風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 読書

Tags: 百田尚樹  

Comment (0)  Trackback (0)

百田尚樹「錨を上げよ」下巻

9784062167017_1L.jpg

先日読んだ上巻に続いて下巻を読み終わった。
上巻は4日かかったが、下巻は2日でいっきに読んでしまった。
それほどこの小説は面白かった。
どこまで行っても飽きさせない。
稀代のストーリーテラー百田尚樹の面目躍如といった小説であった。

行き当たりばったりの生き方、おまけに金がなくなるまでは働こうとしない怠け者、そんな主人公だが、いったんこれと決めた目標ができると持ち前の行動力と集中力で猛烈に邁進していく。
その行動力と集中力は見上げたものである。
爽快感すら覚えてしまう。
中学、高校と劣等生で、まったく勉強もしたことのない彼が、突然大学を目指そうと奮い立ち、短期間の受験勉強の末に見事大学に合格してしまう顛末などは、まさにそれの最たるものである。
その思いつきに最初は誰も本気にしなかったが、彼の常識外れの受験勉強を見ているうちに、これは冗談ではなく、ひょっとするとその言葉通りになってしまうのではないかと思わせる。
これなども作者、百田尚樹自身の姿が大きく反映されているようだ。
彼自身中学、高校と劣等生で、大学へ進めるような成績でなかったものの、猛烈な受験勉強の末に大学に合格、しかしその後は生来の怠け癖もあって5年かかって卒業、大学時代に興味を覚えて出場したテレビ番組がきっかけで、卒業後はバラエティー番組の放送作家になっている。
そして仕事柄読書の必要性を感じた彼は猛烈に本を読み始める。
その結果、自分にも小説が書けるかもしれないと思って書いたのがこの「錨を上げよ」の基になる小説であった。
1年半かけて書いた原稿は2200枚、それが25年たって、ようやく出版されることになったというわけである。

そんな作者自身の性格や経験をさらに大きく膨らませて作り上げたのが主人公、作田又三である。
作者の経験や願望が込められた作田又三の冒険譚は痛快きわまりない。
その軌跡は目まぐるしく変転してゆく。
暴走族との乱闘、大学では過激派と衝突、イカサマ麻雀であぶく銭を稼ぎ、ヤクザと揉め事を起こし、上京しての浮浪者生活、右翼の仲間になったりホストになったり、パチンコ屋での住み込、レコード店での輸入の仕事、そしてある日偶然テレビで見たタラ漁に心揺さぶられ突如北海道へと渡ってゆく。
そこで出会ったウニの密猟で一攫千金を手にするようになる。しかしそれも数年後にはヤクザの手によってすべてを奪われてしまう。
そして大阪に帰り着いた彼はビリヤード屋で知り合った女性と結婚、昔の友人と偶然出会ったことからテレビの世界へと足を踏み入れ、放送作家の道を歩んでいくことになる。
ようやく手に入れた穏やかで平和な生活に満ち足りていたものの、あることがきっかけでこれも壊れてしまう。
とにかく作田又三のやることなすことすべて失敗の連続なのである。
行動力と集中力によっていちどは栄光を手にするものの、(もちろん数々の恋愛も同様だ。)最後はすべて跡形もなく崩れ去ってしまう。
それもすべて作田又三という人間の身から出た錆ということになるわけだが、それでもどこまで行っても彼はけっしてめげることはない。
深い傷を負い、立ち上がれそうもないダメージを受けるものの、そのたびに全身の力を振り絞って立ち上がる。
けっして絶望に陥ることはない。
その姿はリングで倒されたボクサーが渾身の力で立ち上がり、けっしてKOされまいと闘う姿のようである。
そのしぶとさ、自分を曲げない強さとその裏に隠し持った子供のようなナイーブさ、そうしたものを武器にあらゆるものぶつかっていく作田又三の短絡的で無鉄砲な生き方には、時に反発を覚えながらも痛快さを禁じえなかった。
そして作者は最後にこう書くのである。
「ぼくはその瞬間、勇気を感じた。そして人生は生きるに値するものだという強い思いに胸を貫かれた。
 人生の長い航路は、これから始まるのだ。」

作者、百田尚樹の25年前の生々しい声が聞こえてくる。そんなエネルギーに満ちた小説であった。

スポンサーサイト
テーマ : 本の紹介  ジャンル : 小説・文学


Category: 読書

Tags: 百田尚樹  

Comment (0)  Trackback (0)

百田尚樹「錨を上げよ」上巻

jzz4QI8v8ok_1XV1359070006_1359070034.jpg

4日前から読み始めた百田尚樹の「錨を上げよ」上巻を今朝読み終えた。
上下巻1200ページの大長篇だが、おもしろさに一気に読み終えた。

昭和30年、大阪で生まれた風雲児、作田又三の物語。
主人公、作田又三は以前読んだ「BOX!ボックス!」の主人公たちと共通する硬派な男。
上巻では彼の小学校時代から大学までの破天荒な生き方が描かれている。
昭和23年生まれの自分と時代が重なるので、そうした点でも興味深かった。
当時のことを色々と思い出しながら読み終えた。

今日はまた図書館に行って下巻を借りようと思っている。
どんな話が続くのか、今から楽しみである。

テーマ : 文学・小説  ジャンル : 小説・文学


Category: 暮らし

Comment (0)  Trackback (0)

雪の岩木山までドライブ

昨日に続いて今日も晴れのいい天気になった。
この好天に誘われて孫を連れて雪の岩木山までドライブに行った。

P1090388.jpg

目的は「アソベの森」で昼食をとり、温泉に入ろうというのである。
雪で道幅は狭くなっているが、久しぶりに青空の下を走るのは気持ちがいい。
途中岩木神社に寄ってお参りをした。

P1090399.jpg

本殿までの階段は雪に覆われてまるでスキー場のゲレンデのようである。
そのスロープが怖いのか、嫌がって孫は歩こうとしない。
仕方なく抱っこをして歩くことにした。
滑って転ばないように細心の注意を払いながら歩いた。

P1090553.jpg

岩木神社でお参りを済ませた後は、目的の「アソベの森」まで行き、昼食を摂った。
時間が早かったせいか、レストランに他に客はいない。
窓際のいちばん見晴らしのいいテーブルを選んで座った。
窓の外の雄大な雪景色を眺めながらの昼食であった。

P1090494.jpg

昼食後はロビーでしばらく休憩した後、温泉に入った。
大浴場で温まった後は露天風呂にも行ってみたが、渡り廊下を渡る時はさすがに寒かった。
外気温は恐らく零下である。
温まっているとはいえ、やはり裸で外を歩くと凍えるように寒い。
冷えた身体で急いで温泉に浸かった。
雪を眺めながら浸かる温泉には格別の味わいがある。
手足を伸ばして浸かっていると、雪かきで疲れた身体が蘇ってくるようだ。
数日前にひいた風邪もかなりよくなったように思う。
これでまた明日から仕事や雪かきに精を出すことができそうである。
いい休日であった。

テーマ : 日々の暮らし  ジャンル : ライフ


Category: 地域情報

Comment (0)  Trackback (0)

積雪1メートル超え

P1090357.jpg

仕事が休みの昨日は朝昼夕と雪かきに追われる一日だった。
朝起きてクルマの屋根に積もった雪の高さを測ると20センチを越えていた。

P1090352.jpg

それでもまだまだ雪は止みそうにない。
強い風が横殴りに吹きつけるなか、いつものように早朝の雪かきから一日が始まった。
しかし昨日の雪はこれまでの雪とかなり様子が違った。
片付けたと思った後からまた雪が積もり、といったことの繰り返し。
しかも吹きつける雪が顔を直撃、眼鏡に雪がこびりついて前が見えなくなる始末。
こんなことはめったにない。

P1090354.jpg

結局この日の降雪量は31センチであった。
この数字は気象庁の観測データだが、実際にはこれ以上に降ったのでは、というのが実感である。
これで積雪量もあっという間に1メートルを超えてしまった。
豪雪だった昨年の1メートル超えが1月の末、今年はそれを半月近く早くに達成してしまったのである。
今年の雪がいかに凄いかが、これだけでもよく判る。
大げさかもしれないが、まさに雪との戦いの日々である。

テーマ : 青森県の話題  ジャンル : 地域情報


Category: 読書

Tags: ミステリー  

Comment (0)  Trackback (0)

スティーヴ・ハミルトン「解錠師(The Lock Artist)」

kaijosi.jpg

「このミステリーがすごい! 2013年版海外編」第1位、「2012年週刊文春ミステリーベスト10 海外部門」第1位に選ばれた小説である。
そのことと「解錠師」という風変わりな題名に惹かれて読んでみた。
どんな物語なのか、あとがきから少し引用してみる。

「主人公の青年マイクルは、幼少時にある大事件に巻きこまれ、その精神的なショックから口がきけなくなって今日に至っている。周囲になじむことができない孤独なマイクルだが、得意なことがふたつあった。ひとつは絵を描くこと。そしてもうひとつは、十代で身につけた許されざる特技、解錠である。物語は、刑務所に収監されてすでに十年を迎えようとしている二十代後半のマイクルが、どんないきさつで解錠師になったのか、そしてどうして服役することになったのかを、みずから読者に打ち明ける形で綴られていく。」

こうした物語が過去と現在を行き来しながら語られていく。
そのなかから口がきけなくなった事件の真相や、恋人となるアメリアとの出会い、そして数々の犯罪に巻き込まれていく姿が、スリリングな展開でダイナミックに描かれていく。
けっしてミステリー好きというわけではないが、その面白さにグイグイと引き込まれ、あっという間に読み終わってしまった。
とくに何度となく登場してくる解錠の場面は、手に汗を握る緊迫感に溢れている。
これは作者であるスティーヴ・ハミルトンが本物の金庫破りに綿密な取材を重ねた結果生まれたものである。

またこの小説は単にミステリーというだけでなく、深いトラウマを抱え込んだ青年の青春小説でもある。
不幸な境遇に陥ってしまった孤独な青年が、人生にとって大切な何かを手に入れようとする成長物語でもある。
そうした側面がこの小説をさらに興味深いものにしている。
なかなか読み応えのある小説であった。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : ミステリ  ジャンル : 小説・文学


Category: 弘前

Comment (0)  Trackback (0)

霧が漂う雪景色

P1090307.jpg

P1090308.jpg

昨夜仕事帰りに偶然出合った景色である。
雪道に霧が漂って、幻想的な風景になった。
雪と霧という組み合わせは珍しいこと。
めったにお目にかかれない景色である。
思わずクルマを停めて写真を撮った。

こういうネタはブログよりもFacebook向きだと思うが、最近はブログを書くことが疎かになっているので、あえてこちらに書くことにした。

テーマ : 地域情報  ジャンル : 地域情報


Category: 弘前

Comment (0)  Trackback (0)

豪雪

P1090296.jpg

P1090303.jpg

昨日孫を送っていった時に、道々写した写真である。
弘前の雪も多いが(昨日の時点で69センチ)、板柳、鶴田はそれ以上の雪である。
とくに板柳の積雪は1メートルを越えている。
昨年も豪雪だったが、今年はそれをさらに上回る豪雪だ。
おまけに気温も平年をかなり下回っており、寒い毎日が続いている。
この雪に市の除排雪予算も残り僅か、今月中には底を突きそうな勢いだという。
この事態に更に4億円の予算を追加することが昨日決定している。
このままいくと最終的な除排雪費用は昨年の16億円を超えるのではないかと云われている。
まだ1月も半ばに達していない時点でこの調子である。
冬本番はまだまだこれからなのだ。
この先いったいどれほどの雪が降るのか、まったく予想もつかない状態である。
とにかくここらで雪にもひと休みしてもらいたいというのがわれわれ市民の願いである。
だが、そういう願いをよそに、今日もまた相変らずの大雪が続いている。

テーマ : 災害情報  ジャンル : 地域情報


カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2008年)還暦です。
性別:男

還暦という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

1234567891011121314151617181920212223242526272829303101 2013