風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 日本映画

Comment (0)  Trackback (0)

映画「真実一路」

sinjituitiro.jpg

昨夜NHK BSで映画「真実一路」を観た。
川島雄三が松竹時代に監督した作品である。
これまでに観た川島作品は計17本、生涯撮った作品が51本だからまだ半分にも満たない。
代表作といわれる作品はいちおう観てはいるが、それでもファンとしてはもっといろいろと観てみたい。
しかし、何ぶん観る機会が少ない。
せいぜいNHKで放映される作品を頼りにするくらいが関の山なのである。
そういうことで昨夜の放映は、久々に訪れた川島雄三作品を観る機会だったわけである。

「真実一路」は1954年の松竹作品である。
原作は山本有三の小説である。
1937年に田坂具隆監督によっていちど映画化されているので、これは2度目の映画化ということになる。

この映画を撮った翌年、1955年に川島監督は日活に移籍しているので、その前年の作品ということになる。
この頃の川島監督は松竹の御用監督としての立場に甘んじており、どんな作品でも器用にこなす監督として重宝されていたようだ。
そのほとんどが小品であったが、これは彼にとって初めての大作であった。

物語の内容は複雑な家庭環境に育った少年の成長を軸に、事情があって別れた母親の姿を描いたものである。
印象としては可もなく不可もなくといったところであった。
所々に印象に残る台詞などもあったが、後の川島作品に見られるような切れのよさは見られなかった。
やはり彼が本領を発揮するのは、日活移籍後ということになるようだ。

「BSシネマ 山田洋次監督が選んだ日本の名作100本~家族編~」のなかの1本としての放映であったが、この映画を選んだ理由を、山田洋次監督は次のように語っている。
かつて若かりし頃、先輩から「川島監督の最近の作品でいいのは『真実一路』だぞ」と教えられた。
そこには「大船の良質の文芸映画の、あるいはホームドラマの基本的な撮り方がちゃんと守られている」と。
そしてその言葉通りに、この映画はきちんとした映画なのだ、と山田監督は言うのであった。
さらに山田監督が松竹に入社後助監督として初めてついたのが、川島雄三監督の松竹最後の作品であったということだ。
そんなことからもこの作品には特別の愛着を感じているようであった。

主演は淡島千景、共演が桂木洋子、山村聡、佐田啓二、須賀不二夫など。
助監督に中平康の名前があるのが、ちょっと興味深かった。


にほんブログ村 映画ブログへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
スポンサーサイト
テーマ : 日本映画  ジャンル : 映画


Category: 地域情報

Comment (0)  Trackback (0)

引き続き大雪

1-28-ooyuki.jpg

昨日の朝は起きてビックリ。
20センチ近くの雪が積もっていた。
しかも除雪車は来ていない。
そのため隣近所総出で早朝の雪かきである。
約1時間近くの作業で、道路側の雪はなんとか片付いたが、庭の雪はそのまま。
結局夕方と夜に残りの雪を片付けてようやく終了。
しかし雪はなおも降り続き、今日も朝から雪かきであった。

真冬日が6日間続いている。
積雪も90センチを越えた。
引き続き大雪警報が出ているので、今日にも積雪は1メートルを越えるかもしれない。
1月でこの雪なのだから、ピークを迎える2月になると、いったいどうなることやら。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 地域情報  ジャンル : 地域情報


Category: 地域情報

Comment (0)  Trackback (0)

ホワイト・アウト

12-26-1.jpg

孫を送っていった途中の道路の様子である。
地吹雪のなか、視界が利かない状態での運転である。
写真で見ると視界はかなり鮮明だが、実際はほとんど見通しが利かない。
また大型トラックとすれ違うと、風圧で雪が吹きつけられて、さらに視界が悪くなる。
ほとんど視界ゼロといった状態になってしまう。
白一面の道路は、どこからどこまでが道路なのか判然としない。
そんななかを走っていると、果たしてクルマが動いているのかどうかさえ分からなくなってしまう。
ホワイト・アウトである。
まさに命がけの運転である。
こうしたときは、ちょっとしたハンドル・ミスが事故に繋がってしまう。
そんな予感をひしひしと感じながら、緊張の連続であった。
久しぶりに遭遇した怖い運転であった。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 地域情報  ジャンル : 地域情報


Category: テニス

Comment (0)  Trackback (0)

錦織圭、全豪オープンベスト8進出



nisikori-zengou.jpg

錦織圭が全豪オープンで第6シードのジョーウィルフリード・ツォンガ(フランス)を2―6、6―2、6―1、3―6、6―3で破り、四大大会初のベスト8入りをした。
快挙である。
準々決勝では、世界ランキング4位で第4シードのアンディ・マリー(英)と対戦することになる。
この勢いできっと素晴らしい試合を見せてくれるのではなかろうか。
大いに期待したい。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑


Category: 心に残る言葉

Comment (0)  Trackback (0)

64回目の誕生日

昨日は64回目の誕生日だった。
この歳になると特別感慨もなく、また誕生祝いをするわけでもなく、ごく普通の日常と何ら変わりがない。
しかし昨年始めたフェイス・ブック上では、100人以上の人たちからお祝いのコメントやメッセージをいただいた。
こんなに大勢の人たちから祝ってもらったのは初めてのこと。
驚くと同時に、その心遣いに心の底からうれしさがこみ上げてきた。
「おめでとう」のひと言ひと言が、身に沁みた。
感謝感激の一日であった。
そしてフェイス・ブックのよさを改めて感じた一日でもあった。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 贈り物・プレゼント  ジャンル : ライフ


Category: 地域情報

Comment (0)  Trackback (0)

厳しい寒さ

一昨日は孫の子守の日だった。
その夜は娘と孫がわが家に泊まった。
翌日娘が出社した後、いつものように孫を鶴田の家まで送っていった。

-7.jpg

出発する時、ふとクルマのディスプレーを見ると、何とマイナス7度を表示している。
時間は午前8時9分、この時間にこの気温というのは珍しい。
陽が射す好天なので、おそらく放射冷却で気温が下がったのだろう。

juhyoh.jpg

この厳しい寒さに、木の枝にも氷が張り付いている。
ミニ樹氷といった状態である。
これも珍しい風景だ。

2012-1-19.jpg

2012-1-19-2.jpg

道々見ていくとどの樹木も同じように真っ白になっている。
なかなか風情のある情景であった。
それを楽しみながらのドライブは、雪が降っていないこともあって、すこぶる快調であった。

-9.jpg

-10.jpg

途中時々ディスプレーを見てみると、時間とともに気温が下がっていく。
弘前よりも鶴田方面のほうが寒いということか、それとも放射冷却の影響が時間とともに強まっていくせいなのか。
ちょっと不思議な現象に興味津々のドライブであった。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 地域情報  ジャンル : 地域情報


Category: ニュース

Comment (0)  Trackback (0)

第146回直木賞

第146回直木賞は葉室麟が受賞した。
もうすでに受賞しているものとばかり思っていたので、受賞のニュースを聞いて意外な気がした。
彼の小説は以前「銀漢の賦」と「秋月記」を読んだことがある。
どちらも本格的な時代小説で、強く印象に残っている。
以来彼のファンになったので、今回の受賞はことのほかうれしい。
これを機会にまた彼の小説を読んでみようと思っている。
もちろん受賞作の「蜩の記」も。

higurasinoki.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 本の紹介  ジャンル : 小説・文学


Category: 弘前

Comment (0)  Trackback (0)

雪の弘前公園を散歩

好天に誘われて弘前公園まで散歩に出かけた。
気温はおそらく零下だろうが、日差しがあるのであまり寒さは感じなかった。

カメラを持ったアマチュア・カメラマンの姿がちらほら、雪の弘前公園を撮ろうと散策しているようだ。
こちらも負けずにコンデジでパチリ。
その時の写真である。

P1020166.jpg

P1020172.jpg

P1020183.jpg

P1020187.jpg

P1020191.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 冬の景色  ジャンル : 写真


Category: 地域情報

Comment (0)  Trackback (0)

雪はひと休み

今年の雪は例年の2倍から3倍の積雪量だそうだ。
これは降る量が多いというよりも、寒さが厳しいために雪が溶けないことが原因らしい。
そういえば今月に入って真冬日が10日もある。
この寒さのなか連日雪が降るのだから、雪は増える一方だ。
弘前でも積雪が80センチに達した。

しかし、昨日はその雪もようやくひと休み、依然真冬日は続いているが晴れ間の出る穏やかな天気になった。
こういう時は雪片付けのチャンスである。
これまで溜まった庭の雪の片付けを頑張ってやった。
気がつくともう2時間以上もやっていた。
それでもまだまだ片付かない。
今日もまた朝から作業である。
この穏やかな天気は数日は続くそうなので、この機会に出来るだけやってしまおうと考えている。

P1020144.jpg
屋根から落ちた雪を削って通路をつけた。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 日々の暮らし  ジャンル : ライフ


Category: 地域情報

Comment (0)  Trackback (0)

除排雪車出動

1-10-1s.jpg

1-10-2s.jpg

一昨日、わが家周辺の道路で、除排雪作業が行われた。
除雪車が道路の雪を削り取り、それを排雪車がトラックの荷台へと積み上げていく。
その作業が半日続き、すっかり道路がきれいになった。
作業前は積み上げられた雪の山で道路が狭まり、道幅が一車線状態になっていた。
そのためクルマ同士がすれ違うのが大変だったが、これでスムーズにクルマを走らせることができる。
大助かりである。
それでも、またまた大雪警報(今度は注意報でなく)が出ており、依然雪が続くようだ。

何度も書くが、今シーズンは本当に雪が多い。
この大雪の影響で、各地でいろんな被害が出ている。
先日も、弘前公園の樹齢100年を越えるシダレ桜の大木が、雪の重みで倒れたそうだ。
その木の植え直し作業が、昨日行われた。

uekae.jpg

元通りに花が咲くまでには、5年から10年はかかるそうだが、うまく根づいて再生することを願うばかりだ。
また青森市では積雪が今シーズン最多となる117センチを記録した。
60センチの弘前でもこの状態なのだから、その倍近くある青森市はいったいどんな状態なんだろう。
ほんとうに大変だ。
まさに雪との戦いの日々である。

大雪警報が出た昨夜は、20センチ近くの雪が降った。
今日は仕事が休みなので、一日中雪かきに追われそうである。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 地域情報  ジャンル : 地域情報


Category: 日本映画

Tags: 川本三郎  

Comment (2)  Trackback (0)

映画「マイ・バック・ページ」

my-back-page-1.jpg

1960年代半ばの早稲田大学授業料値上げ反対闘争に端を発した学園紛争は、瞬く間に全国へと飛び火した。
そしてベトナム戦争、安保、成田空港建設反対といった運動と結びつくことで、日本中を嵐の渦へと巻き込んでいった。
当初は大学個別の問題だったものが、大学の枠を飛び越え、そうした運動と連帯することで大衆運動化し、次第に革命前夜を思わせるような熱気と混乱を見せていったのである。
しかし運動は徐々に先鋭化、過激な暴力を伴った直接行動へと奔っていくなかで、次第に大衆の支持を失い失速、大きく後退していくことになる。
この映画はそうした時代を背景に描かれた物語である。
原作は評論家川本三郎氏の実体験に基づいた同名のノンフィクション。
彼が週刊朝日(映画では週刊東都)や朝日ジャーナル(映画では東都ジャーナル)の記者をしていたときに出会った事件の苦い体験を書いている。

1960年代後半、時代は熱を帯びていた。
海の向こうではベトナム戦争があり、アメリカでは激しい戦争反対運動が起きていた。
「ラブ&ピース」が叫ばれ、ウッドストックでは大規模な野外ロック・コンサートが開かれ、パリでは五月革命が起き、世界規模の反体制運動の嵐が吹き荒れていた。
「大学解体」「自己否定」「造反有理」、そんな言葉が飛び交っていた。
また闘争のなかで、数多くの死があった。
そうしたすべてのものが時代の渦となって押し寄せ、それぞれの人間に向かって「自分とは何か」「何をすべきか」といったさまざまな無言の問いかけが迫られた。
川本氏(映画では沢田)も、もちろん例外ではなく、そうした問いかけのなかでジャーナリストとして自分はどうすべきかと思い悩む。
ベテラン記者や先輩記者からは甘い、センチメンタルだと批判されながらも、そうした葛藤から抜け出すことができなかった。
そして闘争に関る人間たちとの間に距離を感じ、何もできない自分に苛立ちと後ろめたさを感じては、悶々とした日々を過ごしていた。
そんななか、ひとりの男と出会う。
活動家を名乗る梅山(本名・片桐)という男であった。
正体のよく見えない梅山に疑念を抱きながらも、宮澤賢治を愛読し、CCR(クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル)の「雨を見たかい」をギターを弾きながら歌う彼にかすかなシンパシーを感じ始める。
また記者として、スクープをものにしたいといった功名心も手伝って、しだいに深みへと嵌まっていくことになる。
そして起きた事件が、「朝霞自衛官殺害事件」だった。

my-back-page-3.jpg

松山ケンイチが得体の知れなさ、無邪気さ、愚かさ、さらには人をたらしこむカリスマ性をもった梅山という男をうまく演じている。
「革命」を声高に叫びながらも、一方では計画は杜撰で誤魔化しが多く、「革命」などとうてい実現するとは思えないほど戦術的に幼稚、しかも武器調達のために侵入した自衛隊基地からは武器のひとつも奪うことができない。
後に沢田が「どうして信じてしまったのだろう」と呟くのもむべなるかなといった男である。
しかしそれは昂揚した時代の熱気を抜きにしては考えられないことであった。
結局彼は時代が生み出した歪んだモンスターなのかもしれない。
だが、それを単なるモンスターとして描くのではなく、ときに見せる少年のような無邪気な顔や悩める姿を挿入することで、振り幅の大きい人間として描いてみせる。
それによってその歪(いびつ)さがよりリアリティーのあるものになってくる。
結局彼も実態はごく普通の学生で、ただ時代の熱気のなかで革命思想に触れたことで、次第に革命という幻想に囚われてしまった人間だということなのかもしれない。
そうした描き方があったればこそ、沢田が彼を信じ、彼の思惑通りに振り回されてしまったのである。

結局梅山のやった行動は政治・思想運動などではなく、誤解を怖れずに言えば擬似「政治・思想運動」だったということだ。
さらに言うならば「革命ごっこ」に狂奔していたということである。
そしてその熱気のなかで次第に歯車が狂い、行き着くところまで行ってしまったのが、この映画で描かれた「自衛隊襲撃事件」であり、「連合赤軍派事件」だったのではなかろうか。

映画評論家の川本氏がモデルということもあって、劇中、映画にからんだシーンがいくつか登場してくる。
たとえば、たまの休日に沢田が映画館に足を運んで映画を観るといった場面がいくつか描かれるが、その時スクリーンに写し出されるのは、川島雄三監督の「洲崎パラダイス・赤信号」であった。
川本氏が愛してやまない名作である。
こういう何気ないシーンに惹きつけられる。

my-back-page-4.jpg

また週刊東都の表紙モデルを務めた女学生と親しくなり、いっしょに映画を観に行くシーンがある。
ジャック・ニコルソン主演の映画「ファイブ・イージー・ピーシス」であった。
そして映画の後、その映画について話し合う。
そのとき、彼女はこの映画でジャック・ニコルソンが泣くシーンが好きだと言う。
そして「私はきちんと泣ける男の人が好き」とも言う。
それに対して沢田は「泣く男なんて男じゃないよ」と切り返すが、このやり取りは後のシーンの重要な伏線になっている。
全体の流れのなかでは、さして重要とも思われないような何気ないシーンではあるが、このシーンが最後に大きく生きてくる。
こうしたシーンが、映画のなかでは一服の清涼剤の役目を果たしており、この映画のもつ重苦しさを、一時的にせよ緩和させる役割を果たしていて、好感が持てる。

監督は「どんてん生活」「リアリズムの宿」などの脱力系映画を得意とする山下敦弘。
シナリオとカメラは、ともにコンビを組んできた向井康介と近藤龍人。
これまでの作品と違って今回は骨太でシリアスな作品に正攻法で挑んでおり、渾身の一作になっている。
これでまた新たな境地が開けてきたのではなかろうか。

何者かになりたかった若者ふたりが、熱い時代のなかで交錯し、結局挫折するしかなかった不幸な物語、そんな重苦しい映画ではあるが、同じ時代を生きた者として、無関心で通り過ぎることのできない映画であった。
そしてこの映画を凝視するうちに、自分もあの中のどこかに確かにいたんだといった感慨を覚えたのであった。
「青春の墓標」とでも呼びたい映画であった。

最後にこの映画について原作者の川本氏が寄せた文章があるので、その一部を載せておく。

<映画「マイ・バック・ページ」は「私」を、敗けた人間として描いている。その通りだと思う。決して、権力と戦った格好いい若者の話ではない。しかし、敗北をきちんと描くことが、いかに難しいか、そして、いかに大事なことか。
 恩師、文化人類学者の山口昌男先生に『「挫折」の昭和史』『「敗者」の精神史』という名著があるが、私もまた、あの事件のあと、ずっと、敗北と挫折にこだわってきた。映画を論じる時も、つねに敗者の側に立つ映画を支持してきた。
 今度の大震災のあと、思想家の鶴見俊輔氏が「敗北力」という言葉を使われていた。自分の敗北をきちんと見つめて、そこから再び立ち上がる。映画「マイ・バック・ページ」にはその「敗北力」が確かに感じられた。いつもいつも「明るく、楽しい」映画ばかりが必要なわけではない。
 困難な時代にはむしろ、暗く重い映画こそが励ましになることがある。負の力がむしろ人間を鍛えてくれることがある。
 妻夫木聡さんも松山ケンイチさんも素晴らしい。本当に有難い。個人的なことになるが、三年前に、三十五年連れ添った家内を亡くした。六十六歳のいま、この映画を作ってもらって本当にもう「いつ、死んでもいい」という気持ちである。>


にほんブログ村 映画ブログへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : DVDで見た映画  ジャンル : 映画


Category: ニュース

Comment (0)  Trackback (0)

火事

昨日近所で火事があった。
ちょうどその付近を通りかかった時に一軒の家から煙が出ているのに気づいた。
出火したばかりのようで、住人が避難を始めていた。
そうこうするうちにまたたく間に燃え広がり、黒煙が大きく巻い上がっていった。

2012-1-8-kaji1.jpg

2012-1-8-kaji2.jpg

2012-1-8-kaji3.jpg

消防隊はまだ来ていなかったが、数分後サイレンを鳴らした消防自動車がつぎつぎと到着、あたりは騒然となってきた。
隊員たちの指示を出す怒鳴り声が飛び交う。
一刻一秒を争う消火作業がつぎつぎと行われていく。
さらに警察官やカメラを抱えた新聞記者なども駆けつけた。
大勢の野次馬がその様子を遠巻きに見守っている。
現場は次第に緊迫した空気に包まれていった。

しかし消火作業が早かったこともあってか、結局全焼には至らず、隣家への類焼なども免れたようである。
駆けつけた消防自動車10数台、パトカー2台であった。
ストーブなど火を扱うことの多いこの季節、じゅうぶん注意しなければとあらためて思った次第である。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 地域情報  ジャンル : 地域情報


Category: 地域情報

Comment (0)  Trackback (0)

大雪

201201-7.jpg

大雪注意報の出た一昨日の降雪量は24センチ、これで積雪量も70センチ近くになった。
道路脇にはいたるところ積み上げた雪の山で、街全体が雪に埋もれている。
毎度雪の話題ばかりで変りばえがしなくて申しわけないが、こう毎日雪が続くとどうしても書いてしまう。
週間天気予報によれば依然雪は毎日のように降るようで、まだまだ積もりそうだ。
こうなればどこまで降るか、ひとつ見てやろうじゃないかと居直った気持ちになってきた。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 地域情報  ジャンル : 地域情報


Category: 日本映画

Comment (0)  Trackback (0)

正月は映画三昧

正月休みの2日間はもっぱらレンタルしてきたDVDを観て過ごした。

2012-1-6-youga.jpg

借りたのはアルゼンチン映画の「ルイーサ」とスペイン映画の「ペーパーバード 幸せは翼にのって」の洋画2本と「マイ・バック・ページ」、「まほろ駅前多田便利軒」、「八日目の蝉」の邦画3本。

2012-1-6-houga.jpg

洋画はいまひとつだったが、邦画はいずれも面白いものばかり、アタリであった。
とくに「マイ・バック・ページ」はズシンと心に響いた。
以来この映画について、そしてこの時代について考え続けている。
感想を書きたいと思っているが、なかなか前に進まない。
果たしてどんな内容になるのか、少し時間がかかりそうだ。


にほんブログ村 映画ブログへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : DVDで見た映画  ジャンル : 映画


Category: 地域情報

Comment (0)  Trackback (0)

積雪

2012-1-6-yuki.jpg

昨年のクリスマス以来弘前の積雪は、ほぼ50センチの高さを維持している。
少しは融けたかなと思ってもすぐに雪が降り、ほとんど減ることがない。
これは例年に比べると2倍の量になるそうで、各地の雪も例外ではないという。
ほんとうに今年は雪が多い。
連日雪かきに追われている。
雪かきはあまり苦にならないほうだが、それでもたまには休みたいと思う今日この頃である。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 地域情報  ジャンル : 地域情報


Category: 暮らし

Comment (0)  Trackback (0)

娘と孫が退院

暮れから出産のために入院していた娘が昨日退院した。
孫の瑚太郎にとっては初の外出になる。
雪の降るなかでの退院であった。

夜になると夕食を携えてわが家にやって来た。

2012-1-4.jpg

すしをつまみながらビールで乾杯、無事退院できたことをささやかに祝った。
母子ともに何事もなく退院できたことは当たり前といえばそうなのだが、ほんとうによかった。
心の底からそう思った。
ビールがうまかった。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 今日の出来事  ジャンル : ライフ


Category: 行事・記念日

Comment (0)  Trackback (0)

謹賀新年

2012-1-1-2.jpg

新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

大晦日の昨日は墓参りに行き、帰路そば屋に寄って年越しそばを食べた。

2012-1-1-3.jpg

夜は夫婦ふたりですき焼きを食べながらの「紅白」観賞、型通りの年越しであった。

今朝は初日の出を拝もうと散歩の途中しばらく待ってみたが、雲に邪魔をされて結局初日の出を見ることはできなかった。
残念!

昼近くになると長女夫婦が孫を連れて新年の挨拶に訪れた。
そして久しぶりに夫婦ふたりで出かけるからということで孫を預かることになった。
孫はいつものことなので、嫌がらず泣きもせず、親孝行な娘である。

夜は娘夫婦と、次女の連れ合いも加わって食事をした。
ここ数年は家内とふたりだけの正月だったので、今年は一転賑やかな正月になった。

2012-1-1-1.jpg

家内の手料理にも自然と力が入ったようで、おいしいものばかりが揃っている。
そんなわけでうまい酒を呑み、正月らしい正月を久しぶりに過ごすことができたのであった。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : お正月  ジャンル : ライフ


カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2008年)還暦です。
性別:男

還暦という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

1234567891011121314151617181920212223242526272829303101 2012