風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 読書

Tags: エッセイ・評論  

Comment (0)  Trackback (0)

松岡正剛「多読術」

tadokujutu_20120330145847.jpg

本屋で立ち読みしているうちに、思わず買ってしまった一冊である。
最近は図書館で借りた本だけを読んでいるので、買うことはほとんどなくなってしまったが、それでも本屋には時々足を運ぶ。
本を買うのが目的ではなく、本に関するさまざまな情報に触れたいと思ってのことである。
そうやって本を手に取っているうちに、この本と出合ったというわけである。

著者は松岡正剛、ネットで「千夜千冊」というサイトを発信していることでもよく知られた編集者、著述家である。
「千夜千冊」は愛読させてもらっているが、その膨大な読書量には圧倒される。
しかもその対象は文学、芸術に限らず、社会科学、自然科学と、あらゆるジャンルの書籍に渡っている。
そしてそのすべてに詳しい印象記が事細かに書かれている。
その知識の量と深さには、読むたびに驚かされてしまう。
まさに現代の知の巨人と呼ぶに相応しい人物である。

これはそんな彼が読書について語った本である。
「多読術」となっているが、けっして多読を薦めているわけではなく、また読書のノウハウ本というわけでもなく、これまでの読書遍歴を通じて得た読書に対する考え方、著者独自の読書法などを述べたものである。
そしてその結果が「多読」ということになっているわけである。
読み進めていくうちに、なるほど、こうやって本と出合い、読んできたのか、といった読書遍歴から導き出された独自の読書方法が披露されており、非常に興味深い。そして教えられることが多い。
しかし中にはこれは自分には向かないな、とても真似はできないなと思わせられるところもある。
が、いずれにしても示唆に富んだ興味深い本であることには間違いがない。
大いに刺激を受けたのである。

そこで今後の参考のために、気になった箇所をいくつかピックアップし、書き留めておこうと思う。

<「読書はたいへんな行為だ」とか「崇高な営み」などと思いすぎないことです。それよりも、まずは日々の生活でやっていることのように、カジュアルなものだと捉えたほうがいい。たとえていえば、読書は何かを着ることに似ています。読書はファッションだと言ってもいいくらいだけれど、もっとわかりやすくいえば、日々の着るものに近い。(中略)本だけをあまり特別視しないほうがいいんです。ジャケットを着たりジーンズを穿いたりするように、本と接したほうがいい。>

<読書というのはね、そもそもがマゾヒスティックなんです。だから「参った」とか「空振り三振」するのも、とても大事なことです。わかったふりをして読むよりも、完封されたり脱帽したりするのが、まわりまわって読書力をつけていくことになる。>

<多読術にとって大事なのは、本によって、また読み方によって、さまざまな感情やテイストやコンディションになれるかどうかということです。その多様性を楽しめるかどうかということです。
 その多様性をぼくは、たとえば「ワインを飲むように読む」「アスリートのように読む」「温泉であたたまるように読む」「竹を割るように読む」「教えを乞うように読む」「強い格闘家と戦うように読む」「時間つぶしのために読む」「書くために読む」というような形容で、これまで説明してきました。(中略)
 以上のことをわざとちょっと熟語っぽく言うとすると、「感読」「耽読」「惜読」「愛読」「敢読」「氾読」「食読」「録読」「味読」「雑読」「狭読」とか、また、「乱読」「吟読」「攻読」「系読」「引読」「広読」とか、それから「精読」「閑読」「蛮読」「散読」「粗読」「筋読」「熟読」「逆読」といったふうにね。>

<読書って、誰もが体験しているように、読んでいるハナからいろいろのことを感じたり、考えてしまうものなんです。だからこそ、ときにイライラもしてくるし、うんうんと頷くこともある。(中略)
 ということは、読書は著者が書いたことを理解するためだけにあるのではなく、一種のコラボレーションなんです。ぼくがよく使っている編集工学の用語でいえば、読書は「自己編集」であって、かつ「相互編集」なのです。セルフ・エディティングとデュアル・エディティングですね。>

<一言でいえば、未知のパンドラの箱が開くということでしょうね。本はやっぱりパンドラの箱。そのパンドラの箱が開く。そこに伏せられていたものが、自分の前に躍り出てくるということです。ポール・ヴァレリーふうにいえば、それによって「雷鳴の一撃を食らう」という楽しみですね。ということは、こちらが無知だからこそ読書はおもしろいわけで、それに尽きます。無知から未知へ、それが読書の醍醐味です。>

<本はウィルスでもあるし、劇薬でもあるんです。その一方で漢方薬でも抗生物質でもあるけれど、だからといってすべての読書において対処療法のように本を読もうとするのは、いささかおかしい。
 読書はそもそもリスクを伴うものなんです。それが読書です。ですから本を読めばその本が自分を応援してくれると思いすぎないことです。背信もする。裏切りもする。負担を負わせもする。それが読書です。だから、おもしろい。>


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
スポンサーサイト
テーマ : 多読  ジャンル : 本・雑誌


Category: 暮らし

Comment (0)  Trackback (0)

青森へドライブ

今日は孫のすずを連れて青森市に行ってきた。
家内の所用があったので、一緒に行くことにしたのである。
青森市にはもう何年も行っていない。
久しぶりの青森であった。

10時半に家を出て約1時間で青森に到着、用事をすませた後、駅前のA-FACTORYに行った。

2012-3-29-2.jpg

ここは2010年にオープンした商業施設で、県産品販売と飲食関係の店で構成されている。
青森駅東口の海に面した場所に建っている。
オープン以来いちど来たいと思いながらなかなか機会がなかったが、ようやく来ることができた。

2012-3-29-1.jpg

海を眺めながら食事をした。
食後はウォーターフロントを散歩した。

2012-3-29-3.jpg

A-FACTORYに隣接して青森ねぶたの常設展示場「ワラッセ」がある。
こちらもA-FACTORYに続いて昨年1月にオープンした建物である。
赤を基調とした斬新なデザインが目を惹く。
時間があればこちらにも入ってみたかったが、孫を連れているのであまりゆっくりできない。
またいずれかの機会に、ということにして青森を後にした。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 青森のあれこれ  ジャンル : 地域情報


Category: 読書

Comment (0)  Trackback (0)

伊集院静「海峡」

kaikyou.jpg

伊集院静の自伝的長編小説である。
サブタイトルが「海峡 幼年篇」となっているように、この小説は3部作の第一部であり、「春雷」「岬へ」と続いていく。
「春雷」が「少年篇」「岬へ」が「青春篇」となっている。

少年小説といえば、五木寛之の「青春の門」や宮本輝の「泥の河」などがすぐに思い浮かぶが、「海峡」はどちらかと云えば「青春の門」に近い小説という印象であった。
ただ「青春の門」ほど波乱万丈の物語ではなく、ごく日常的なエピソードが主で、その点やや起伏に乏しく、物足りなさを感じた。

伊集院静は1950年生まれということなので、昭和35年前後が時代背景になっているようだ。
ほぼ同年代なので自分の少年時代の記憶と時々ダブることがあった。
また舞台となっているのが、瀬戸内の小さな港町(山口県防府市)というところも幾分共通するところであった。
そういう意味ではなかなか興味深く、身近な物語として読むことができたのである。

これに続く「春雷」「岬へ」もいずれ読んでみようかと思っている。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 本の紹介  ジャンル : 小説・文学


Category: テニス

Comment (0)  Trackback (1)

テニスコートの雪かき

日曜日の昨日、運動公園テニスコートの雪かきに行って来た。
例年の2倍以上積もっている雪を少しでも早く溶かせるための雪かきである。

2012-3-25-yukikaki.jpg

呼びかけに集まったメンバーは20名近く、運動公園の職員たちとともに2時間近く雪かきを行った。
その結果、4面あるコートに幅数十センチほどの溝が数十本出来上がった。
これで少しは溶けるのが早まったかな。
それでも例年なら4月上旬から使えるコートも、今年は中旬以降になりそうだ。
今後は少しでも暖かい日が続くことを願うばかりである。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : テニス  ジャンル : スポーツ


Category: 外国映画

Tags: 戦争映画  

Comment (0)  Trackback (0)

映画「戦火の馬」

senkanouma.jpg

<スピルバーグ監督が『希望』を描く>という惹句に惹かれて観に行った。
2時間半はあっという間に過ぎたから、退屈したわけでも、面白くなかったわけでもない。
泣かせどころにも素直に泣けた。
だがそれ以上でもそれ以下でもなかった。

「プライベートライアン」で第2次世界大戦のノルマンディー上陸作戦を、それまでになかった手法でリアルに描いてみせたスピルバーグが、今度は第1次世界大戦を描いている。
しかし「プライベートライアン」で感じたような驚きや興奮はなかった。
もちろん戦争の悲惨さや最前線の生死を分ける厳しい状況などは、さすがにスピルバーグと思えるリアルな描き方ではあったが。
やはり監督がスピルバーグとなると観る方としても過大な期待をしてしまう。
映画としては平均点以上のレベルだが、それだけでは満足できない。
そうした見方をされるのは、やはり名監督としての宿命であろう。

それにしてもこの映画には、さまざまな映画的記憶が散りばめられている。
「風とともに去りぬ」「影武者」「突撃」「天国の日々」等々。
そうした映画的記憶と重なる場面に出会える楽しみを味わえたのは、映画ファンとしてはうれしいことであった。
そして最後は「家へ帰る(come back home)」というアメリカ映画の好まれる定型で終わるところも、(たとえイギリスが舞台であっても)安定感があって好ましかった。

それにしてもスピルバーグは戦争を舞台にした映画を作るのが好きな監督だ。
そのことをあらためて感じたのであった。


にほんブログ村 映画ブログへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 映画館で観た映画  ジャンル : 映画


Category: 動画

Comment (0)  Trackback (0)

感動のパラパラ漫画

お笑い芸人「鉄拳」が描いたパラパラ漫画である。
フェイスブックで知った情報だ。
パラパラ漫画でもこれだけのことができる。
シンプルだからこそ伝わるものがある。
最後は思わず泣かされてしまった。





ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : アニメ動画  ジャンル : アニメ・コミック


Category: ニュース

Comment (0)  Trackback (0)

寝台特急「日本海」ラストラン

寝台特急「日本海」が17日の運行を最後に幕を引いた。
四国の実家へ帰る際には必ず利用した寝台列車だっただけに、感慨深いものがある。

1968年に運行を開始、以来40年以上に渡って青森、大阪間を走り続けたが、近年は利用する人の数も減り、乗車率は4割までに落ち込んでいたそうだ。
これも時代の流れなのだろう。

寝台列車の旅には、独特の味わいがある。
ちょっと物悲しいような旅情は、夜汽車ならではのものである。
なかでも雪の降る夜などは、ことのほか淋しさが胸に迫ってくる。
日常から離れるのが旅の魅力のひとつだが、夜汽車にはことのほかそうした情緒が味わえる。
しかしそうした魅力も、便利さの前には次第に隅に押しやられてしまったということだろう。
これで昭和の思い出が、またひとつ姿を消したのである。

「日本海」でのいちばんの思い出は、30年近く前の帰省の際、新潟県新発田市近辺で台風の影響によって列車が立ち往生してしまったことである。
強風によって大木が線路上に横倒しになり、列車がストップしてしまったのである。
列車が再び動き出すまでの数時間、途中朝食が配られたことはよく憶えているが、どんなふうに時間をやり過ごしたかは憶えていない。
しかし通常は18時間で実家に到着するところを、このときは24時間かかったのだから、都合6時間を停まった列車のなかで過ごしたわけだ。
幼い娘2人を連れていたので、おそらく飽きて無理を言って困らされたのではないかと思うが、そうしたことはいっさい憶えていない。
しかしそれも今となってはいい思い出である。
そんなことを思い出しながらラストランのニュースを見ていたのであった。




ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 鉄道旅行  ジャンル : 旅行


Category: 読書

Comment (0)  Trackback (0)

天童荒太「悼む人」

itamuhito.jpg

旅をしながら、見ず知らずの人の死を分け隔てなく悼む、静人(しずと)という青年を登場させることで、人が生きるということ、そして死ぬということについて深く掘り下げようとした小説である。
この難解なテーマでどう物語を展開させていくのか、小説としてどう結末をつけるのか、そしてファンタジーといってもいいような内容の物語に、どうリアリティーを持たせるのか、そんな興味に引きずられながら読み進んでいった。
時には疑問に感じ、時には息苦しさを覚えながら。
おそらく作者も迷い苦しみながらの執筆だったのではなかろうか。
それほど難しく重いテーマの小説である。
けっして読みやすい小説というわけではない。
むしろこうしたテーマを追求するために、娯楽性を無視し、ときに冗漫に、ときに迷路に迷い込むような印象をもつが、しかしそれでも敢えて前へ進もうとする作者のただならぬ情熱がひしひしと伝わってきた。
そして不器用ではあっても、とにかく真摯に前へ進むことで何かを掴もうとした「悼む人」静人の姿とも次第に重なってきたのであった。
親殺し、子殺し、イジメによる殺人、そうした無残な死が頻繁に起きる今の時代に、これは出るべくして出てきた小説という気がする。
そしてそうした混迷の時代だからこそ、この小説で語りかけようとした作者の勇気ある試みが、特別価値あるものとして感じられたのであった。

一種のファンタジーであるかもしれないが、けっして現実のわれわれから遠い存在というわけではない。
そのことを肝に銘じながら、ようやくにして読み終えたのであった。
そして読み終わったのが、奇しくも東日本大震災が一周年を迎えた一昨日であったことに、今気がついた。
その偶然性が強く心に残ったのである。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 小説  ジャンル : 小説・文学


Category: 暮らし

Comment (0)  Trackback (0)

初顔合わせ

毎週木曜日は、孫のすずを預かる日である。
先日の木曜日も朝早くに娘に連れられて、わが家にやってきた。
普段だと娘はそのまま出勤することになるのだが、昨日は休みがとれたので、久しぶりにいっしょに過ごすことになった。
しばらくすると次女が、孫の瑚太郎を連れてやってきた。
さっそくすずと瑚太郎の対面であった。

2012-3-8-1.jpg

これがすずと瑚太郎の初顔合わせである。
しかし、すずはあまり関心を示さず、ちょっと拍子抜け。
それに比べて大人たちのほうは、けっこう盛り上った。

次女は1時間ほどいて、瑚太郎を沐浴させた後、用事があるとのことで帰っていった。

さてお昼をどうしようかということになり、久しぶりなので外食することにした。
そこでどうせなら、黒石の「ル・グレ」に行こうということになった。
これも久しぶりのことで、秋以来のことになる。

2012-3-8-2.jpg

当然ロシェルもいっしょである。
天気もよく道路上の雪もなくなっていたので、走りはいたって快調であった。
雪のない季節と変わらず30分ほどで到着した。
しかしさすがに「ル・グレ」のまわりは雪の山であった。
駐車場だけはきれいに除雪がされていた。
まだまだシーズン前なので駐車場にはほとんどクルマは停まっていないと思っていたが、予想に反しての満車であった。
それでも脇のほうにわずかにスペースが空いていたので、何とか停めることはできたが。
こんな季節でも多くの客が訪れている。
固定したファンが大勢いるということだ。
ちょっと日常を離れた場所で食事をすることに魅力を感じてのことだろう。
われわれ家族の場合も同じである。

さっそくいつものメニューで昼食を摂った。

ところで「ル・グレ」のご夫婦にも昨年お孫さんが誕生した。
この日は偶然にも娘さんがお孫さんを連れて帰ってきており、ご主人が抱いて現れた。
そこでこちらもすずを抱いていっしょに記念撮影をすることにした。

2012-3-8-3.jpg

こちらの写真である。
「イクジイ(育爺)ふたり」とからかわれながらの撮影であった。

食後はロシェルを雪の中で思い切り遊ばせた後、帰路についた。
近づく春を感じながらの遠出であった。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 楽しく生きる  ジャンル : ライフ


Category: 読書

Tags: 中野翠  エッセイ・評論  

Comment (0)  Trackback (0)

中野翠「毎日一人はおもしろい人がいる」

mainitihitori.jpg

有名無名を問わず、その日目にした人間のなかで、いちばん気になった人を俎上にあげて、書き綴ったコラム集である。
2001年に講談社のウェブマガジンで連載されたものをまとめた本である。
何よりも1年間一日も休まず書き続けたことにまず驚かされる。
しかもその内容がすべて面白い。
人間観察の鋭さに何度も唸らされたのであった。

まず「まえがき」からその一部を紹介すると、次のように書いている。

<平凡きわまりない家庭に育って、一人暮らしを始めたのは29歳と11ヶ月という、何だか「いかにもーっ」のトシだったのだけれど、淋しいと感じたことはほとんどない。はっきり言って、さっぱりしてしまった。父母をはじめ家族のことは人一倍って言っていいほど愛しているのに、「それはそれ、これはこれ」という感じで、すぐに一人暮らしにフィットしてしまった。今や他人との共同生活は考えられない。どんなに気の合った人とでも。
 一人がいい、ということは、もしかして私は人間嫌いということなのだろうか?
 ずいぶん昔に見たヴィスコンティ監督の『家族の肖像』(74年)という映画を思い出す。ローマの広大な邸宅に一人で棲む老教授。この老人は、家族の団欒を描いた絵の一大コレクションを持っている。絵の中の家族を眺めるのは好きだが、現実の家族は嫌いという気難しい人間だ。私は、あの老人と同じなんだろうか?
 似ているようでもあるし、全然似ていないという感じもする。
 映画を見たり、本(特に人物評伝もの)を読んだり、落語を聴いたり、街を歩いたり・・・・いろいろなことが好きだけれど、やっぱり私の一番の関心の的は人間だ。私はこの世の中がおもしろくてたまらないのだ。「おもしろい」という言葉には、「滑稽だ」という思いばかりではなく「興味深い」という思いもこめられている。人間社会は、滑稽で、奇怪で、謎めいていて・・・興味深い。
 私はあまりにもこの人間社会に心を奪われてしまっているのだろうか?絵の中の家族の肖像を飽きもせずに眺めている、あの老教授のように?人間社会を眺めているだけで満腹気分になってしまって、それで、一人でしか暮らせなくなってしまったんだろうか?自分でもよくわからない。
 とにかく、毎日一人はおもしろい人がいる。時どき心のうちで「今日の一等賞はこの人」なあんて思うこともある。
 それを書きとめておきたいと思った。書きとめておかないと、スーッ、スーッと忘れてしまう。その程度の小感動も多いので。それでとりあえず、一年間(’01年)記録することにした。>

こうやって始まった連載であったが、とにかくあらゆる人物が登場する。
街ですれ違っただけの人から、ニュースで流される犯罪者や話題の人たち、俳優、タレント、スポーツ選手、小説家、画家、政治家と、目にとまった「今日の一等賞」の人が次から次へと俎上にあげられる。
その目の鋭さと確かさは、コラムニスト中野翠の面目躍如といったところである。

2001年という年はアメリカで9・11テロがあった年である。
そのことについてはわりあいサラリと流して書いているが、その翌月の10月1日には古今亭志ん朝が亡くなっている。
毎晩落語を聴きながら眠りにつくほどの落語好き、なかでも志ん朝が特にお気に入りという彼女にとって、これは重大事件であった。
そのため、ほとんど茫然自失といった状態に陥っている。
その日のコラムの最後は、こんな風に書いている。
<毎晩、落語CDを聴きながら眠りにつくのが習慣になっているのだが、今夜はとてもそういう気分になれず。有名人の訃報にこんなに衝撃を受けたのは、1970年の三島由紀夫の時以来だろうか。長嶋引退、イチロー新人最多安打、高橋尚子世界記録ー全部吹き飛んだ。>
そして10月6日の葬儀・告別式に列席、心身ともにフラフラになって帰宅、翌日には<目が醒めると、まず「志ん朝さんはもういないんだ」と思う。まずい。こんなだらしないことでは、志ん朝さんも浮かばれない。「おセンチ」もいいかげんにしないと、ね。>と書いている。
そんなライブ感が味わえるのも、また面白い。

365日で365人の人物を採り上げているが、それだけでは終わらず、それ以外にもさまざまな人物が登場することになる。
結局この本で採り上げられた人間の数は、名前の知られた人たちだけでも軽く600人は越えている。
さらに無名の人たちも加えると、おそらく700人以上になるのではなかろうか。
この数を見ただけでも「一番の関心の的は人間だ。」というのが頷ける。
そしてその旺盛な好奇心に拍手を贈りたくなってくる。
まえがきには<まあ、気楽な本です。二十一世紀の最初の一年を思い出す手がかりにはなるでしょう。ひろい読みも可>と結んではいるが、なかなかどうして奥の深い本である。
ひろい読みだけではもったいない。
気に入った箇所は何回も繰り返し読みたくなってしまう。
こちらの好奇心も大いに刺激された。
そしてまだまだこの続きも読んでみたい、という気にさせられたのであった。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 本の紹介  ジャンル : 小説・文学


Category: 行事・記念日

Comment (0)  Trackback (0)

ひと足早い雛祭り

2012-3-1-1.jpg

2012-3-1-2.jpg

今日は孫のすずがやってくる日である。
それに合わせてちょっと早いが、雛人形を飾ることにした。
昨年は初節句だったが、早いものでこれで2回目の雛祭りになる。
気がつくとあっという間に時間が過ぎている。
これからもこんな風に、一年一年が過ぎてゆくのだろう。
そしてこういった節目が訪れるたびに、こうした感慨をもつことになるのだろう。

今日は快晴のいい天気である。
3月下旬の陽気だそうだ。
家にいるのがもったいないような天気である。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 日々の暮らし  ジャンル : ライフ


カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2008年)還暦です。
性別:男

還暦という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

1234567891011121314151617181920212223242526272829303103 2012