風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: ニュース

Comment (0)  Trackback (0)

火事騒動

昨日裏の家が火事になった。
午前7時半ごろのことである。
このことは昨日のFacebookにも書いたが、さらに詳しいことをブログにも書くことにした。

7時少し前に、いつものように犬の散歩に出かけた。
20分ほど散歩をした後帰宅、庭の薪小屋に薪を取に行ったが、その時には何の異常もなかった。
火事の起きた家は、薪小屋を挟んで向こう側である。

その後部屋に戻り、朝食の準備をしていると、外で大きな音がした。
どこかの屋根の雪でも落ちたのかと思い、それほど気にも留めなかったが、そのうち外が騒がしくなってきた。
窓から覗いてみると、近所の人たちが大勢集まってわが家の庭の方を見ている。
何事かと外に出てみると、庭に面した隣の家が燃えているではないか。
2階の窓から火が激しく噴き出し、黒い煙が高々と舞い上がっている。
わが家とは2メートルと離れていない場所である。
これは一大事、延焼すると大変なことになってしまう。
しかし気は焦るものの、何をすることも出来ない。
ただじっと見守っているしかない。
一刻も早く火が消えるのを祈るだけである。

CIMG5164.jpg

CIMG5169.jpg

消防車がサイレンを鳴らして何台も駆けつけてきた。
救急車、パトカーも来ている。
見物人がどんどん増えてくる。
辺りは騒然となった。
駆けつけた消防士たちが、慌ただしく放水するが、水の勢いがいかにも弱い。
こんな調子で果たして消火ができるのかと、些か心細くなってしまう。
情報によると、消火栓が凍っているのが原因のようだ。
そのうち別な消火栓に繋いだ長いホースを、わが家の庭に引き込んでの消火が始まった。
つぎつぎとホースの数が増えていく。
そうこうするうちに、弱かった水も次第に勢いを増してきた。
そして四方八方からの放水が、次第に効果を表し始めたようで、火の勢いが目に見えて弱まってきた。
こうして心配していた周りの家への延焼もなく、ようやく鎮火となったのである。
ひと安心である。
しかし火事のあった家は、全焼であった。
ただ家族全員ケガもなく無事であったのは不幸中の幸いといえよう。

CIMG5186.jpg

出火から鎮火まで、およそ2時間ほどの出来事だった。
緊張していたせいか、それほどの時間が経ったとは思えない。
あっという間だったような気がする。

騒動の後は、警察から事情を聞かれたり、テレビ局の取材を受けたり、消防士から類焼被害についての説明を受けたりと、対応に大わらわであった。
(この時の取材の様子は当日のニュースで流れた。かなり話したつもりだが、画面に映ったのは、ほんの一瞬、しかもたったひと言だけだった。これには大笑いであった。)
さらに、近くの銀行から、ご丁寧な近火見舞いをいただいた。
また騒動が一段落した日暮れ時には、火元である隣人からお詫びの挨拶があった。
こんな大事があった後なのに、気丈に話される様子には、ひと事ながら幾分安心を覚えた。
状況を伺うと、出火原因は、まだはっきりしないそうだ。
また火事が起きた時は、1階で家族全員が食事中だったそうで、2階が燃えていることには気づかなかったという。
近所の人から教えられて、初めて火事に気づき、逃げ出したということである。
しばらくは実家に身を寄せて、今後のことを考えていくそうだ。
いろいろと大変なこともあるだろうが、何とか頑張って乗り切ってもらいたいものである。

火を扱うことの多い季節であるだけに、今回のことは、とても他人事とは思えなかった。
とくにわが家は薪ストーブを使っているだけに、よりいっそうの注意が必要だ。
今後はこれまで以上に、火の扱いを慎重にしなければと、改めて戒めた次第である。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
スポンサーサイト


Category: ニュース

Comment (0)  Trackback (0)

丸亀高校、甲子園出場

20130726-768331-1-N.jpg

母校丸亀高校が、香川県大会決勝で尽誠学園を破って甲子園出場を決めた。
26日のことである。
翌日のFacebookでこのニュースを知った。
さっそくFacebookに書き込みをした。
次のようなものである。

<わが母校丸亀高校が、見事甲子園出場を決めました。しかも甲子園の常連校である尽誠学園を下しての出場です。 県立の進学校ということを考えれば、これはまさに快挙というべきでしょう。
青森県大会では、同じく県立の進学校である弘前高校が決勝で破れて残念に思っていたところでしたので、このニュースには特別うれしく思いました。 甲子園では精一杯頑張ってほしいものです。活躍を祈っています。>

ところでこれを機会に丸亀高校の過去の戦績を調べてみると、甲子園は選抜に1回、夏の大会には3回も出場している。
ちょっと驚きである。
こんなに出場していたとは知らなかった。
これだともう立派な強豪校ではないか。
しかも1990年の夏の大会では準決勝まで進んでいる。
さらに2000年には春夏連続出場、その時の夏の大会では宇都宮学園と3 - 5の接戦であった。
また県大会は今年まで3年連続の決勝進出ということだ。
けっしてフロックというわけではない。
間違いなく実力で勝ち取ったものである。
そう考えると、今回の甲子園大会は、案外いいところまで行くかもしれない。
そんな期待が高まってくる。
これでますます大会が楽しみになってきた。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 高校野球  ジャンル : スポーツ


Category: ニュース

Comment (0)  Trackback (0)

寝台特急「日本海」ラストラン

寝台特急「日本海」が17日の運行を最後に幕を引いた。
四国の実家へ帰る際には必ず利用した寝台列車だっただけに、感慨深いものがある。

1968年に運行を開始、以来40年以上に渡って青森、大阪間を走り続けたが、近年は利用する人の数も減り、乗車率は4割までに落ち込んでいたそうだ。
これも時代の流れなのだろう。

寝台列車の旅には、独特の味わいがある。
ちょっと物悲しいような旅情は、夜汽車ならではのものである。
なかでも雪の降る夜などは、ことのほか淋しさが胸に迫ってくる。
日常から離れるのが旅の魅力のひとつだが、夜汽車にはことのほかそうした情緒が味わえる。
しかしそうした魅力も、便利さの前には次第に隅に押しやられてしまったということだろう。
これで昭和の思い出が、またひとつ姿を消したのである。

「日本海」でのいちばんの思い出は、30年近く前の帰省の際、新潟県新発田市近辺で台風の影響によって列車が立ち往生してしまったことである。
強風によって大木が線路上に横倒しになり、列車がストップしてしまったのである。
列車が再び動き出すまでの数時間、途中朝食が配られたことはよく憶えているが、どんなふうに時間をやり過ごしたかは憶えていない。
しかし通常は18時間で実家に到着するところを、このときは24時間かかったのだから、都合6時間を停まった列車のなかで過ごしたわけだ。
幼い娘2人を連れていたので、おそらく飽きて無理を言って困らされたのではないかと思うが、そうしたことはいっさい憶えていない。
しかしそれも今となってはいい思い出である。
そんなことを思い出しながらラストランのニュースを見ていたのであった。




ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 鉄道旅行  ジャンル : 旅行


Category: ニュース

Comment (0)  Trackback (0)

第146回直木賞

第146回直木賞は葉室麟が受賞した。
もうすでに受賞しているものとばかり思っていたので、受賞のニュースを聞いて意外な気がした。
彼の小説は以前「銀漢の賦」と「秋月記」を読んだことがある。
どちらも本格的な時代小説で、強く印象に残っている。
以来彼のファンになったので、今回の受賞はことのほかうれしい。
これを機会にまた彼の小説を読んでみようと思っている。
もちろん受賞作の「蜩の記」も。

higurasinoki.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 本の紹介  ジャンル : 小説・文学


Category: ニュース

Comment (0)  Trackback (0)

火事

昨日近所で火事があった。
ちょうどその付近を通りかかった時に一軒の家から煙が出ているのに気づいた。
出火したばかりのようで、住人が避難を始めていた。
そうこうするうちにまたたく間に燃え広がり、黒煙が大きく巻い上がっていった。

2012-1-8-kaji1.jpg

2012-1-8-kaji2.jpg

2012-1-8-kaji3.jpg

消防隊はまだ来ていなかったが、数分後サイレンを鳴らした消防自動車がつぎつぎと到着、あたりは騒然となってきた。
隊員たちの指示を出す怒鳴り声が飛び交う。
一刻一秒を争う消火作業がつぎつぎと行われていく。
さらに警察官やカメラを抱えた新聞記者なども駆けつけた。
大勢の野次馬がその様子を遠巻きに見守っている。
現場は次第に緊迫した空気に包まれていった。

しかし消火作業が早かったこともあってか、結局全焼には至らず、隣家への類焼なども免れたようである。
駆けつけた消防自動車10数台、パトカー2台であった。
ストーブなど火を扱うことの多いこの季節、じゅうぶん注意しなければとあらためて思った次第である。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 地域情報  ジャンル : 地域情報


Category: ニュース

Comment (0)  Trackback (0)

うどん県

香川県観光協会が11日、特産品のうどんをアピールするサイトを開設し、「うどん県」を高らかに宣言したというニュースをネットで見つけた。
さっそくサイトにアクセスしてみたところ、トップページに県出身の俳優、要潤が登場、彼が副知事に就任してこのプロジェクトを推し進めるという体裁になっていた。
また動画では「香川県」を「うどん県」に改名するという架空の設定のもと、「食」や「アート」を中心にした香川の観光を強力にアピールしている。
なかなかユニークで楽しませる内容である。
サイト開設後はアクセスが殺到、一時つながりにくい状態になったそうだ。
そういうことで香川県出身者としては、黙っていられずさっそく紹介することにしたというわけだ。

興味のある方はアクセスしてみてください。

こちらです。
http://www.my-kagawa.jp/udon-ken/


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 香川  ジャンル : 地域情報


Category: ニュース

Comment (0)  Trackback (0)

光星学院決勝進出

kousei.jpg

全国高校野球選手権大会第14日目の今日、青森県代表の光星学院が作新学院を5-0で破って決勝進出を決めた。
青森県勢としては1969年の三沢高校以来42年ぶりの決勝進出である。
決勝の相手は日大三高(西東京)。
もし優勝すると東北勢としては、春夏を通じて初の甲子園制覇となる。
光星学院は地震の被災地となった八戸の高校である。
そうした意味でも被災地東北を代表して、ぜひとも青森県に優勝旗を持ち帰ってもらいたい。
果たしてどうなるか、明日の決勝が楽しみである。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 高校野球(甲子園)  ジャンル : スポーツ


Category: ニュース

Comment (0)  Trackback (0)

なでしこジャパン、世界一

2011-7-18-nadesiko.jpg

なでしこジャパンが優勝候補のアメリカ・チームを破って、夢にまで見たワールドカップ優勝を手にした。
戦前の予想では、アメリカ・チームの優位は動かず、おそらくアメリカ優勝という順当な結果になるのではというのが大方の予想だったのではなかろうか。
試合が始まり、アメリカの力強く圧倒的な攻撃を見たときには、まさか日本がこのチームに勝てるなどとは思いもしなかった。
負けるにしても善戦した末の惜敗に持ち込めればいいといった冷めた気持ちで見ていたが、執拗に攻めるアメリカの攻撃が何度も的を外し、日本がしぶとく凌ぎ続けているうちに、ひょっとすると何とかなるのではといった期待が少しづつ沸き始めてきた。
さらに先制点を取られた後、すぐに同点ゴールを決めたときには、その期待はさらに大きく膨らんでいった。
そして延長戦、その時点では、長期戦になればあるいは日本にも勝機があるかもといった予感も生まれ始めた。
しかし前半戦終了間際、ワンバックのゴールが決まると、急激にその期待も萎んでしまった。
もうこれまで、おそらくこれでアメリカに逃げ切られてしまうのだろうといった、半ば諦めの気持ちに支配されてしまったのであった。
ところが選手たちにはそうした落胆の気持ちはまったくなかったのだ。
最後まで諦めず積極的に攻める気持ちを持ち続けていたのである。
そしてそんな悲観的な気持ちを一掃するゴールを、日本のエース澤が決めてくれた。
すごい!まさに起死回生の同点ゴールであった。
結局これでPK戦へと持ち込み、3-1でアメリカを破ってワールドカップ初の優勝を手にしたのであった。
見事というほかない。
実力では格上のアメリカ・チーム、これまで24戦して一度も勝てなかった相手に、ワールドカップ決勝という大舞台で勝ったのである。
素晴らしい粘り、最後まで諦めず、実力をすべて出し尽くした末の勝利であった。
まさに奇跡の勝利、これ以上のドラマはない、そんな感動的なゲームだった。
なでしこジャパン、優勝、そして世界一おめでとう!
そして感動をありがとう!
思わずそう叫ばずにはいられない素晴らしい決勝戦であった。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : ☆☆女子サッカー☆☆  ジャンル : スポーツ


Category: ニュース

Comment (0)  Trackback (0)

スーパームーン

少し遅くなったけど、先日の「スーパームーン」の情報を載せておきます。

こちらのサイトです。
http://karapaia.livedoor.biz/archives/51986963.html

海外のいろんなスーパームーンが楽しめますよ。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 海外情報  ジャンル : 海外情報


Category: ニュース

Comment (0)  Trackback (0)

マグニチュード9・0

先ほど東日本大震災の規模が、マグニチュード8・8から9・0に修正された。
これは記録が残る1900年以降では、1960年の南米チリ地震のマグニチュード9・5、2004年のインドネシア・スマトラ沖地震のマグニチュード9・1などに次いで世界で4番目の規模の大地震になるそうだ。
いかに今回の地震の規模が大きかったかということだ。

痛ましいニュースがつぎつぎと伝えられているが、同時に福島の原発事故も不気味な展開を見せており、いったいどこまで行くのか、こちらも心配だ。
チェルノブイリ、スリーマイル島の二の舞にだけにはなってほしくない。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑


カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2008年)還暦です。
性別:男

還暦という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293006 2017