FC2ブログ

風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 読書

Tags: 村上春樹  

Trackback (0)

「海辺のカフカ」と「イン・トゥ・ザ・ワイルド」

umibenokafka.jpg
先日、県立図書館から借りた村上春樹の「海辺のカフカ」上巻をたった今読み終えたところだ。
読み始めは、なかなかその世界に入っていけず、一日数ページという状態が続いていたので、今回もまた村上春樹の小説は途中でギブアップしてしまうのかと思っていたが、3日前から俄然その世界に没入し始め、その後は一気に読み終えてしまった。
こうなると下巻を早く読みたくなってしまう。
さっそく下巻の予約をすることにした。

ところで、「海辺のカフカ」は15歳の少年が家出をして図書館で暮らすという物語だが、先日レンタルして観た「イン・トゥ・ザ・ワイルド」も22歳の青年が家出をしてアラスカの大自然の中で暮らすという映画だった。
その偶然性が面白く、そこに何か符号のようなものがあるのではないかと思ってみたりする。
そんな考えが浮かんでくるのも、、「海辺のカフカ」を読んだせいかもしれない。
into-the-wild.jpg
「海辺のカフカ」のなかで主人公の少年が森の中で、ひとりで過ごす章は、「イン・トゥ・ザ・ワイルド」のアラスカでの生活と共通したものがある。
どちらも大自然の中で孤独な生活を体験することで、自分自身と向き合う。
自然と対話し、本を読み、思索するなかで、人生についてのさまざまな示唆を受ける。
そして自分の中の何かが変化し、少しだけ成長する。
「海辺のカフカ」は寓意性に富んだ物語で、「イン・トゥ・ザ・ワイルド」は実際にあったことの映画化といった違いはあるものの、その底に流れるものには共通したものを感じる。
そんなことを考えていると、ますます「海辺のカフカ」の下巻を読むのが楽しみになってきた。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ 
 ↑ クリック、お願いします。 ↑
スポンサーサイト



テーマ : つぶやき  ジャンル : 日記


カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2018年)70歳です。
性別:男

還暦(10年前)という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

月別アーカイブ
cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

1234567891011121314151617181920212223242526272829303103 2009