風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 温泉

Comment (0)  Trackback (1)

和ノ湯

昨夜、青森空港まで家内を迎えに行った。
9時半と遅い到着時間だったので、少し早めに出かけて、途中にある温泉に行くことにした。
ちょうど空港に行く道路沿いにある温泉で、4年ほど前に出来た温泉である。
以前から気になっていて、機会があればいちど入ってみたいと思っていた。
この機会に入ってみることにしたのである。

P1050757.jpg

名前は「和ノ湯」、「かずのゆ」と読むのかと思ったら「わのゆ」であった。
泉質はアルカリ性単純温泉、薄い茶褐色の湯で、湯温は37度なので、いくぶん加熱しているようだ。
館内は広々としており、新しいから気分がいい。
ゆったり、まったりとした時間を過した。
湯から上がった後は、備え付けの雑誌などを読んで時間つぶしをし、その後ゆっくりと空港へと向かった。


にほんブログ村 映画ブログへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
スポンサーサイト
テーマ : 青森のあれこれ  ジャンル : 地域情報


Category: 温泉

Comment (0)  Trackback (0)

百沢温泉

hyakuzawaonsen4.jpg
久しぶりの温泉である。
行ったのは「百沢温泉」、先日行った「アソベの森・いわき荘」のすぐ近くにある温泉で「いわき荘」のお湯もここから供給されている。
看板の「効め一番」の文字に思わずニヤリとさせられる。
hyakuzawaonsen1.jpg
温泉ファンには評価の高い温泉のようで、遠方から訪れる客も多いという。
含重炭酸土類弱食塩泉で、少し緑がかった褐色のお湯が惜しげもなく大量に湧き出ており、源泉掛け流しの贅沢感がたっぷりと味わえる。
湯温は46度とかなり熱め。
湯船に入るときにはゆっくりと浸からないと熱さがこたえる。
しかし浸かっているうちに、この熱さがしだいに心地よくなってくる。
いかにも効能がありそうな気分になってくる。
hyakuzawaonsen2.jpg
手頃な料金で宿泊もできる。別棟には湯治施設も備わっている。
いちどゆっくりと泊まってみたいものである。


(株)百沢温泉
弘前市大字百沢字寺沢290-9
TEL(0172)83-2226
入浴時間、料金:8時~22時 300円


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 青森のあれこれ  ジャンル : 地域情報


Category: 温泉

Comment (0)  Trackback (0)

アソベの森・いわき荘

asobe7.jpg
仕事が休みの今日、ゆっくりと温泉に浸かろうと、「アソベの森・いわき荘」に行ってきた。
ここは岩木山麓の百沢にあるホテルで、以前は「国民宿舎・岩木荘」だったが、2000年に新しく建て替えられて、現在の宿泊施設「アソベの森・いわき荘」となった。
国民宿舎だった頃は、岩木運動公園でテニスをした時や、百沢スキー場でスキーをした後に時々立ち寄ったことがあったが、建て替え以後はまだ一度も利用したことがなかった。
一度訪れてみたいと思いながらも、これまでなかなかその機会がなかったが、最近の温泉めぐりをきっかけに、今日はここに行くことに決めたのである。
内部はリゾートホテルといった趣で、なかなか高級感がある。
昨日の「新岡温泉」とは対照的である。
各部屋には宿泊者専用の温泉を備えているが、大浴場と露天風呂は宿泊者以外も利用できるようになっている。
入浴料は500円と、他の温泉と比べて少々割高だが、脱衣場はホテルとしての設備がきちんとしてあって清潔感もあり、また浴室にはシャンプー、リンス、ボディソープが備えてあるなど、それらを考えるとけっして高いというわけでもない。
asobe6.jpg asobe2.jpg
とくに今日は平日の昼間とあって、広い浴室には客はひとりもおらず、貸切状態であったので、なおさらその感が強かった。
今日は時間を気にする必要がないので、大浴場と露天風呂を行ったり来たりしながら、ゆったりのんびりとお湯に浸かることができた。
asobe1.jpg asobe8.jpg
とくに露天風呂に入っているときは、周りを囲む林の中から時折吹いてくる風がのぼせた顔に当たって心地よく、つい長風呂になってしまったが、湯温が42度に設定してあり、熱くもなくぬるくもなく、長く浸かっていても湯疲れすることがなかった。
結局1時間半ものんびりと入っていて、すっかりリラックスしてしまった。
たまにはこういう休日を過ごすのも悪くない。
そんなわけで、ますます温泉に嵌っていきそうである。


アソベの森・いわき荘
弘前市大字百沢字寺沢28-29
TEL (0172) 83-2215
日帰り入浴料金:500円


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 銭湯・温泉・健康ランド  ジャンル : 地域情報


Category: 温泉

Comment (0)  Trackback (0)

新岡温泉

niiokaonsen4.jpg
今日は新岡温泉に行ってきた。
先日の「あたご温泉」からクルマで数分のところにある温泉で、温泉というよりも普通の民家といったほうが似合いそうな建物である。
看板がなければ見逃してしまいそうなところで、山間の民家が点在する農道の脇にひっそりと建っていた。
鄙びたというよりも、古さが際立ったというか、煤けたような印象の温泉である。
つげ義春の「貧乏温泉旅行」にでも出てきそうな温泉とでも言おうか、へたれぐあいがなかなかいい味を醸し出している。
ところがこの温泉は温泉愛好家の間では、なかなか評価の高い温泉らしく、隠れたファンもけっこういるそうだ。
評判を聞きつけて、遠方からファンがやってくることも珍しくないという。
niiokaonsen1.jpg
駐車場にクルマを停めて、玄関にむかうが、ほとんど人の気配がない。
中に入ると小さな引き戸のついた受付があるが、犬(ミニチュアダックスフンド)が2匹いるだけで誰もいない。
声をかけても応答がない。
niiokaonsen2.jpg
しかたなく受付の張り紙のとおりに、入浴料200円也(安い!)を受付に置いて、浴室へ入る。
湯船には先客が3人いた。
話を聞くと全員近所の農家の親父さんたちである。
場所柄そういった人たちが主に利用しているようだ。
お湯は「あたご温泉」と似たような微褐色透明なお湯だが、親父さんたちによると「あたご温泉」のお湯とはちょっと違うということだ。
「ここのほうがいいお湯だ」としきりに自慢していたが、成分表を見るとナトリウム・塩化物・炭酸水素塩泉で、微褐色透明な湯とあり、「あたご温泉」と同じである。
それでもやはり地元を贔屓目に見て自慢したいのが、人情なのだろう。
niiokaonsen3.jpg
湯温は42度と書かれてあったが、それよりも熱く感じた。
湯上りはさっぱりとしており、ぽかぽかと暖まった体はいつまでも暖かかった。
隠れたファンがいるというのも頷ける。
なかなか個性的な、いい温泉だった。


民宿・新岡温泉
青森県弘前市大字新岡字萩流161-12
TEL.0172-82-4521
日帰入浴時間・料金:6時~21時 200円


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 銭湯・温泉・健康ランド  ジャンル : 地域情報


Category: 温泉

Comment (0)  Trackback (0)

あたご温泉

DSC00001_20101004185840.jpg
久しぶりに温泉へ行った。
退院時に、医者から養生として温泉を勧められたので、できるだけ行くつもりでいたが、実際にはなかなか思うように行けないでいた。
ところが今日は少し時間の余裕ができたので、出かけることにしたのである。
今日は気分を変えていつもと違う温泉に行ってみることにして、旧岩木町にある「あたご温泉」に行った。
時々行く「さくら温泉」の少し先にある温泉である。
小高い丘の上にあるので眺望がよく、収穫間近のりんご畑や田んぼが見渡せる。
もちろんその先には雄大な岩木山が鎮座しているはずだが、小雨模様の天気のために今日は見ることができなかった。
付近は坂の多い丘陵地帯で、その丘の一隅には愛宕(あたご)神社がある。
DSC00002.jpg DSC00003_20101004185838.jpg
鳥居を過ぎて急な坂を登っていくと、さらに急な石段があり、その先が神社のようだが、雨が降っているので神社まで行くのは諦めて、あらためて今度出直すことにした。

ところで温泉の話に戻るが、ここの泉質はナトリウム・塩化物・炭酸水素塩泉(低張性弱アルカリ性高温泉)で、微褐色透明な湯である。
浴室に入ると、かすかに硫黄の臭いがする。
浸かってみると、ぬるぬる、つるつる感があって、なかなかいい。
cf4205782c5341578f48c1cd4ad027ea.jpg
また大きな蛇口からは大量の湯が湧き出ており、湯量の多さはかなりのものだ。
効能書きによると毎分300リットルの湧出量だそうで、かけ流しの贅沢感がたっぷりと味わえる。
ゆったりと浸かっていると、いかにも患部によさそうで、湯上りも心地がいい。
なかなかいい温泉で、効果がありそうだ。
時々通ってみようと思いながら温泉を後にした。


あたご温泉
弘前市大字新岡字萩流161-12
TEL.0172-82-4521
入浴時間・料金:9時~22時 300円


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 温泉♪  ジャンル : 旅行


Category: 温泉

Comment (0)  Trackback (0)

早朝温泉2

sakuraonsen1.jpg
先日の温泉に続いて今日も早朝温泉に行ってきた。
今回は場所を変えて、岩木の「桜温泉」である。
家から4キロほどのところにある温泉で、先日行った「やすらぎ温泉」は岩木山に向かって右方向(南西方面)にあるが、こちらは左方向(北西部)に位置する温泉である。
泉質は「やすらぎ温泉」とほとんど変わらず、無色無臭の透明なお湯で、主成分はナトリウム塩化物・炭酸水素塩泉である。
ただ「やすらぎ温泉」と比べると温度は42〜44℃とちょっと熱め。
sakuraonsen3.jpg
浴槽、壁、天井には天然ひばをふんだんに使っているので、ほのかに木の香りがして、心地いい。
sakuraonsen2.jpg
露天風呂は酒樽を模したような丸い形になっており、なかなか風情がある。
30分ほどゆったりと浸かり、その後はロビーで新聞雑誌を読んでリラックス。
いい気分の早朝温泉だった。

桜温泉
弘前市賀田2丁目10-1
TEL.0172-82-4332
入浴時間・料金:6時~22時 350円


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 温泉♪  ジャンル : 旅行


Category: 温泉

Comment (0)  Trackback (0)

早朝温泉

yasuragi.jpg
昨夜から腰が痛く、また時々ふくらはぎに今にも攣(つ)りそうな感覚がある。
朝から体調がすこぶる悪い。
一昨日のペンキ塗りで中腰になることが多かったのが原因だろう。
それが引き金になって夏の疲れがいっきに表面化したのかもしれない。
そこで朝早くにリハビリを兼ねて、近くの「やすらぎ温泉」に行ってきた。
ここは車で5分くらいのところにある温泉で、以前は時々行っていたが、ここ1年ほどは行っていない。
久しぶりの温泉である。
泉質は無色透明の単純泉。
市内にはこうした温泉が10数件あり、いずれも早朝から営業している。
テニスクラブでも朝テニスの後、こうした温泉を利用しているメンバーが少なからずいる。
そんな土地柄のせいか、温泉マニア、温泉ファンもけっこう多い。
私自身はそれほど温泉マニアというわけではないが、それでも以前は一時期早朝温泉に嵌(はま)ったことがあった。

「やすらぎ温泉」には露天ブロもあり、正面にある岩木山を眺めながら湯に浸かることができるのだが、あいにくの曇天のため、岩木山は拝めなかった。
熱めのお湯、ぬるめのお湯に交互に入っているうちに、しだいに体がほぐれて気分がよくなってきた。
やはり朝早くの温泉は心身ともにリラックスして気持ちがいい。
体調の悪さも幾分和らいだようである。
早朝割引で入浴料は250円ナリ。
お手軽なリハビリであった。


やすらぎ温泉
弘前市大字石渡字大保55-1
TEL.0172-37-8888
入浴時間・料金:5時~22時 350円


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 温泉♪  ジャンル : 旅行


カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2008年)還暦です。
性別:男

還暦という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293006 2017