供となっても、必ずしも幸せを掴むことができるとは限らない。
サルーの後に、もうひとりの養子となり、サルーの義理の兄となったマントッシュの場合がそれである。
彼はそれ以前の生活で受けた傷が、いつまでもトラウマとなって消えず、成人した後は家族から離れ、世間との交渉も断って世捨て人のように暮らしている。
養子となり貧しさから解放されても、それは彼にとっての救済にはなっていない。
こうした問題にはそんな側面もあり、一筋縄ではいかない根深さを抱えているのだということがさりげなく示されるが、それによってこの映画が単なるヒューマンなドラマというだけではない奥の深さをもったものになっている。
そうしたことを考えながら観ると、この映画の感動は、さらに深いものになるにちがいない。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑

スポンサーサイト





カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2018年)70歳です。
性別:男

還暦(10年前)という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

月別アーカイブ
cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

1234567891011121314151617181920212223242526272829303112 2017