FC2ブログ

風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 日本映画

Comment (0)  Trackback (0)

映画「響 HIBIKI」

hibiki.jpg

漫画が原作のアイドル映画だろうとの予想を覆しての、この面白さ。
先の読めない展開に、釘づけになってしまった。

15歳の女子高生が書いた小説が芥川賞、直木賞を同時受賞するという荒唐無稽さ。
奇想天外な話だが、それを不自然に感じさせない。
映画が持つ力、物語がもつ力なんでしょうね。
とにかく主人公の女子高生・響の自由奔放ぶりが痛快だ。
自分の考えをけっして曲げず、反対意見に対しては真向から挑む。
そして最後は有無を言わせず、暴力によって相手をねじ伏せてしまう。
わずか15歳の女子高生が、そんな過激な行動で怯むことがない。
現代のピカレスクロマンともいえる内容だ。

主人公・響を演じるのは欅坂46の平手友梨奈。
アイドルとは思えない押しの強さ、ふてぶてしさは特筆もの。
謎を秘めたキャラクターになり切っている。
脇を固めるのは、北川景子、柳楽優弥、小栗旬、北村有起哉といった主役級の俳優たち。
豪華極まりない布陣である。

あまり期待していなかっただけに、面白い映画と出会った満足感には人一倍大きいものがある。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑


スポンサーサイト





Category: 日本映画

Comment (0)  Trackback (0)

映画「坂道のアポロン」

apolon.jpg

この歳(72歳)になると、高校生が主人公の青春映画を観るなどということは、かなり憚れる。
今さらという気になるが、時代が1966年で、さらにジャズを演奏する高校生が主人公ということになると、気持ちが動く。
そこで試しに観てみようとなったのである。
ところがこれが思わぬ拾い物、気持ちよく泣かされてしまった。

1966年といえば私が高校を卒業して大学に入学した年なので、主人公たちは1学年下ということになる。
ほぼ同年代といってもいい。
そういうわけで自分自身の高校時代を思い出しながら楽しんだ。

1966年の再現は、大分県・豊後高田市にある「昭和の町」でのロケによって行われている。
郷愁を誘う街並みだ。
そこを3人の主人公たちが歩いてゆくと、自然とその時代へと連れ戻される。
もうそれだけでこの映画を観た甲斐があるという気になってしまう。
そしてレコード店の地下室や文化祭でのジャム・セッションが始まると、その気持ちがさらに高まる。
演奏されるのは「モーニン」と「マイ・フェイバリット・シングス」。
あの時代に繰り返し聴いた馴染のジャズナンバーだ。
それらを背景に、恋と友情の物語が展開されてゆく。
時に恥ずかしく時に懐かしい。
そんな真っ直ぐさに引かれながら、知らず知らずのうちに物語世界に嵌ってしまった。
こうやって予想を覆させられるのは、なかなかの快感だ。
思い切って観たのは、無駄ではなかった。
いい映画だった。

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑


Category: 日本映画

Tags: 安藤サクラ  

Comment (0)  Trackback (0)

映画「万引き家族」

manbiki.jpg

カンヌ映画祭パルムドール受賞ということで、話題になった映画だが、なかなか観る気にならなかった。
それがレンタル・ショップで旧作になったのを機会に、観てみることにしたのである。

是枝監督の映画はこれまで10本の作品を観てきたが、良かったのはデビュー作の「幻の光」と「誰も知らない」、「そして父になる」、「海街diary」。
残りの6作品(「ワンダフルライフ」、「DISTANCE」、「花よりもなほ」、「歩いても 歩いても」、「海よりもまだ深く」、「三度目の殺人」)は、残念ながら今ひとつ印象に残らないままで終わってしまった。
だからといってそれらの作品が駄作というわけではなく、それぞれに作家性の強いレベルの高い作品であることは間違いない。
だがあまりに淡々とし過ぎていて、ドラマとしての盛り上がりに欠けるところが、今ひとつ不満だった。
そうした傾向は是枝監督がドキュメンタリー映画出身ということからくるものだと思う。
出来るだけ作為的にならず、現実をありのままに切り取ろうとする習性が身についているからだろう。
だがそれがいったんツボにはまると、知らず知らずのうちに作品世界に絡み取られてしまう。
そんな粘着力をもっている。
ただそれも当たり外れがあるわけで、期待が大きいだけに外れたときの失望感も大きくなってしまう。
そんなことから、今回の「万引き家族」は観ることを躊躇していたというわけだ。
そして観た結果は?
ちょっと複雑なものがある。
キャスティングは、レギュラーともいえるリリー・フランキーと樹木希林に加えて是枝組初参加の安藤サクラ、松岡茉優という布陣で、監督好みのメンバーが揃っている。
なかでも最強メンバーともいえる安藤サクラが加わったことが大きい。
今回はどんな演技を見せてくれるか楽しみだったが、期待を裏切らないしなやかで心に刺さる渾身の演技だった。
また子役ふたりは、おそらくオーディションで選んだのだろうが、ともに自然な演技がとてもいい。
そんなメンバーたちが、楽しそうに家族を演じている。
そう、まさに楽しそうにである。
しかしその裏にあるものは?というのがこの映画の胆である。
そしてそれが徐々に明らかにされていく。

いつもながら是枝監督の映画は、いろいろと考えさせられる。
今回もその点は変わらないが、それでも意外とあっさりと終わってしまった、というのが正直なところ。
いまひとつ引っかかるものがなかったということで、いささか憾みが残ってしまったのである。

パルムドール作品ということで、いささか辛口な感想になってしまったが、それでも混迷する現代社会に対する辛辣なメッセージが込められた良作であることは間違いない。
そして社会の片隅に見捨てられた人間たちを、ひたすら掬い上げて作品化しようとする是枝監督の真摯な志には、素直に頭が下がる。
そうした思いをこちらも真摯に受け止めたいと思う。



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑



Category: 日本映画

Comment (0)  Trackback (0)

映画「あやしい彼女」

ayasii.jpg

この映画を観たのは、YouTubeでたまたまこの映画のワンシーンに出くわしたから。
主役の多部未華子が「悲しくてやりきれない」を唄うというシーンである。
その沁みる歌声に誘われて、映画を観たいと思ったのである。

この映画は韓国映画『怪しい彼女』をリメイクして作られたもので、73歳のおばあちゃんがひょんなことから20歳の女の子になってしまったことから巻き起こる騒動を描いたコメディ。
それを東京スカイツリーが聳える下町に舞台を移して描いている。
観始めはおばあちゃん(倍賞美津子)のオーバーでくさい演技にいささか抵抗をおぼえたが、20歳の女の子(多部未華子)に変身した後は、その抵抗感も薄れてきた。
そして彼女が町内のカラオケ大会に飛び入りで「見上げてごらん夜の星を」を歌うシーンになると、思わず胸が熱くなってしまったのである。
そこから一気に映画の世界に没入してしまった。
そして多部未華子の可愛くコミカルな演技と、澄んだ歌声に、完全にノックアウトされてしまったのである。
さらに「ローマの休日」をベースにした展開や、銭湯が舞台になっていたり、昭和の歌謡曲が何曲も歌われるなど、われわれ団塊の世代にとっては嬉しく懐かしい要素満載で、大いに楽しめた。
笑いあり、涙ありで、これはわぬ拾い物映画だった。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑



Category: 日本映画

Tags: ベスト映画  

Comment (0)  Trackback (0)

2019年邦画ベスト8

1位:幼な子われらに生まれ
osanago2.jpg
レビューはこちら


2位:溺れるナイフ
knife.jpg
レビューはこちら


3位:妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII
kazoku3.jpg
シリーズ3作目ともなると、すべてがスムーズに動いてゆく。安心して身をゆだねられる。


4位:カメラを止めるな!
camerawo.jpg
予算300万円のインディーズ映画ながら、SNSなどの口コミで人気が拡散、異例の大ヒットとなった異色作。面白い映画を撮りたいという熱量あふれる作品。

5位:虎狼の血
koro-2.jpg
ベテラン刑事・役所広司と新人刑事・松坂桃李の組み合わせの妙と、やくざたちとの駆け引きが楽しめる、平成版「仁義なき戦い」。


6位:素敵なダイナマイトスキャンダル
dinamite.jpg
1970~1980年代の時代風景満載の映画。激動の時代だからこそありえた生命力溢れたおかしな人間たちのドラマ。主演の柄本佑の熱演に乾杯。


7位:空飛ぶタイヤ
tire.jpg
原作の面白さを損なわず、卒なく映画化した力量に拍手。


8位:モリのいる場所
mori_20200127065913eb7.jpg
30年以上、家の外に出ることなく、庭の動植物を描き続けたという伝説の画家・熊谷守一を演じるのが、彼を敬愛してやまない山崎努。そのモリ愛あふれる演技が可愛くて見応えがある。




Category: 日本映画

Comment (0)  Trackback (0)

映画「鈴木家の嘘」

suzukikenouso.jpg

家族のひとりがある日突然自殺、残された家族はどのように生きてゆくのか。
そんな姿を追った物語である。

映画は自殺した長男の第一発見者である母親が、ショックから一時的な記憶喪失になることから始まる。
長男の自殺という事実を忘れてしまった母親に、彼はまだ生きていて海外で元気に働いていると嘘をつく。
そしてその嘘が本当だと思わせるための奮闘が続くのだが、そのなかで家族それぞれの苦悩と悲しみは深まってゆく。
重いテーマだが、時に笑いを交えることで、重いだけではない奥行きが生まれている。

監督は、これがデビュー作となる野尻克己。
実の兄が自殺したという過去をもつ監督自身の実体験がベースになっているという。
そうした事実の裏付けがあるだけに、細部の描き方に説得力がある。
それを客観的に見つめる作家としての厳しい目があるからだ。
けっして独りよがりな感情論にはなっていない。
そうしたところに好感を覚える。

自殺した長男を演じるのは、加瀬亮。
残された家族は父親を岸部一徳、母親を原日出子、そして妹を新人の木竜麻生(きりゅう まい)が演じている。
その妹役は野尻克己監督の分身ともいえる役で、それをどう演じるかが、この映画の大きなキーポイントになる。
映画の出来を左右する重要な役だが、それを木竜は違和感なく自然な演技で演じている。
しかも演技達者なベテランたちを向こうに回してのこと。
この奮闘は称賛に値する。
これにより、昨年度のキネマ旬報新人女優賞や毎日映画コンクール新人演技賞など多くの新人賞を受賞。
今後どんな活躍を見せてくれるか、楽しみだ。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑


Category: 日本映画

Comment (0)  Trackback (0)

映画「溺れるナイフ」

oboreru-kn.jpg

夜中に目が醒め、テレビをつけたら、ちょうどこの映画が始まるところだった。
何気なく観ていたが、気がつくと曰く言い難い魅力に嵌り、とうとう最後まで観てしまった。

原作はジョージ朝倉による少女漫画。
東京で雑誌モデルをしていた少女が、親の都合で辺鄙な田舎町に引っ越して住むことになる。
そしてそこで知り合った個性的な少年と出会い恋に落ちるというもの。
よくあるストーリーだが、それが個性的なキャラクターや神話的な要素をもつストーリーで展開されると、単なる青春映画という枠を超えて輝き始める。
説明的なものを省略しているため、理解不能なところもあるが、そんなことには頓着せずにどんどんと物語は進んでいく。
そうした潔さが心地いい。

また舞台となる土地が和歌山というのも、この映画を魅力的なものにしているところ。
熊野を舞台に神話的な小説を書いた中上健次的な要素がそこここに見られ、それが10代の少年少女がもつ複雑な内面と呼応して一種独特の世界を形作っているのだ。

少女漫画を原作にした青春映画などといえば、おじさん世代にとってはおよびもつかない無縁な世界だが、そんなおじさんでも時間を忘れて観てしまうという魅力あふれる映画だったのである。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑



Category: 日本映画

Comment (0)  Trackback (0)

映画「幼な子われらに生まれ」

osanago.jpg

家庭内での悲惨な事件が頻発する、今という時代だからこそ描かれた家族の物語。
バツイチ同士の男女が結婚、連れ子との関係をどう構築して親になっていくか。
そうした風景を通して、家族それぞれが抱える問題を浮き彫りにしていく。
そして歪な家族なりの解決策を見出していく。
それを家族の視点、別れたそれぞれの男女、そして子供の視点を交えながら描いていく。

親が子供を育てるというのは当たり前の話だが、逆に親も子供によって育てられる、というのもまた一面の真実。
すなわち子育てをするなかで、親もいっしょに成長していくことになる。
そうやって初めて親になる。
子供を育てるというのは、自分自身を育てるとことでもある。

原作は重松清の同名小説。
それを数々の名作を書いてきた荒井晴彦が巧みに脚色。
登場人物それぞれのキャラクターが、説得力あるリアルさで描かれている。

たとえば妻の別れた前夫のDV男などはその嚆矢。
親になることを放棄してしまった男の身勝手な言い分を聞かされるが、全面否定できないものを含んでいる。
同時にそんなDV男の秘めた優しさも、何気ないエピソードによって見せていく。
一面的ではない人間の複雑さを描き出している。
演じるのは宮藤官九郎。
こういうダメ男を演じると、精彩を放つ。

夫婦を演じるのは、浅野忠信と田中麗奈。
いずれも適役。
とくに浅野忠信が素晴らしい。
宮藤官九郎演じるダメ男とは対照的な、真面目で誠実なサラリーマン。
リストラに合いながらも、それを家族にも告げず、ただ一途に家庭を修復しようとする。
だがそうした懸命さが、却って思春期の連れ子の神経を逆撫ですることになる。
そして問題がさらに複雑になっていく。
そんななかで右往左往する浅野忠信の不器用な姿が印象に残る。

さらに彼の別れた元妻を演じているのが、寺島しのぶ。
彼女もまた小学生の娘を連れて別な男と再婚しているが、夫は不治の病で余命いくばくもない。
そんな家族を対比させることで、家族とは何かというテーマを、さらにもう一段深く掘り下げていく。

こうした家族の風景を監督の三島有紀子は、けっして声高に描くことはせず、ごく当たり前の日常の連続のなかで描いていく。
そうした距離のとり方には、好感を覚える。
見応えのある家庭劇である。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑



Category: 日本映画

Tags: ベスト映画  

Comment (0)  Trackback (0)

2018年邦画ベスト9

1位:あゝ、荒野・前後編
18hb-1.jpg
レビューはこちら


2位:夜空はいつでも最高密度の青色だ
18hb-2.jpg
レビューはこちら


3位:0.5ミリ
18hb-3.jpg
レビューはこちら


4位:葛城事件
18hb-4.jpg
レビューはこちら


5位:彼女がその名を知らない鳥たち
18hb-5.jpg
レビューはこちら


6位:恋の渦
18hb-6.jpg
レビューはこちら


7位:家族はつらいよ
18hb-7.jpg
レビューはこちら


8位:検察側の罪人
18hb-8.jpg
レビューはこちら


9位:散歩する侵略者
18hb-9.jpg
レビューはこちら




Category: 日本映画

Comment (0)  Trackback (0)

映画「あゝ、荒野・前後編」

kouya.jpg

主人公を演じた菅田将暉とヤン・イクチュンがいい。
とくの韓国俳優であるヤン・イクチュンが、どうやって日本人の役を演じるのかというところに、一抹の不安を感じながらも好奇心をかきたてられたが、彼が演じたのが吃音で対人赤面恐怖症の男で、ほとんどセリフらしいセリフがないということで、得心がいったのである。
これなら言葉の壁を越えて存分に演じる事ができるわけだ。
なるほどよく考えたものだ。
同時にそれがこれまで演じたことのないキャラクターであるというところも大いに興味をそそられた。
ヤン・イクチュンといえば、「息もできない」のヤクザに代表されるような暴力的で押しの強いイメージがあるが、これはそれとは真逆の役柄である。
ところがそれを不自然に感じさせることなく、見事に演じ切っている。
ヤン・イクチュンの俳優としての力量と魅力に、ますます魅せられた。
いっぽう菅田将暉演じる新次という男は、直情的で暴力的な少年院帰りのチンピラヤクザ。
どちらかといえばヤン・イクチュンが演じてもいいようなキャラクターだが、それを菅田将暉は若者らしい生きのよさで演じて、ヤン・イクチュンに負けていない。
そうした対照的なふたりが、ひょんなことからボクシングの世界に足を踏み入れ、そこで自分たちの居場所を見つけるというのがこの映画の骨子である。

原作は1966年に寺山修司が書いた唯一の小説。
それを前編を20021年、後編を20022年という時代に設定している。
原作の1966年というのは、東京オリンピックが行われた翌々年のことである。
映画はそれを2020年に再度開かれることになった東京オリンピックの翌年に設定。
それには未来から現在の日本を照射してみようという意図があるのだろう。
その着想が面白い。
しかし時代は未来であっても、描かれる世界は原作の1966年に置き換えてもおかしくないほど思いっきりアナログな世界である。
肉体と肉体がぶつかり合うボクシングの世界ということを考えれば、当然のことと言えば当然ではあるが、「明日のジョー」にも通じるような昭和的な世界が展開されていく。
そしてそこに寺山修司がこだわり抜いた母なし子、吃音、競馬、街頭インタビューといった意匠が散りばめられることで、現代の地獄巡りをすることになる。
その歪な世界のなかで、社会から弾かれた主人公ふたりが、自らの宿命に抗うようにリングに立つことになるのである。

迫力あるボクシング・シーンはこの映画の白眉。
これまで観てきたどのボクシング映画と比べても、遜色ない激しさで迫ってくる。
そして自らの人生を賭けたような必死で壮絶な撃ち合いを見ているうちに、思わず胸が熱くなってしまった。

この映画は最初はDVDで、そして2度目は劇場のスクリーンで観たが、5時間という長丁場を感じさせない充実した内容であった。
終始圧倒され続けた5時間だった。
そしてこのような形で寺山修司が再び採り上げられたことは、寺山修司のファンとして、そして同じ青森県人として嬉しく思ったのである。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑


カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2018年)70歳です。
性別:男

還暦(10年前)という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

月別アーカイブ
cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 2020