風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 愛犬

Comment (0)  Trackback (0)

ロシェルの最期

roche200806.jpg

愛犬ロシェルが息を引き取った。
2月22日午前2時のことである。
そのことはFacebookにも書いたが、思いがけず大勢の人たちから励ましの言葉をいただいた。
有難いことである。
更新も途絶えがちで、あまり熱心なFacebook愛好者というわけではないが、こういう時にはFacebookをやっていてよかったとつくづく思う。
改めてお礼を言いたいと思います。
ほんとうにありがとうございました。
そこでこのことを忘れないように、ブログにも書いておくことにした。

ロシェルは2005年4月18日に、黒石市の「ル・グレ」というレストランのオーナーの元で生まれた。
ラブラドール・リトリバーのオスである。
名前は、オーナーの家にホームステイしていたフランス人学生の出身地から採ったもの。
調べてみるとフランス西部の、ポワトゥー=シャラント地域圏の都市で、シャラント=マリティーム県の県庁所在地となっている。
西海岸最大の漁港であり、また重要な貿易港でもある。
どういう経緯でこの名前をつけたのかは定かではないが、なかなか珍しい名前である。
名前を聞かれて答えると、大概の人は一度だけでは覚えられず、「え?らしぇる?」とか「ろし・・え?!」とか「・・・・」とか、その都度相手が面食らったものだが、それも今となっては楽しい思い出のひとつである。
そのロシェルが満1才の時に、レストランのオーナーから譲り受けたのである。
その半年前、わが家で飼っていたラブラドール・リトリバーが亡くなった。
そのことを何気なく話したことがきっかけで、オーナー夫妻から譲ってもいいという話を戴いたのである。
有難い申し出に、ペット・ロス状態から抜け出せていなかった家内は、一も二もなく飛びついたが、飼うことの大変さを考えると二の足を踏むばかりであった。
強硬に反対はしたものの、結局は家内の強引さに押し切られ、また彼女の気持ちが少しでも癒されるのならと、同意することにしたのである。
しかしそうはいっても、いったん飼うとなるとやはり情が湧いてくるのは、自然の流れというもの。
あっという間にロシェルは、わが家の一員となってしまったのである。
それはまるで最初からわが家の一員であったかのような素早さであった。
そうなると、ロシェルはわが家に来るべくしてやって来た犬なんだと、都合よく解釈するようなぐあいであった。
性格は穏やかでフレンドリー、そして少しばかり怖がりなところがあった。
しかし大きな病気をすることもなく、これといって手を煩わされることもなかった。
そうやって過ごした穏やかな10年間であった。

前に飼っていたラブラドールは、14歳まで生きた。
そうしたこともあって、当然この子もそれ位までは元気でいるのだろうと、勝手に考えていた。
ところが昨年末に急に体調を崩し、正月が明けるのを待ちかねて病院に行ったところ、腎不全という診断を下されたのである。
さらに検査した数値から考えると、いつ死んでもおかしくない状態なのだと告げられたのである。
まさに青天の霹靂であった。
そんなに悪いのだ、これはもう覚悟を決めるしかない。
後は出来るだけ穏やかに最期を迎えられるよう願うしかないと自分自身に言い聞かせるだけであった。

医者から指示されたのは、皮下輸液と腎臓サポート用のドライフードに変えるというふたつの治療法であった。
皮下輸液というのは、背中に針を刺し、それに繋げたチューブから輸液を体内に注入するというもので、点滴のようなもの。
犬猫の治療では比較的よく使われる治療法のようで、腎不全の場合は主に水分補給のために行うのだという。
当初は通院してやっていたが、やがてやり方を教わり、自宅で自分たちでやるようになった。
そうした治療の効果が現れたようで、一時は元気を取り戻したが、それでもやはり1か月半が限度であった。
死ぬ4、5日前くらいからは、もう何も口にすることができなくなってしまった。
そして2月22日の夜中に、とうとう力尽き、息を引き取ってしまったのである。
最期を看取ったのは家内であった。
前のラブラドールは我々が眠っている夜中に、誰にも看取られず孤独に息を引き取った。
そのことが彼女には悔やまれてならなかったようで、今回は必ず自分が看取ってやるのだという強い思いをもっていたようだ。
そして念願が叶い、そうすることができたのである。
息を引き取った後、彼女は娘に伝えるためにメールを送った。
それを読むとロシェルの最期の様子がよく分かる。
ここにそのメールを書き写しておくことにした。
次のような文面である。


ロシェルは夜中2時に息をひきとりました。
夕べはママも10時に寝て12時に目が覚めました。
ロシェルの息づかいが荒く、大きなイビキでもかいてるみたいで、でも起きてみたら、なんとなく今までと様子が違うので、もうママも服に着替えてずーっと首のところ撫でてた。
何回も茶色の液体吐いて、とても苦しそうにママの膝に顔を載せようとして、多分朝までには逝くかもしれないと思った。
ママは、この子は優しい子で何も悪い事してないんだから、お願いですから苦しめないでくださいって摩りながら祈ってた。
2時に大量にまた茶色の液体を吐いて、もうのたうちまわる感じで、本当に辛かった。
そして痙攣が始まった。
手足を突っ張らせて尻尾を床にトントン叩きつけて、その後カクンカクンと痙攣した。
でも全然怖くなかったよ。
これでやっと死ねるんだと思ってホッとした。
吐いた液体でアゴとか手とか汚れたから、お湯で綺麗に拭いて、それからパパを起こした。
全然涙出なかった。
ロシェルと供に闘った感じで、良かったと思う感じです。
きっと後から来るのかも。
用意してた白いタオルケットにくるんで、今はリビングの方で何時もの優しい顔でまるで眠ってる様です。
なんか興奮してママは眠れそうにありません。


死んだ後、これを見せられ読んだ時には泣かなかったが、今これを書きながら読んでいると、思わず泣いてしまった。
まさに不意打ちである。
悲しみはこんな形で、突然やってくるのである。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑

スポンサーサイト


Category: 愛犬

Comment (0)  Trackback (0)

なかよしです。

P1050776.jpg
テーマ : 初孫だよ  ジャンル : 育児


Category: 愛犬

Comment (1)  Trackback (1)

今朝の散歩

最近の日の出は早い。
朝4時過ぎになると窓の外が明るくなる。
それで目が覚める。
今朝も4時半に起きて、ロシェルの散歩に出かけた。

今日は少し脚を伸ばして、岩木川の河原まで行ってみた。
先々週あたりから芽を出し始めた菜の花が、黄色い花を咲かせている。

2012-5-14-1.jpg

そのなかをロシェルが元気に駈けて行く。
歩いて行くうちに靴が朝露で濡れていく。
ロシェルの身体もびっしょりと濡れていく。
後で身体を拭くのが大変だが、うれしそうに駈けて行く姿を見ていると、そんな大変さも忘れて、思いっきり走らせてやろうという気になってくる。
朝陽がだんだんと登ってくる。
足元に伸びる影がずいぶんと長い。

2012-5-14-2.jpg

今日はいい天気になりそうである。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 犬のいる生活  ジャンル : ペット


Category: 愛犬

Comment (0)  Trackback (0)

朝の散歩

今日の朝の散歩は家内とふたりで出かけた。
いつもはどちらかひとりがロシェルを連れて行くのだが、久しぶりにふたりで出かけた。
せっかくだから、これまで行ったことのない所へ行こうということになり、ちょっと脚を伸ばして曙橋下の河原に出かけることにした。

2012-5-1-2.jpg

2012-5-1-3.jpg

ビーグル犬を連れたお年寄りがひとりだけ散歩をしていたが、ほぼ散歩が終わったようで、すぐにいなくなった。
後はわれわれだけになったので、さっそくロシェルを放して、ボール投げで遊んだ。

2012-5-1-4.jpg

今日の岩木川は水量が多く、流れもいつもより急であった。
上流のダムの放水があったのかもしれない。

2012-5-1-5.jpg

この場所から見る岩木山はいつもより近くに見える。

爽やかな朝でした。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : レトリーバーと暮らす  ジャンル : ペット


Category: 愛犬

Comment (0)  Trackback (0)

リュウが死んだ

091201ryu2.jpg

愛犬リュウが亡くなった。
つい先ほど、午後8時45分に息を引き取った。
推定年齢14歳であった。

昨年の秋頃から徐々に衰え始めていたが、雪が降り出すとともに、その衰えが目に見えて速まっていった。
そして年を越えると足腰が弱り、歩くことも覚束なくなってきた。
それでも散歩に出る回数は減らすことなく、元気な時同様に散歩に連れ出していた。
ただ歩く距離は短くなり、家の周辺を申し訳程度に歩くくらいになってはいたが。
後ろ足に力がなくなり、立つこともできなくなっていたので、リードで下半身を支えながらの散歩であった。
また眼も見えなくなっていた。
昨日まで散歩を続けていたが、今日はさすがに元気がなく、もうこれ以上は無理と判断して休むことにした。
そしてもう長くはない、今夜あたりが山ではないかと、家内とふたりで覚悟を決めていたところであった。
その予感が的中したように、息を引き取ったのであった。
静かで安らかな最期であった。
わずか14年間ではあったが、犬の平均寿命は何とか生き抜いたのである。
よく頑張ったなと褒めたやりたい。

リュウがわが家に来たのはおよそ13年ほど前のこと。
ある朝起きると、わが家の傍の木に括りつけられていたのであった。
おそらく野良犬としてうろついていたところを、誰かに捉えられて括りつけられたのであろう。
それを見て、これも何かの縁と思い、わが家で飼うことにしたのである。
当初は野良犬の習性か、咬み癖や逃亡癖があってワイルドな性格であったが、次第に穏やかな家庭犬に変わっていった。
しかし向こう意気の強さは変わらず、どんな犬でも相手構わず挑んでいくような気の強さであった。
わが家に馴染んだように見えてはいたが、それでも自立心が強くどこまでもわが道を行く、といった孤高の姿は終生変わらなかった。
そうやって精一杯生き切った14年であった。

さよならリュウ、そしてたくさんの幸せと思い出をありがとう。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 老犬介護人  ジャンル : ペット


Category: 愛犬

Comment (1)  Trackback (0)

今朝の散歩

寒い日が続いている。
この寒さに家内が風邪をひいた。
昨日の朝、「身体の調子がおかしい。どうやら風邪をひいたようだ。」と言っていたところ、夕方近くになると本格的な風邪の症状になってしまった。
そこで今朝のロシェルの散歩はできなくなったので、代わりに2匹を散歩させることになった。
朝暗いうちに起きて、まずはリュウを散歩に連れて行き、それが終わって今度はロシェルの散歩である。
近くの原っぱでロシェルを放して遊ばせた。
しばらくすると朝陽が昇ってきた。
6時20分ころである。

111102_0622~01

ケイタイで朝陽の写真を撮った。
そしてついでにロシェルの写真も一枚。

111102_0623~02

朝陽を受けたロシェルの写真である。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : LAB☆LOVE☆ラブラドール  ジャンル : ペット


Category: 愛犬

Comment (0)  Trackback (0)

パソコンの不調とリュウの小屋作り

16日にブログを書いて以来、10日近く何も書いていない。
この期間、薪作りのほか、リュウの小屋作りをすることに忙しく、さらにはパソコンの調子が悪いということが重なって、ついついブログを書くことができなかった。
その辺の事情を少し書いておく。

まずはパソコンの話から。
いつも使っている自宅のパソコンが突然フリーズしてしまい、何の反応もしなくなった。
乏しい知識のなかで知っている限りの方法を試してみたが、まったく反応がない。
そこで仕方なく電源ボタンで強制終了し、パソコンショップに持参して症状を見てもらったところ、すぐに正常に戻った。
対応してくれたスタッフによると、スリープ状態のときには時々こうした症状が起きることがあるとのこと。
何はともあれ、元に戻ってホッと一安心。
ところが自宅に帰って使おうとしたところ、また以前と同じ状態になってしまった。
せっかく元に戻って喜んでいたのに、またまたこの調子である。
がっかりし、今度は念のために接続したものをすべて繋いだ状態で、もういちどパソコンショップに行って調べてもらうと、何とマウスが故障していることが判明。
なんだ、そんな単純なことが原因だったのかといささか拍子抜け。
手数がかかったわりには、初歩的なことに問題があったわけだ。
「幽霊の正体見たり、枯れ尾花」いや、この喩えはちょっと違うかな?
しかしいずれにしても今回のことは、いい勉強になった。
結局この騒動によって、数日間パソコンは使えずじまいであった。

そして次は小屋作りの話である。
毎年冬になると、リュウは玄関に繋ぐことにしているが、歳のせいで、散歩の時間までトイレを我慢することができなくなってしまった。
そういう理由から玄関には繋ぐことができなくなったので、物置を利用してリュウのための冬用の小屋を作ることにした。
1メートル四方の小さな物置をリュウのねぐらに転用し、その前面にオシッコやフンをいつ垂らしてもいいようにと、屋根つきのスペースを作った。
そして吹雪いた時のためにドアをつけ、さらにすきま風が入らないようにあちこちの隙間に目張りを施した。
そんな作業を連日続け、結局出来上がるまでに4日もかかってしまったのである。
仕事の合間の空いた時間を利用してのシロート作業のため、どうしても時間がかかってしまう。
しかし時間をかけた甲斐があって、しっかりとしたものが出来上がったので、それなりに満足はしている。

10-25-ryu.jpg

さっそくリュウを繋いでみたところ、嫌がらず、きちんとねぐらの中に入って寝てくれた。
これでいつ雪が降っても安心である。

そういうわけで、ようやく一段落をして、こうしてブログを書いているという次第である。
この後も期間中にあった出来事を、少しづつ書き足していこうと思っている。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 犬との生活  ジャンル : ペット


Category: 愛犬

Comment (2)  Trackback (0)

岩木山をバックにロシェルの写真

2011-5-27-rochelle.jpg

岩木山をバックにしたロシェルの写真です。

場所は富士見橋下の広場、さくら祭りのときに駐車場になるところ。

対岸の河原には毎日のように来ているけれど、この場所は富士見橋を渡らないといけないので、

普段はめったに来ないのですが、いい天気に誘われて、久しぶりに来てみました。

晴れた空の下、気持ちのいい散歩でした。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : レトリーバーと暮らす  ジャンル : ペット


Category: 愛犬

Comment (1)  Trackback (0)

菜の花の咲く道

今朝は岩木川の河原まで散歩に出かけた。

毎年この季節になると、ここには菜の花が群生する。

ほとんど人の来ないこの道は、隠れた名所のようなものである。

その風景を独占する贅沢を味わいながら歩いていく。

早朝の冷気のなかをロシェルが元気よく駆けていく。

その姿を見ているだけで、心が癒されていく。

一日の始まりの穏やかで貴重な時間である。

2011-5-15-roche2.jpg

2011-5-15-roche.jpg

2011-5-15-roche3.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : LAB☆LOVE☆ラブラドール  ジャンル : ペット


Category: 愛犬

Comment (4)  Trackback (0)

春の陽射し

2011-3-20-1.jpg

2011-3-20-3.jpg

春を感じさせる陽射しです。

ロシェルとリュウも日向ぼっこです。

気持ちよさそう!

テーマ : 犬のいる生活  ジャンル : ペット


カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2008年)還暦です。
性別:男

還暦という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293006 2017