風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 弘前

Comment (0)  Trackback (0)

第42回弘前城雪燈籠まつり

「弘前城雪燈籠まつり」が始まった。
昭和52年(1977)にスタートした祭りは、今年で42回を迎えた。
毎年メイン会場の四の丸には大雪像が作られ、呼び物になっているが、今年作られたのは弘前市役所本館である。
昨年市役所に新館が建て増しされた。
それを記念しての大雪像である。

maekawa2.jpg

弘前市役所本館は、1958年に建てられた。
設計は前川國男、日本を代表する建築家である。
弘前市内には前川が設計した建物が、8つも存在する。
しかも前川の処女作となる建物がこのなかには含まれている。
このようなことは全国的にも珍しいことである。
なぜ前川の建物が弘前にこれほど数多く存在するのか。
それは彼の母親が弘前藩士の娘だったということに由来する。
前川自身は新潟の生まれである。

前川國男はフランスの世界的な建築家であるル・コルビジェのもとで建築を学んだ。
その時前川の後見人となったのが、当時国連事務局長としてパリに在住していた叔父の佐藤尚武であった。
母親の兄である叔父の佐藤尚武は、弘前の出身であった。
またパリ在住時に親交を深めた駐仏武官の木村隆三が弘前の人で、帰国後彼から設計を依頼された。
その結果作られたのが、前川國男の処女作となる「木村産業研究所」であった。
昭和7年(1932年)前川國男27歳の時である。
これで弘前との深い繋がりができ、以後の建築群の設計へと繋がっていくことになるのである。
1945年には弘前中央高等学校講堂が作られ、1958年弘前市役所、1964年弘前市民会館、1971年弘前市立病院、1976年弘前市立博物館、1980年弘前市緑の相談所、1983年弘前市斎場と続いていく。
木村産業研究所を作ったのが27歳、そこから始まった流れは、以後途絶えることなく続き、最後の弘前市斎場の時は78歳、実に50年の長きにわたって弘前の土地に新しいデザインの建物を作り続けたのである。
そしてそれが今や弘前市にとっての貴重な財産となっている。

maekawa1.jpg

一昨年、ル・コルビジェ設計の国立西洋美術館が世界文化遺産に登録された。
この建築工事では、彼の日本人の弟子である前川國男・坂倉準三・吉阪隆正の3人が協力し完成させている。
また新館は前川國男の設計である。
そうしたことも含めて考えると、今回の大雪像に弘前市役所本館を選んだのは非常にタイムリーなことだったように思える。
また弘前市にこのような遺産を残してくれた前川國男を顕彰する気持ちも、そこには込められているのではなかろうか。
大雪像の傍に立てられた案内板を読みながら、ふとそんなことを思ったのである。

スポンサーサイト
テーマ : 青森県情報 おもしろ情報  ジャンル : 地域情報


Category: 弘前

Comment (0)  Trackback (0)

ねぷた祭り

今年のねぷた祭りは、孫の付き添い兼撮影係として、3回ねぷた運行に参加した。

1回目は保育園の夏祭りでの運行、2回目は保育園合同の運行で土手町コースを、そして3回目は市の合同運行で駅前コースを歩いた。

その祭りも今日で最終日である。

ねぷたが終わると秋が来るというが、まだまだ暑い日が続いている。

昨日に続き今日の最高気温もまた30度超えの真夏日の予報である。

017-0806-1.jpg

017-0806-2.jpg

017-0806-5.jpg

017-0806-3.jpg

017-0806-4.jpg

017-0806-6.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑



Category: 弘前

Comment (0)  Trackback (0)

弘前さくら祭り開幕

弘前さくら祭りが始まった。
初日の今日は、午前11時から本丸で開幕式が行われた。
その開幕式に孫が通う保育園の園児たちが、風船を飛ばすイベントに参加するという。
その様子を見に行ってきた。
本丸に到着すると、すでに大勢の客でいっぱいである。
混雑する肩越しの見物である。

開幕式は例年ニュースで見るだけで、実際に見るのはこれが初めて。
弘前市長をはじめ、地元選出の国会議員、知事、県内の市町村長といったお歴々が顔をそろえている。
さらに先日選ばれたばかりの「ミス桜」たちも色どりを添えている。
さすが観光の目玉「弘前さくら祭り」である。
盛大な開幕式である。
そしてセレモニーの最後を締めくくったのが、風船飛ばしのイベントである。
手に手に色とりどりの風船を持った園児たちが登場してきた。
掛け声とともに風船を離す。
子供たちの歓声が上がる。
それに誘われるように見物人からも歓声が上がる。
風船が空に舞い上がっていく。
「さくら祭り」の始まりである。

IMG_3780.jpg

IMG_3787.jpg

IMG_3791.jpg

IMG_3813.jpg

IMG_3815.jpg

IMG_3805.jpg





Category: 弘前

Comment (0)  Trackback (0)

桜の剪定枝の配布

今日から彼岸の入りである。
昨日から岩木山ではスカイラインの除雪が始まった。
また市内の多くの学校では卒業式も行われるなど、春の訪れを感じさせる話題が聞こえてくる。
今年は雪が多く、今でも積雪は66センチと平年の倍近い量だ。
それでも春は確実に近づいている。

そんななか今日弘前公園の桜の剪定枝の配布が行われた。
配布開始が8時半ということなので、少し早めに家を出て、8時には配布場所である緑の相談所に着いたが、もうすでに40人ほどが並んでいる。
その列に並んだが、そのあともつぎつぎと集まり、配布開始時間になると100人近い行列になっていた。

IMG_0167.jpg

待つこと数分で順番がやって来た。
配布はひとり3本までと決められている。
枝ぶりのいいのを選んで持ち帰った。

IMG_4403.jpg

さっそく花瓶に挿した。
蕾はまだまだ小さい。
それでも花が開くのは、公園の桜よりはかなり早い。
ひと足先に桜の花を楽しめる。
咲くのが今から待ち遠しい。



Category: 弘前

Comment (0)  Trackback (0)

今年の桜

弘前の桜も満開の盛りを過ぎ、いよいよ最終段階の時期に入った。
今年の標準木の開花は、4月18日、そして一番早い外濠の満開が22日であった。
弘前公園には何回も足を運び写真を撮った。
そのなかからいくつかを記録として載せておくことにする。

20160428-12.jpg

20160428-11.jpg

20160428-8.jpg

20160428-9.jpg

20160428-10.jpg

20160428-7.jpg

20160428-13.jpg

20160428-14.jpg

20160428-6.jpg

20160428-4.jpg

20160428-5.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑


Category: 弘前

Comment (0)  Trackback (0)

スターバックス弘前公園前店

20151126-1.jpg

「スターバックスコーヒー弘前公園前店」に行ってきた。
今年の4月にオープンして以来、初めてのことだ。
この店舗は国登録有形文化財である「旧第八師団長官舎」を転用したもので、文化財への出店は神戸市の「北野異人館」に次いで2例目ということである。
開店当初はそんな話題性とさくら祭り期間も重なって、長蛇の列であった。
しかしそれもようやく落ち着き、半年を経た今ではすっかり周囲に溶け込んだ店になっている。
かつては毎日のように喫茶店通いをしたものだが、最近ではほとんど行くことはなくなった。
それでも物珍しさと、建物内部への興味もあって、この店にはいちどは行ってみたいと思っていたが、それでもなかなか腰を上げることができず、気がつくとすでに半年が過ぎていたというわけである。
ようやくにしての初来店ということになる。

20151126-2.jpg

20151126-3.jpg

20151126-4.jpg

20151126-5.jpg

20151126-6.jpg

なるほど、噂に違わずなかなか雰囲気のある店である。
大正6年に建設されたという建物は、大正ロマンを感じさせるレトロな趣がある。
それがスターバックスの現代性とうまくマッチしている。
さらに本丸を前にした立地条件といい、これからは単なるカフェというだけではなく、弘前の観光名所のひとつになっていくのだろうと思う。

たった一杯のコーヒーながら、ちょっぴり贅沢な時間を過ごすことができた。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑


Category: 弘前

Comment (0)  Trackback (0)

今日の弘前公園

弘前公園の紅葉が真っ盛りである。

天気がいいので出かけてみた。

その時の写真である。

20151103-1.jpg


20151103-2.jpg


Category: 弘前

Comment (0)  Trackback (0)

弘前城菊と紅葉まつり

2015kikutomomiji.jpg

弘前公園で開催中の「弘前城菊と紅葉まつり」に行ってきた。
紅葉は色づき始めで、ひと足早かったが、秋の日差しが心地いい。

20151022-8.jpg

20151022-1.jpg
まずは主会場になっている植物園に入場、菊人形を見た。
今回は「弘前城 人は石垣 人は城」をテーマに、藩政時代の武将などの姿が再現されている。
いつも思うが、菊人形はちょっと不気味。

20151022-2.jpg
次に見たのは、中央広場に設けられた舞台で演奏される津軽三味線の演奏である。
これは平日の1時半から2時の間に行われるイベントだが、そのことは知らずに、たまたまその時間にそこを通りがかっただけである。
思わぬ出会いに感謝である。
演奏されたのは、「津軽じょんがら節」「津軽あいや節」など馴染のある曲ばかり。
久しぶりに津軽三味線のライブを楽しんだ。

20151022-3.jpg

20151022-4.jpg
その後は今回のメインイベントである本丸の曳家工事の見学である。
9月に行われた「曳屋ウィーク」を見に来て以来の本丸訪問である。
「曳屋ウィーク」で動かされた距離は、わずか5m30cmだけであったが、その後工事が行われ、本丸中央に拵えられた臨時の石垣の上まで無事到着している。
しかし石垣と天守閣の間はまだ鉄骨で支えられたままである。
これが引き下ろされて石垣に固定されるのは24日のことである。
その日には、またもういちど見学に来ようかなと思っている。
100年に一度の大工事は、何回見ても見飽きることがない。

20151022-7.jpg

20151022-5.jpg


弘前城の散策の後は、同じエリアにある市民会館内の喫茶「バトン」でコーヒーを飲んでひと休み。
ここのコーヒーは格別美味い。
コーヒーを飲みながら、店内に置かれた雑誌を読む。
ゆったりとした時間が流れていく。
歩いた後の気怠い疲れが、ゆっくりと癒されていく。

20151022-6.jpg

先週の八甲田に続いて、秋の行楽を楽しんだ一日であった。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑



Category: 弘前

Comment (0)  Trackback (0)

なつかしの映画ポスター展

NHK弘前のギャラリーで開催されている「なつかしの映画ポスター展」に行ってきた。
同文化センターで行われている映画講座に通う有志の方たちが開いたものである。
展示されているのは、昭和30~40年代にかけての映画全盛期のポスターである。
「日活アクション」や「時代劇」、そして「母もの」や文芸映画など、その時代の匂いを感じさせるものばかり。
こういうポスターを大切に保管している映画ファンが、少なからずいるのである。
懐かしく、かつ珍しいものばかり。
なかでも川島雄三監督の「わが町」と「洲崎パラダイス 赤信号」があったのが目を引いた。
やはり県出身の監督ということからなのか。
それにしても思いがけない出会いであった。
どちらも大好きな映画だけに、ポスターを見ることができてよかった。

20151019-poster2.jpg

20151019-poster1.jpg

20151019-poster3.jpg

20151019-poster4.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑


Category: 弘前

Comment (0)  Trackback (0)

曳屋ウィーク

hikiya.jpg

9月20日から弘前公園で「曳屋ウィーク」が始まった。
本丸下の石垣修理のため、天守を移動させる工事が行われているが、それに伴ったイベントである。
公募で集まった市民や観光客たち100人が、天守に結び付けた4本の綱を引いて動かすというもの。
同様の工事は100年前にも行われたそうで、その再現をしようということで企画された。
9月20日から27日まで、毎日4回行われている。
掛け声に合わせて100人がいっせいに綱を引く。
高さ14.4メートル、総重量約400トンの天守はびくともしないように見えるが、それでもレールの上を僅かだけ移動する。
その距離15センチ。
これを繰り返し行って、今日最終日を迎えた。
期間中の参加者は約4000人、動いた総距離は5m30cmである。
「ちりも積もれば山となる」である。

今後も引き続き工事が行われ、10月末までに北西74メートルの場所へと移ることになる。
100年に一度の大工事は、着々と行われているのである。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑


カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2018年)70歳です。
性別:男

還暦(10年前)という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

1234567891011121314151617181920212223242526272802 2018