FC2ブログ

風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: SONGS

フランク永井、死去

frank-nagai.jpg

「有楽町で逢いましょう」「君恋し」など、数々のヒット曲で知られ、魅惑の低音で人気のあった歌手、フランク永井(本名・永井清人=ながい・きよと)さんが10月27日午後6時、肺炎のため亡くなった。76歳だった。
葬儀は近親者だけで済ませた。連絡先は東京都渋谷区神宮前5の52の2のビクター音楽芸能。喪主は姉、美根子さん。

宮城県生まれ。高校卒業後に上京し、米軍キャンプでジャズやポップスを歌い始めた。テレビののど自慢番組の出場がきっかけで、1955年にジャズ歌手として、「恋人よ我に帰れ」でデビューした。歌謡曲に転向した57年、「有楽町で逢いましょう」が大ヒットした。
その後も「夜霧に消えたチャコ」「東京ナイト・クラブ」「霧子のタンゴ」「おまえに」などを発表。61年には昭和初期の流行歌「君恋し」を改めてヒットさせ、第3回日本レコード大賞を受賞した。NHKの紅白歌合戦には、57年から26回の連続出場を果たした。
しかし85年10月、私生活のトラブルから、自殺を図った。一命は取り留めたものの脳障害を起こし、介護が必要な状態のまま、長くリハビリに励んでいた。71年に芸術選奨文部大臣賞を受けた。

(2008年11月2日12時28分 読売新聞)


歌手のフランク永井が亡くなりました。
そのニュースが昨日から新聞、テレビ、ラジオからしきりに流れています。
今朝もテレビのワイドショーで取り上げられていましたが、それを見ながら妻とふたりでフランク永井の話題でしばし盛り上がりました。

フランク永井といえば「有楽町で逢いましょう」がまず最初に浮かびます。
テレビ、ラジオでもこの曲が必ず流れています。いちばんの代表曲でしょう。
また「東京午前三時」「夜霧の第二国道」「西銀座駅前」「東京ナイト・クラブ」など、東京を歌った曲が数多くありますが、それに劣らず大阪をテーマにした曲もたくさん歌っています。
たとえば「こいさんのラブ・コール」「大阪野郎」「大阪ぐらし」「大阪ロマン」といった曲が思い浮かびます。
妻の話によると亡くなった彼女の母親が、「こいさんのラブ・コール」が大好きで、この歌を聴くたびに「大阪弁はええなぁ」とよく言っていたそうです。
大阪生まれの大阪育ちだった義母は、40歳を過ぎた頃に、弘前に移り住み、以来亡くなるまで弘前でしたので、この歌を聴くことで郷愁を掻き立てられていたのだと思います。
それは「何で泣きはる、泣いてはる」という出だしの部分の歌詞で、1番から3番までのすべてが、このフレーズで始まっています。
そのフレーズが義母の琴線を響かせていたのだと思いながら、この曲を聴くと、また違った感慨が沸いてきます。
大阪情緒にあふれた、いい曲です。

ところで、私にとっての思い出に残る曲はどの曲だろう、と考えてみましたが、名曲、ヒット曲がたくさんあるので、迷ってしまって、すぐにこの曲というわけにはいきませんでした。
「君恋し」もいいし、「大阪野郎」も好きだし、と考えあぐねた末に、「俺は淋しいんだ」という曲かな、というところに落ち着きました。
この曲は1958年(昭和33年)に発売された曲なので、私が10歳の頃の曲です。
「赤い灯、青い灯、ともる街角に あの娘を捨てて、俺はゆく」というフレーズはなぜか子供心にも印象に残っていて、1番の歌詞だけは、今でも空で歌えます。
「俺は淋しいんだぁー」と大声で歌っている子供の姿を想像すると、ちょっと笑ってしまいますが、この年に発売されたもう1曲の「夜霧に消えたチャコ」とともに懐かしい記憶として残っています。

またフランク永井は落語好きとしてもよく知られていました。
昔、彼がテレビで落語のさわりを少しだけ演じたことがありましたが、そのうまさに驚かされました。
やはり一芸に秀でた人は、何をやってもうまいものだと感心してしまいました。

こんなふうにフランク永井のことを考えていると、晩年の不遇が惜しまれてなりません。
詮無いことですが、85年の自殺未遂がもしなかったら、などとつい考えてしまいました。

大阪ろまん
作詞:石浜恒夫
作曲:吉田 正


ブログランキング・にほんブログ村へ 

↑ クリック、お願いします。 ↑
スポンサーサイト



テーマ : 懐かしい歌謡曲  ジャンル : 音楽


カレンダー
10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2018年)70歳です。
性別:男

還暦(10年前)という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

月別アーカイブ
cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293011 2008