FC2ブログ

風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 行事・記念日

Tags: 故郷  

Comment (0)  Trackback (0)

40数年ぶりの再会

香川滞在最終日は高校時代の友人に連絡をとることにした。
大学時代に県人寮で1年間同室だった友人である。
彼とは大学卒業後にいちど会ったきり、それ以後は年賀状のやりとりをするだけで会うことはなかった。
そして気がつくと40数年が経っていた。
そこで今回は思い切って連絡をとることにしたのである。

電話をするとこれから出勤だという。
退職して今はもう仕事はしていないだろうと勝手に思いこんでいたが、そうではなかった。
それでも今日しか会うことができないと言うと、仕事を休んで会いに来るという。
有難いやら申し訳ないやら。
申し出を有難く受けることにした。

mitani2.jpg

mitani3.jpg

mitani1.jpg

丸亀駅で落ち合い、喫茶店に。
そこで40数年分の積もる話が始まった。
お互いの家族や仕事のこと、健康のこと、旧友たちの消息、話は尽きない。
そして小一時間が過ぎた頃、共通の友人Nに連絡をとることになり、待ち合わせて、昼食をいっしょにとることになった。

mitani4.jpg

mitani5.jpg


Nとは昨年4月に会って以来。
3人揃うとさらに話が盛り上がる。
忘れていた記憶がつぎつぎと蘇ってくる。
そしてあっという間に時間が流れ、別れの時がやってきた。
名残惜しいが、次回の再会を約束、ふたりと別れた。

こうして香川での2泊3日の帰省が終わり、帰路に就いた。
復路の飛行機は往路と同じくプロペラ機、最近はジェットしか乗ったことがないので珍しい。

puropera.jpg

青森空港付近は雪と強風の影響で、着陸が難しく、1度目の着陸は失敗。
上空を30分ほど旋回した後、2度目のトライで何とか着陸することができた。
別な空港に引き返すという最悪の事態を覚悟していたが、ひとまず回避でき、ひと安心。
結局1時間遅れの到着であった。

今回の帰省は弟の見舞いという名目ではあったが、印象深いこと、思いがけないことが多く、盛りだくさんな3日間だった。
そして「思えば遠くに来たもんだ」を実感させられるセンチメンタル・ジャーニーでもあった。
今度はいつ帰ることができるか分からないが、できるだけ帰りたいとの思いを新たにしながら帰り着いた。

スポンサーサイト





Category: 行事・記念日

Tags: 故郷  

Comment (0)  Trackback (0)

浜一食堂

2日目の夜はゲストハウスから目と鼻の先にある「浜一」に行ってみた。
ここは子供の頃、祖父や両親に連れられて行った懐かしい食堂。
ガード下にある店で、かつては同じ並びに何軒も食堂が連なっていたが、今は数軒が残るだけ。
商店街に昔の賑わいはない。

hamaichi2.jpg

hamaichi3.jpg

hamaichi1.jpg

店に入ると、客は私ひとり。
テレビから演歌が流れている。
それを聴きながらひとり静かに熱燗を呑んだ。
侘しいような切ないような、そして少しばかり甘酸っぱい時間が過ぎていった。
これもひとり旅ならではの醍醐味だ。


Category: 行事・記念日

Tags: 故郷  

Comment (0)  Trackback (0)

父母ヶ浜

弟が入院している病院は観音寺市にある。
面会は3時から。
着いた日は義妹の運転するクルマで案内されたが、二日目はそのクルマを借りてひとりで病院へ行くことにした。

森安君に実家まで送ってもらい、時間があったので、面会前に仁尾町まで行ってみることにした。
仁尾町にはSNSなどで話題になっている「父母ヶ浜(ちちぶがはま)」がある。
ゲストハウスのMちゃんから観音寺まで行くのなら、近くなので寄ってみればと勧められたのだ。

仁尾町の海岸沿いを観音寺方面へ走ると、開けた砂浜が見えてきた。
そこが目指す「父母ヶ浜」である。

6.jpg

7.jpg

遠浅の砂浜が大きく広がり、所々に水たまりがある。
その水面が鏡になって周辺の景色を美しく映し出す。
それが評判を呼び、今や全国的な人気スポットになっている。
とくに夕陽のときが絶景で「日本の夕陽百選」にも選ばれている。

8.jpg

11.jpg

10.jpg

砂浜前の広場にはオシャレなカフェが何軒か建っている。
いずれも新しい建物ばかり。
「父母ヶ浜」観光で訪れた客たち目当てにオープンしたものだ。
こうした賑わいが、町おこしの大きな力になっているのを感じる。
これもネット社会の産物、昔では考えられない現象である。

面会の時間が迫って来たので、「父母ヶ浜」を後にした。
できれば夕陽の写真も撮りたかったが、あいにくこの日は曇り空だったので夕陽は望めないと思い、帰路は立ち寄ることなく別の道を行った。
ところが、予想に反して空が夕陽に染まってきた。
今さら引返すわけにはいかない。時間的に無理がある。
涙を飲んで諦めることにした。
せっかくのチャンスを逃してしまったが、その代わりに、ため池越しの夕陽の写真を撮ることにした。
その時サギが一羽飛んでいった。

9.jpg



Category: 行事・記念日

Tags: 故郷  

Comment (0)  Trackback (0)

偕行社そして丸亀城の石垣修復工事

早朝うどんの後は、中学時代の友人、森安君に電話。
突然の電話に驚いたようだが、すぐにクルマで駆けつけてくれた。
昨年4月以来の再会になる。
その時のことは昨年のブログにも書いたが、Facebookで彼が私を見つけてくれて交流が始まり、昨年の4月に実際の再会が実現したのだ。
57年ぶりの再会だった。

5.jpg

kaikousya1.jpg

kaikousya2.jpg

彼の案内で善通寺の「偕行社」に行って、見学。
ここは明治時代に陸軍の将校たちの社交場として建てられたもの。
同様の建物が弘前にも残されているので、共通した歴史を感じる。

kaikousya4.jpg

kaikousya3.jpg

kaikousya5.jpg

偕行社には「偕行社かふぇ」というモダンなカフェが隣接しており、そこでお互いの近況を報告し合った。

1_20191221084908f73.jpg

2.jpg

そしてお昼は朝同様のうどん。
丸亀まで引き返して行ったのは「おかだ」という人気店。
駐車場はほぼ満車状態で、観光バスまで停まっている。
お遍路さん一行のバスのようだ。

店内は客で混雑、行列に並んでうどんを注文。
ここのうどんは柔らか目だった。
美味しくいただいた。

昼食をすませた後は、昨年の台風24号の大雨で崩落した丸亀城の石垣を見に行くことにした。
崩落個所は母校、丸亀高校のすぐ正面、高校時代に毎日のように見ていた場所だ。
かなり広い範囲で崩落している。
もともとそれらの石垣はかなり老朽化が進んでおり、いずれ修復の必要があると考えられていたそうだ。
それが台風による大雨の影響で、一気に崩れ落ちてしまったのである。

4.jpg

3.jpg

当初は修復にかなりの年数がかかるとみられていたが、官民一体となった募金活動を始めたところ、多くの義援金が集まった。
それにより工期を大幅に短縮できることになったとのこと。
現在修復工事が進行中である。

ところでわが町、弘前城も現在石垣修復中である。
こちらは災害の影響というわけではなく、老巧化にともなった修理ということで、数年前から大々的なプロジェクトを行ってきた。
また丸亀城も弘前城もどちらも現存12天守のひとつという共通点があり、そんなことから不思議な縁を感じている。

丸亀城HP https://www.marugame-castle.jp/



Category: 行事・記念日

Tags: 故郷  

Comment (0)  Trackback (0)

早朝うどん

2日目の朝、朝食をとろうとネットで検索してみると早朝から営業しているうどん屋が近くで3軒見つかった。
さっそく行ってみることにした。

検索したうどん屋はすべて海沿いにある。
ゲストハウスから歩いて数分で海が見えてきた。
朝の港の景色は風情があってなかなかいい。

marugame2.jpg

marugame1.jpg

marugame3.jpg

海のない弘前に住んでいると、時々無性に海が見たくなる時がある。
こうやって海を目にすると心穏やかになってくる。
やはり瀬戸内育ちにとって、海という存在は切っても切り離せないものがあるのだろう。
久しぶりの海を眺めながらいちばん近い店を探す。
なかなか見つからない。
ようやく見つけたと思ったら「本日休業」の看板。残念!

仕方なく2軒目を目指すが、思った以上に距離がある。
なかなか辿りつけない。
途中やめようかと何度か思うが、せっかく来たのだからと心を奮い立たせて歩いていった。
そしてようやく目的の店が見えてきた。

magokoro1.jpg

magokoro3.jpg

店内に入ると客はまばら。
うどん県なので早朝でも込み合っているだろうと勝手に思いこんでいたが、予想に反して人は少ない。
そういう時間帯なのかもしれない。

magokoro2.jpg

行列に並ぶことなく、オーダーしたのは期間限定のおすすめで、「温たま肉入りぶっかけうどん」、これで480円、安い、うまい。
わざわざ長い距離を歩いてきた甲斐があったというもの。
これが今回初の讃岐うどん。
こうやって早朝うどんが味わえるのも、やはり本場香川ならではだ。
大満足、ごちそうさまでした。



Category: 行事・記念日

Tags: 故郷  

Comment (0)  Trackback (0)

ザ・丸亀ゲストハウス ふくふく

huruhuru1.jpg

帰省の際に泊まったのは、丸亀駅前の「ザ・丸亀ゲストハウス ふくふく」という宿泊施設。
ネットで検索して予約したもので、チェックイン時に聞いた話では、昨年出来たばかりで、ご夫婦ふたりだけで運営されているとのこと。
ここを選んだのは、丸亀駅のすぐ目の前にある立地の良さと、格安で泊まれるということ。
寝泊りするだけなのでこれで充分と考えたからである。

チェックインすると、ご主人からiPadを使ってハウスの決まり事や使い方についての詳しい説明があった。
それによると部屋は相部屋、貴重品はそれぞれ割り当てられたロッカーにしまう。
トイレ、シャワーは共用、チェックアウト時には枕カバーと布団のシーツは備えのバスケットに入れていくというもの。
さらにその他こまごまとした説明が続いた。

huruhuru4.jpg


huruhuru3.jpg

ゲストハウスに泊まるのはこれが初めてだが、なかなか興味深い。
私が泊まる部屋は2段ベッドが4つと、一段ベッドがひとつの計9人が泊まれることになっているが、この日相部屋だったのは20歳くらいのカナダ人の青年がひとり。
お遍路をしながら四国を旅しているとのこと。
ゲストハウスでは2週間にわたって滞在、その間少林寺拳法と空手の道場に通って修行に励んでいるそうである。
そういう話をご主人たちとしているなかで、弘前から来た私に「こちらにはどなたか知り合いがいるのですか」という質問があった。
そこから「実家が多度津にあって」という私の自己紹介が始まった。
するとご主人も同じく多度津の出身だという。
しかも同じ町内に住んでいたというではないか。
詳しく話を聞いてみると、何とご主人は幼馴染みで遊び友達だったMちゃんだということが判り、びっくり。
こんなことってあるんだ。
あまりの偶然にふたりとも唖然としてしまった。
なるほどそう言えば昔の面影がある。
子供の頃のMちゃんの顔が重なって浮かんできた。
そしてそこから俄然昔話で盛り上がったのであった。

huruhuru2.jpg



Category: 行事・記念日

Tags: 故郷  

Comment (0)  Trackback (0)

弟を見舞う

10日から2泊3日の日程で四国の実家に帰った。
入院している弟を見舞うためで、1年8ヵ月ぶりの帰省だ。
その間のことはFacebookに書いたが、それに少し書き足して備忘録としてブログにも残しておこうと思う。

thumbnail_image2.jpg

thumbnail_image1.jpg

青森空港から伊丹へ、伊丹から空港バスで新大阪まで、新大阪から新幹線で岡山、岡山から瀬戸大橋線特急で多度津までというルートはいつもと同じ。
3時過ぎに多度津着、雅美さんがすでに迎えに来てくれている。
クルマで実家まで行き、甥や姪たちに挨拶、すぐに弟を見舞うために病院に行くことにした。

病院は観音寺市にある。
クルマで30分ほどの距離である。
この距離を通うのは大変だ。
本来ならもっと近くの病院に入院できればいいのだが、なかなか入ることができなかったという。
それでも手を尽くして探しているので、いずれは実現できるだろうとのこと。
一日も早くそうなってもらいたいものだ。

弟の病室へ行く。
弟は眠っているように見えたが、そうではなくいつもそんな状態だという。
声をかけると、分かった様で目から涙が流れた。
こちらからの問いかけに少しは反応らしきものはあるが、心許ない。
いろいろと話したいことがあったが、何を話していいのか分からない。
ただ手を握ったり、顔を撫でたりすることしかできなかった。
そうやって1時間ばかりベッド脇に座り続けた。

夜は実家の隣の「平野屋」で食事をしながら酒を呑む。
この日のために雅美さんが設けてくれたのだ。
いつも行く丸亀の「ジャコ家」はあいにく休みだったそうで、代わりにここを予約してくれたという。
「平野屋」はもともとはうどん屋だけの食堂だったが、先代のご主人がなくなった後、娘さん夫婦に代替わり、それをきっかけに夜は居酒屋としてやっている。
評判がいいらしく、賑わっている。

丸亀から濱田さんが同席してくれた。
彼は私が帰るたびに駆けつけてくれる。
ありがたいことだ。
瀬戸内の魚をおいしくいただいた。

thumbnail_image3.jpg





Category: 行事・記念日

Comment (0)  Trackback (0)

運動会

18undoukai.jpg

先日の日曜日、孫の運動会に行った。
当初の日程では前日の土曜日だったが、雨で順延になったのである。
そのためグランドには所々に雨水が残り、乾き切っていない状態のままであった。
今年入学した孫にとって、これが小学校初の運動会。
悪いコンディションではあったが、元気いっぱいの運動会であった。

muhoumatu1.jpg

久しぶりの運動会見物だったが、それで思い出すのが、映画「無法松の一生」である。
映画の中盤、陸軍大尉・吉岡の遺児・敏雄少年の運動会で、松五郎が徒競走に飛び入りで参加、車夫としての健脚を生かして優勝するという場面。
松五郎の懸命に走る姿を見ているうちに、敏雄少年が次第にその姿に惹きつけられ、気がつくと大声で夢中になって応援をしている。
常日頃、敏雄少年のひ弱な性格を心配していた吉岡夫人だったが、その姿を見て、「これをきっかけに敏雄のなかで何か新しいものが生まれてきそうな気がします。」と松五郎に礼を言う。
この映画の見せ場のひとつであり、これを契機に松五郎と吉岡母子の絆がぐっと高まるという重要な場面である。
「無法松の一生」は何度も映画化されているが、なかでもいいのは坂東妻三郎版の無法松と三船敏郎版の無法松である。
どちらも監督は稲垣浩である。

muhoumatu2.jpg

そしてもうひとつ思い出すのが、映画「江分利満氏の優雅な生活」。
山口瞳の直木賞受賞小説の映画化作品である。
当初、川島雄三が監督することになっていたが、川島の急死によって急遽岡本喜八にバトンタッチされた。
そして岡本監督はこの映画を戦中派のボヤキを前面に押し出したものとして作り直したのである。
(シナリオは井手俊郎)

everyman.jpg

映画の終盤で、小林桂樹演じる江分利満氏の初めて書いた小説が、直木賞を受賞する。
その受賞祝いの会が社内の仲間たちが集まって開かれるが、その席上、若い社員から「好きなものは何ですか」という質問を受ける。
それに対して江分利満氏は「公園と運動会と赤ん坊とラインダンス」と答える。
そしてどうして好きなのかという理由を長々と語る。
少し長いがそのなかの「運動会」の部分をシナリオから書き写してみる。
次のようなもの。
「どこがいいかというと、運動会ならすべてがいいんですが、とにかく一生懸命なのがいいな。体操の先生なんか、白いズボンをはいてはりきっちゃってるからね。女の先生もふだんよりちょいと濃い目の化粧で、そうはいっても先生だから化粧が下手で、口紅なんかはみ出しちゃって、頬紅なんかもつけ過ぎちゃって女金時みたいになってるところが実にどうもチャーミングだ。そこへもってきて鉢巻しちゃって声も上ずってるから、なんとも凄艶とでもいうより仕方がない。校長だっていろいろ気を使うからね。青年団に借りたテントの中にいても怪我人が出ないように、PTA会長にジュースが出ているかどうか、ずいぶん心配してるんだ。父兄席。これが泣かせるね。金持ちの学校もいいし、貧乏人の学校もいい。金持ちの学校ではミンクのコート着たのが絶叫してるからね。どうかして我が子を一等にしたい、つつがなく上級の学校にやりたい、先生にもこの機会にご挨拶申しあげたい、どうしてうちの子のパンツはあんなに汚いんだろう、体操服で寒くないかしら・・・・。貧乏人の学校は、コンクリートの上にゴザ敷いちゃってね、重箱持ったお婆ちゃんや、菜っ葉服にドテラで末の子を負った父ちゃんや、パーマかけた母ちゃんが震えながら応援してるなんざ、涙だね。とに角夢中だ。勿論、生徒たちは上気している。ひそかにサロメチールを用意して脚に塗っている抜け目のない子がいる。これで足が軽くなると信じているわけだ。小遣い銭に不自由している子は医務室に忍び入ってヨーチンを塗ってくるからいかにも勇ましい。速そうに見える。もっと貧しい子はグリコだ。一粒300メートルだから3粒も食べれば必勝疑いなしと信じているから健気なもんじゃないの・・・・」
さらに「その次に運動会のいいところは」と、講釈はまだまだ続いていく。
そしてバー、自宅へと場所を移すうちに、酒に酔った江分利満氏の講釈やボヤキはますます調子に乗り、気がつくと朝を迎えている。
嫌々つきあわされた若い社員たちは、ほとほと疲れ果ててしまう。
この映画の白眉である。
そんな場面を思い出すのである。

ついでに書くと、弘前に来て驚いたことのひとつに運動会のことがある。
どういうことかというと、津軽の運動会はまさにハレの日、お祭りなのである。
この日は家族のみならず親戚など一族郎党が集まって運動会を参観する。
見物席では多くの家族がシートや椅子に座って子供たちを応援する。
なかにはテントやタープ持参の家族もいる。
そして昼休みになると、この日のために特別に用意したご馳走を広げての昼食が始まる。
花見と変わらぬ宴会である。
さすがに現在では酒が入ることは少なくなっているが、昔はかなり盛大な宴会が繰り広げられたようである。
「無法松の一生」の場面を見ると、そんな当時の運動会の様子がよく分かる。
住民あげての地域の一大イベントだったわけで、これは何も津軽に限った話ではなく、全国至る所で繰り広げられた光景のようだ。
しかし私の育った地域ではそうした習慣がなかったので、こちらに来た当初は大きなカルチャーギャップを感じたものであった。

さらにもうひとつ感じたギャップがある。
それは運動会で生徒たちが足袋を履いたという話である。
地下足袋のようなものから普通の足袋のようなものまで、学校によって多少の違いはあったようだが、生徒全員が使用したそうだ。
明治大正といった大昔の話ではない。
昭和40年代ころまで続いていた話である。
同年代の人たちに聞いてみると、履た憶えがあるということだ。
調べてみると「運動足袋」とか「スポーツ足袋」と呼ばれており、昭和60年ころまで生産されていたようだ。
またこれも津軽に限らず全国の様々な所で使用されていたそうで、これは驚きである。
やはり地域による文化の違いは大きい。

undoutabi.jpg

というわけで運動会に関連していろいろと思い出すままに書いてみたが、まとまりがなく、とりとめのないものになってしまった。
ブログに載せようかどうしようかと迷ったが、孫の小学校初の運動会の記念ということでそのまま残しておくことにした。

今日も津軽のあちらこちらで運動会が開かれるようだ。
つい先ほども運動会開催を知らせる花火の音が遠くから聞こえてきた。
今日もいい天気になりそうだ。
絶好の運動会日和である。

テーマ : 青森県弘前市  ジャンル : 地域情報


Category: 行事・記念日

Tags: 故郷  

Comment (0)  Trackback (0)

そして四国を後に

朝6時半、迎えに来た弟のクルマに乗って、「オークラホテル」に行った。
全員で朝食バイキングをとるためである。
レストランはすでに客でいっぱいである。
そしてここでも聞こえてくるのは外国語。
ほとんどが中国人、韓国人のようだ。
最近はどこへ行っても、こうした光景に出会うことが多くなった。
われわれ家族は喧噪を離れて、奥まった部屋に場所をとった。

viking1.jpg

弟はこのホテルの朝食バイキングがお気に入りで、月に何回か足を運ぶそうだ。
料理の種類が多くどれも美味いのだから、その気持ちはよく分かる。
近くに住んでいれば私もそうするだろうと思う。
和食、洋食両方の料理をたっぷりと食べた。
昼を抜いてもいいくらいに満腹になった。

viking2.jpg

一服した後はホテル前で全員で記念写真を撮った。
そしてクルマで丸亀駅まで送ってもらい、そのまま別れて帰途についた。
こうして今回の旅は終わったのである。

正直もう少しいたかったが、そうもいかず後ろ髪を引かれる思いであった。
しかしわずか3日間(正確にいえば正味2日間)ではあったが、今回の帰省は中身の濃い充実した毎日だった。
中学時代の旧友、森安君との57年ぶりの再会、「滑稽広場」での飲み会、直島行き、西岡との11年ぶりの再会、兄弟揃っての会食、そして「SILENCE BAR」探訪と、ほんとうに盛りだくさんだった。
それにしてもこの時期にこうした旅行ができるとは、考えてもみなかったことである。
帰省のわずか数日前、突然弟から電話があり、今回の計画を聞かされた。
そこから話が動き始め、4年ぶりの帰省になったのである。
母親の七回忌、古希を迎えた年、そして瀬戸大橋開通30周年と、奇しくも3つの節目が重なった年にこうした旅行ができたことは、ほんとうに良かった。
いい記念、いい思い出になる。
揺れる列車の中で3日間の出来事を振り返りながら、四国を後にした。


テーマ : 一人旅  ジャンル : 旅行


Category: 行事・記念日

Comment (0)  Trackback (0)

SILENCE BAR

「一徳」での歓談中のことである。
箸袋に書かれた住所を何気なく見ていると、「港町」と書いてある。
それで思い出したのが、先日読んだ雑誌「Lightning」の記事。
そこで紹介されていたのが、「SILENCE BAR」という店であった。
記事には丸亀の港町にあると書かれてあった。
「一徳」と同じ町名である。
そのことに気づき、弟に話してみると、偶然にも先ほどクルマを停めた駐車場の隣がその店だという。
弟も昔何度か足を運んだことがあるそうで、せっかくだからいちど行ってみようということになった。
但し名前の通り、騒がしい客は嫌がられるだろうから、大勢で行くのはまずいと言う。
そこで妹とふたりだけで行くことにした。

silencebar1.jpg

「一徳」を出ると外は雨であった。
雨の降る薄暗い夜道を歩いていくと、倉庫のような建物が見える。
「SILENCE BAR」と書いたネオンが光っている。
シンプルなファサードだ。

silencebar2.jpg

店内に入ると、正面にL字型のカウンターがあり、その周辺にわずかな光が灯されている。
他に照明はない。
後で分かったことだが、薄暗い照明はウイスキーの劣化を防ぐためのものだという。
ウイスキーは太陽光や蛍光灯の光で劣化する。
そのため店には窓もなく、蛍光灯も使わず、必要最小限の灯りに留めているのだそうだ。

僅かな照明に照らされた壁一面には、たくさんのウイスキー瓶が並んでいる。
その半端じゃない数にまず驚かされる。
うろ覚えだが、雑誌の記事によれば、60代のマスターはウイスキーのコレクターとしても知られた人で、店に納まり切らないウィスキーは倉庫に保管しているとのこと。
なかには超レアなウイスキーも数多くあるそうだ。
そんなウイスキーを目当てに、客が遠方からはるばるやってくる。
こういう世界に疎い私でも、その奥深さやこだわりが伝わってくる話である。

わずか水割り1杯だけの客ではあったが、最後は丁寧に送り出してくれた。
そして数十分という短い時間だったが、こういう雰囲気の中で妹とふたりだけでじっくりと話す時間が持てたことは何よりも良かった。
「一徳」の料理と酒、そしてその後の「SILENCE BAR」で過ごした時間、忘れられない夜になった。

テーマ : 一人旅  ジャンル : 旅行


カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2018年)70歳です。
性別:男

還暦(10年前)という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

月別アーカイブ
cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

1234567891011121314151617181920212223242526272829303101 2020