FC2ブログ

風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 読書

Tags: 乙川優三郎  時代小説  短編小説集  

Comment (1)  Trackback (0)

乙川優三郎「五年の梅」

gonennoume.jpg
乙川優三郎「五年の梅」を読了。
これは2001年の山本周五郎賞を受賞した短編集である。
「後瀬の花」「行き道」「小田原鰹」「蟹」「五年の梅」の5編が収められている。
どの作品もよかったが、なかでも「小田原鰹」と「五年の梅」が心に残った。
「小田原鰹」は情がなく、女房にも息子にも見捨てられたダメ男が、辛酸をなめた後に人間らしく再生していくという話。
老いの心細さのなかで、人生の機微に触れることで、しだいに変わっていく男の生き様に心動かされる。
「五年の梅」は親友のために藩主を諫めた主人公が、蟄居を命ぜられ、そのために許嫁を不幸に陥れることになってしまう。
それを悔いた主人公が、苦難の末に許嫁を不幸な境遇から救い出そうとするというもの。
5編は、いずれも生きることに躓きながらも、再出発を果たそうとする人々の姿を描いている。
思い通りにいかないのが人生である。悔いの多いのも人生である。
だがそうしたなかにあっても、懸命に生きることで希望を見出していくのも人生である。
「結局、近道などなかった・・・」(「五年の梅」)という感慨が、どの作品の底にも流れている。
しみじみとした読後感が味わえる短編集であった。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
スポンサーサイト



テーマ : 短編小説  ジャンル : 小説・文学


カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2018年)70歳です。
性別:男

還暦(10年前)という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

月別アーカイブ
cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

1234567891011121314151617181920212223242526272829303112 2009