風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 読書

Tags: 短編小説集  西村賢太  

Comment (0)  Trackback (0)

西村賢太「無銭横町」

musenyokotyo.jpg

「菰を被りて夏を待つ」、「邪煙の充ちゆく」、「朧夜」、「酒と酒の合間に」、「貫多、激怒す」、「無銭横町」の6編が収められている。
いずれの短編も内容的にはこれまで読んできたものと変わらないが、それを手を変え品を変えて読ませてしまうのは流石である。
同じ話なのにけっしてマンネリにはならない。
そこが西村作品の魅力であり、力でもある。
読まずにはいられないのである。
中毒性の強い作家だ。

6作のなかで特に印象に残るのは、表題作である「無銭横町」。
例のごとく家賃を滞納、大家から立ち退きを迫られた貫多が、金策に走り回る様子が事細かに書き連ねられていく。
まずは手元に残ったわずかの金を工面して町田に住む母親を頼るが、自分の生活だけで精いっぱいだと体よく断られてしまう。
日頃没交渉で都合のいい時にしか現れず、度々迷惑をかけられている母親にすれば、これは当然の態度といえよう。
それでも帰りの電車賃だけは無理やりむしり取る。
アパートに帰った貫多は、仕方なく読みかけの文庫本を古本屋に持って行くが、ここでも断られそうになる。
だが悪戦苦闘の末に、何とか100円で売ることに成功する。
さっそくインスタントラーメンを買うが、コンロも調理器具も持っていないので料理ができない。
そこで考えたのが「水ラーメン」。
ビニール袋に入れたラーメンに水を注ぎ、ある程度ふやけたところで手でもみほぐすという方法。
とても食べられた代物ではないが、空腹を我慢できない貫多は残らず平らげてしまう。
そして「ヘンな胃のもたれと軽ろき吐き気」を感じながら、また次なる金策へと奔走するのである。

何とも情けなくやるせない話である。
しかしこんな愚行を繰り返すのが、若さというもの。
似たようなことは、ひとり暮しをしたことのある者であれば、身に覚えがあるはず。
斯くいう私もそのひとり。
読んでいてどうしようもなく愚かで、その日暮しだった若かりし頃を思い出したのである。
しかしその恥多き愚かな日々が、とてつもなく懐かしく愛おしい。
そしてそんな馬鹿々々しいことをやれたことが、今ではとても貴重な経験だったと思えるのであった。


にほんブログ村 本ブログへ 
↑ クリック、お願いします。 ↑
スポンサーサイト
テーマ : 図書館で借りた本  ジャンル : 本・雑誌


Category: 読書

Tags: 短編小説集  西村賢太  

Comment (1)  Trackback (0)

西村賢太「芝公園六角堂跡」

sibakouen.jpg

久方振りの西村賢太である。
どのくらい久しぶりなのか、ブログで調べてみると、最後に読んだのが2016年10月。
「蠕動(ぜんどう)で渉れ、汚泥の川を」という小説を読んでいる。
それ以来のことなので、1年4ヵ月ぶりということになる。
ついでに遡って調べてみると、最初に読んだのが2013年2月。
芥川賞を受賞した「苦役列車」である。
この小説の面白さに、単行本化されているすべての著作(小説8冊と随筆集2冊および対談集1冊)を続けて読むことになった。
そして2014年には、「疒(やまいだれ)の歌」、「歪んだ忌日」、「棺に跨る」を、間を置いて2016年には「蠕動(ぜんどう)で渉れ、汚泥の川を」と続き、そして今回のこの小説となったのである。
多作の作家だとこうはいかないが、寡作である西村賢太の場合は、このように時間を置いて読むことができるので、ありがたい。
そろそろ次が読みたくなってきたなという頃合いに、いい具合に次の本が出版される。
なので気持ちがいつも新鮮なままで、余裕を持って臨むことができる。

ということで今回の小説であるが、こちらは2015年から2016年にかけて雑誌に掲載された短編を収めた作品集である。
4篇すべてがお馴染みの「北町貫多もの」。
表題作の「芝公園六角堂跡」からはじまり、掲載順に「終われなかった夜の彼方で」、「深更の巡礼」、「十二月に泣く」と続く。

「芝公園六角堂跡」は、北町貫多が没後弟子を自任する作家、藤澤清造が凍死した場所である。
謂わば北町貫多にとっては巡礼の地とも云うべき場所である。
その近くにあるホテルでミュージシャンJ・Iのライブがあり、貫多が招かれて出かけていくところから物語は始まる。
J・Iは、音楽にあまり関心を持たない貫多が唯一ファンとなったミュージシャンで、そのことを小説にしきりに書いたことから親交を得るようになった。
そのライブを聴きながら、J・Iの音楽との出会いから、親交を得た現在までの経緯が詳しく語られていく。
そしてライブの興奮とライブ後のJ・Iとの親しい交流に舞い上がったまま、近くの六角堂跡を訪れる。
しかし貫多の気持ちは複雑だ。
それというのも「彼が今佇んでいる場が、大正期の私小説作家、藤澤清造のまさに終焉の地であることは、はなから承知済みだった。尤も当初は、この事実を今日のところは完全に無視するつもりでいた。完全に無視して、ただJ・Iさんの音楽世界だけを堪能したかった。」からである。
「だが、やはり無視し去るわけにはいかなかったのである。」
そこから藤澤清造の小説と出会って以来の来し方を思い出すなかで、師への熱情が冷めかけていることを大いに反省、だらけ切った現在の自分を叱咤激励する。
A賞を受賞したことで社会的認知度が上がり(それを虚名と書く)、経済的にも余裕が出たことで、「その軌道が、おかしな方向に行ってしまっているのだ。」
「何んの為に書いているかと云う、肝心の根本的な部分を見失っていたのである。」
そして「見失っていたことをハッキリと自覚したんなら、取り戻せばいいことに違げえねえ」となるのである。
謂わば彼の原点帰りの決意を述べたような小説であり、続く3篇では、その原点帰りを果たそうとする姿が描かれていく。
相も変わらぬ藤澤清造愛であり、田中英光愛であるが、そこに表れる北町貫多の心境は、時に弱気、時に強気、そうしたアンビバレンツな心の動きもやはりこれまでどおりの西村節健在で、大いに楽しませてくれるが、それが変わりつつあるのを感じる。
それがどんなものになっていくのか、一筋縄ではいかない西村賢太だけに大いに期待が高まるところである。
これでまた楽しみがひとつ出来た。


にほんブログ村 本ブログへ 
↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 図書館で借りた本  ジャンル : 本・雑誌


Category: 読書

Tags: 西村賢太  短編小説集  

Comment (0)  Trackback (0)

西村賢太「棺に跨る」

hitsuginimatagaru.jpg

先日読んだ「歪んだ忌日」と同時期に出された短編集である。
奥付を見ると2013年4月となっている。
「歪んだ忌日」が2013年6月の出版なので、その直前ということになる。
読む順番が逆になってしまったわけだ。

「棺に跨る」「脳中の冥路」「豚の鮮血」「破鏡前夜」の4篇から成る秋恵ものの連作短編集である。
例のごとく貫多と秋恵の歪な同棲生活が描かれているが、内容はこれまで読んできたものと重なる。
相変わらず自分勝手な貫多の右往左往する心の動きと、それに対する秋恵の反応が面白い。
結局最後は破局を迎えることになるのだが、全編それを予感させながら淡々と話が続いていく。

「今更ながらに随分と粘着質な道行だと、些か呆れてもいる。」というのが作者の言であるが、それをまた飽きもせず読むほうも、案外と同様の傾向があるのかもしれない。
しかしそれでいて面白く読ませてしまうのは、やはり西村賢太の筆力のなせる業。
「最早、脱け出すことも叶わぬ深さにさしかかっている」のかもしれない。


にほんブログ村 本ブログへ 
↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 読んだ本の感想等  ジャンル : 小説・文学


Category: 読書

Tags: 西村賢太  短編小説集  

Comment (0)  Trackback (0)

西村賢太「歪んだ忌日」

yugandakijitu.jpg

2013年6月に出版された西村賢太の作品集。
「形影相弔」「青痣」「膣の復讐」「感傷凌轢」「跼蹐の門」「歪んだ忌日」の6篇から成る。
このうち「青痣」「膣の復讐」「跼蹐の門」がこれまでの作品同様の貫多ものと秋恵ものである。
そして後の3篇は芥川賞受賞後の貫多の生活を描いたもので、受賞によって貫多(即ち西村賢太自身)の生活にどのような変化があったのか、またなかったのか、そうした舞台裏を覗き見する野次馬根性がそそられて面白い。
もちろん私小説といえども、すべてがそのまま作者の現実を描いているわけではないことは充分承知のうえではあるが、それでもやはり興味を惹かれてしまうのは確かである。
その生活は「まとまった銭が入ってきた」おかげで、「従来の悩みのタネだった月末の室料の心配と、その払いの為の無理算段から、当分の間は解放されそうな展開は何と云っても有難かった」ものの、「原稿に関する仕事の依頼は殆ど増えることはなかった。」
そして「A賞を得れば書き手として一発逆転も可能かと思いきや、案外何も変わらなかった事態は甚だ計算外だった。」ということになる。
そうした「甚だ遣る瀬なき虚ろな思い」を抱いていた貫多の元に、藤澤清造の自筆原稿が古書市に出品されたとの報せが舞い込んでくる。
藤澤清造の歿後弟子を名乗る貫多は、A賞受賞後手にした「まとまった銭」を使い、これを落札しようとあれこれ逡巡することになる。
その結果「師への思いを失くさぬ限り、需要があろうとなかろうと、まだ書ける。」「まだまだ書いてみせる」との思いに至るのである。(「形影相弔」)

さらに「感傷凌轢」では、二十数年も没交渉だった母親から、受賞後突然手紙が届く。
その顛末が彼らしい強気と弱気が入り乱れた筆致によって綴られていく。
しかし最後には感傷に流されることなく、自らを立て直そうとするところは、流石である。

そして表題作の「歪んだ忌日」では、「清造忌」を巡って繰り広げられる喧噪のなか、苦々しく思いながらも、結局は当初の清造愛へと立ち返るというものである。
一筋縄ではいかないふてぶてしさである。

それにしても西村賢太の小説の題名のつけ方は、いつもながらにユニークである。
これまで目にしたこともないような言葉の連発である。
辞書で調べながらその意味するところを紐解いてみた。

「形影相弔」は「けいえい あいとむらう」と読む。
これは「自分と自分の影とが互いに哀れみ、慰め合う」という意味である。
そこから「孤独で訪れる人もなく、寂しいさま」をいう。

「感傷凌轢」の「凌轢(りょうりゃく)」とは、「ふみにじること。ふみつけにすること。」

「跼蹐の門」の「跼蹐」は「跼天蹐地(きょくてんせきち)」の略で、「身の置き所もない思いで肩身も狭く世の中に暮らすこと。」である。

いずれも馴染のない言葉ばかりだが、こうした言葉を使うことで、一種独特の色合いが小説に彩られる。
こけ脅しといえばそれまでだが、そこに込められた作者の屈折した矜持や熱い想いがひしひしと伝わってくる。
やはり西村賢太は面白い。


にほんブログ村 本ブログへ 
↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 読んだ本の感想等  ジャンル : 小説・文学


Category: 読書

Tags: 西村賢太  

Comment (0)  Trackback (0)

西村賢太「疒(やまいだれ)の歌」

yamaidare.jpg

久しぶりの西村賢太である。
初の長編小説で、19歳の北町貫多の、恐らく「苦役列車」以後と思われる日々の生活を描いたものである。
「苦役列車」では、港湾労働を糧としていたが、生来の怠け癖、自堕落な生活の結果、家賃を滞納、アパートを追い出されることになってしまう。
そこでこれを契機に生活を一から立て直そうと東京を離れ、横浜に居を移すことになる。
そしてそこで見つけた造園業のアルバイトに精を出すことになる。
こうして貫多の生活も徐々に新規巻き直しが図られていくかに見られたが、しかしそれも束の間、新しく勤め始めた女子事務員への片思いがきっかけで、貫多の暴走が始まり、その結果職場を追われることになってしまう。
このように「苦役列車」同様の情けない日々がただただ続いていくだけの話だが、これが西村賢太の手にかかると途端に味わい深い世界へと変質してしまう。
そして読み始めるとやめられなくなってしまうのである。

酒の力を借りた破れかぶれな暴走が、この小説のクライマックス。
後先考えない自分勝手な考えと妄想に後押しされた暴走はハラハラしながらも一種爽快でさえある。
普段は小心で何も言えない貫多が、酒に酔うと堰を切ったように悪態をつき始めるが、そこには片思いの彼女に良く思われようとする勘違いな計算も働いており、それが笑いを誘う。
結局このことですべてが裏目に出て、職場から追放されるように去ることなってしまうのだが、こうしたことは今回に限らず、いつものことではあるわけだ。
懲りずに何度も同じ失敗を繰り返してしまう男なのである。

そして躓いた自らを慰めてくれるのはここでも文学であった。
前にも書いたが、西村賢太とくると藤澤清造となるが、ここではその前に傾倒した作家、田中英光の登場である。
ある日古本屋で買った土屋隆夫の「泥の文学碑」という本のなかで、田中英光のことを知った貫多は、その悲惨な生涯に強く惹かれてしまう。
そして田中英光の著作を探し求め、貪るように読むのであった。
その時の感動を次のように書いている。

<読み終わるとムクリと起き上ったが、抑えようのない興奮が身の内よりジワジワ這いのぼって、これにどうにも居ても立ってもいられぬ感じに追い込まれると、またぞろ宿の外へと飛び出していった。
 どうしよう、と思っていたのである。とんでもないものを読んでしまった、との気分になっていたのである。>

<書かれてあることも自身の愚かな振る舞いの、その不様さをくどくど述べ立てているのに過ぎないのだが、しかし、何やらユーモアを湛えた筆致で一気に読ませてくれるのである。
 アクチュアル、とでも云うのか、どんなに陰惨で情けないことを叙しても、それはカラリと乾いて、まるで湿り気がない。どんなに女々しいことを述べていても、それにも確と叡智が漲り、そしてどこまでも男臭くて心地がいい。
 自身の悲惨を、何か他人事みたいな涼しい顔で語りつつ、それでいて作者はその悲惨を極めて客観的に直視しているのだ。>

まるで西村賢太が、自らの小説について書いているのではないかと思ってしまうような文章である。
だからこそここまでの感動を受けたのであり、こうした小説を目指しているとも言えるわけである。
そしてそうした作家との出会いが<悴(かじ)けた心に強固な添え木たる用を十全に果たしてくれるものであった。>のである。

露悪趣味とも思えるほど自分の恥部を曝け出してみせる西村の小説だが、それは多かれ少なかれ誰もが持つ負の部分である。
それを自らの身を切るように殊更拡大して書いているのが、西村賢太の小説である。
だからこ辟易しながらも、そこに強い共感を覚えるのである。
と同時にその居直ったしたたかさに、励まされることにもなる。
そしてちょっと切ないほろ苦さ、それを今回も味わわせてくれたのである。

なお主人公北町貫多の名前の文字は画家、村山槐多を意識してつけたものである。
今回のカバー写真には、その村山槐多の絵が使われている。


にほんブログ村 本ブログへ 
↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 読んだ本の感想等  ジャンル : 小説・文学


カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2018年)70歳です。
性別:男

還暦(10年前)という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

月別アーカイブ
cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293006 2018