FC2ブログ

風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 読書

Tags: 西川美和  

Comment (0)  Trackback (0)

西川美和「永い言い訳」

nagaiiiwake.jpg

一時期、映画界で異業種監督というのがブームになったことがある。
北野武をはじめ、村上龍、桑田佳祐、小田和正、石井竜也といった映画にはまったくシロートの作家や芸能人たちに、監督をやらせるというもの。
これと似たような形で異業種小説家とでも呼びたい人たちを、最近よく目にするようになった。
先頃芥川賞受賞で話題になったお笑いの又吉直樹をはじめ、劇団ひとり、歌手のさだまさしや谷村新司、さらにはサブカル界のリリー・フランキー(今では異業種俳優)といった人たちである。
なかには一発屋として終わった者もいるが、高い評価を得た者もいる。
玉石混交さまざまだが、そうした中にこの本の著者、西川美和がいる。
ゆれる」、「ディア・ドクター」、「夢売るふたり」などの映画監督である。
ただし彼女の場合は、映画で評価を得るようになる以前から、すでに小説は書き始めており、映画監督としての足跡と小説家としての筆歴はほぼ同時進行であった。
そこが他の異業種小説家とはいくぶん違っているところである。

彼女が小説を書いているということは、以前から知っていた。
代表作である映画「ゆれる」も、小説として発表されている。
しかし監督としての才能は認めるものの、果たしてジャンルの違う小説となると、果たしてどの程度の小説を書くのかという疑いが生じ、どうしても読む気にはなれなかった。
小説を読んで、それがもし期待を裏切るようなものであったとしたなら、映画監督としての彼女の華々しいキャリアに対する見方に、いささか微妙な変化が生まれるのではないか、そんな危惧から彼女の小説を読むことに積極的にはなれなかったのである。
ところがこの小説を評価する書評をたまたま読んだことから、試しにいちど読んでみようという気になったのである。
そして映画同様の才能を、小説の世界でも発揮していることを知ったのである。
これはそんなマルチな才能を持った彼女の最新作であり、直木賞の候補にもなった小説である。

主人公は、衣笠幸夫、かつてのプロ野球の名選手、衣笠幸雄と同じ読み方をする名前をもった男である。
職業は作家、筆名は、津村啓。
若くして作家となったものの、芽が出ず、学生時代に知り合い結婚した妻に、10年以上にわたって経済的に頼るという生活を余儀なくされていた。
そしてようやく職業作家として自立できるようになったが、妻との関係は冷え切ったものになってしまった。
そんな折、妻が親友といっしょに出かけたスキー旅行で、バス事故によって亡くなったしまう。
妻の親友にはトラック運転手をしている夫と、小学6年生の息子と4歳になる娘がいる。
その残された家族とひとりになってしまった幸夫との奇妙な交流がそこから始まる。
その交流のなかで彼らが何を感じ、どう変化していくか、それを書いたのが、この小説である。
そしてそれを読むことで、家族とは、愛するとは、そして人生とは?といった様々なことを考えさせられていくのである。

主人公の衣笠幸夫は小説家ではあるが、けっして出来た人間ではない。
いや、むしろ女々しく浅はかさで自分勝手な人物として描かれている。
しかしそれでいて読んでいるうちに次第に親近感を覚えるようになっていく。
それは自分の中にもある愚かさと共鳴する部分があるためではないか。
苛立ちながらも次第に共感してしまう自分がいる。
またそれと対照的な人物である、妻の親友の夫、大宮陽一を配することで、それがより鮮明に浮き彫りにされてくる。
さらに子供たちとの交流によって、彼らの変化によりいっそう拍車がかかり、縺れた糸が次第にほどけていくようになっていく。
そうした仕掛けや人物造型がなかなかうまい。
長年にわたって映画や小説を作り続けてきたことで培われてきた技であろう。
そうした創作活動の中で、人生や人間について深く考え続けてきた賜物に違いない。
人間を見つめる確かな目や深い洞察を感じるのである。
最後は不覚にも涙を流してしまった。
そしていい小説を読んだな、という清々しい余韻に浸ったのである。

この小説は彼女によって映画化され、現在上映中である。
「夢売るふたり」以来4年ぶりとなる映画である。
また映画化にあたっては、『映画「永い言い訳」にまつわるXについて』という本も出版されている。

それを観ること、読むことが楽しみになってきた。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
スポンサーサイト
テーマ : 図書館で借りた本  ジャンル : 本・雑誌


Category: 日本映画

Tags: 西川美和  

Comment (2)  Trackback (0)

映画「ディア・ドクター」

deardoctor5.jpg
先日の「重力ピエロ」に続いて今日は「ディア・ドクター」の紹介。

よく出来た面白い映画には違いないが、いろいろと腑に落ちないところも多い映画だった。
「ゆれる」に続く西川美和監督の作品ということで、かなりの期待をもって観たが、正直なところ「ゆれる」ほどの手ごたえは感じなかったのである。

まずこの映画についての西川美和監督のコメントから始めようと思う。
つぎのようなもの。

前作『ゆれる』が世間に受け入れられ私は認められた。すると、誰もが映画監督としての技術や見識の持ち主と信じて疑わなくなった。
『ディア・ドクター』は初めて自分について書いた物語と言える。世間は一旦プロのレッテルを貼ると個人が蓄積してきた見識や技術は問わない。そのせいで私はいかにも監督っぽい顔で働いている。今の時代に、そんな自分への違和感、据わりの悪さを抱えて生きている人々は多いのではないか。家庭に入ると女性はいきなり妻や母らしい振る舞いを求められて戸惑う。私自身がそうであるように、何かに”なりすまして”生きている感覚は誰しもあるだろう。それで世の中が辛うじて成り立っている部分もあるはずだ。贋物という言葉が孕むそんな曖昧さを物語として面白く見せられないかなというのが企画の出発点になった。


これがこの映画について語った西川美和監督のコメントである。
なるほど、「ディア・ドクター」は自らの心情を語ろうとした映画なのである。
「ゆれる」に対する世間の高い評価への戸惑や居心地の悪さといったものが、西川美和監督の心のなかで揺れ動いている。
そう考えるといろいろと見えてくるところがあるものの、まだ霧の中に隠されたものは朧なままである。
たとえばなぜ彼(鶴瓶演じる贋医者)は突然逃げ出したのか?
井川遥演じる本物の医者との診断についてのやりとりを、クリアしたにもかかわらず・・・・。
また逃げ出した後の関係者の冷ややかな態度、とくに贋医者を心の底から尊敬し始めていた瑛太演じる研修医が手のひらを返したように冷淡になったのはなぜか?
また逃げ出す直接の原因になった八千草薫が、刑事の尋問に答えて「何もしてくれませんでした。」というのは、どういう気持ちからなのか?
この他にもまだいろいろと腑に落ちない点がある。
だが一方では、そうした曖昧模糊とした作劇、謎を投げかけるというのが、西川美和の演出の特徴なのだろうとも思う。
それは「ゆれる」においても見られたところであり、そうした曖昧さを提示することで、言葉では表現しきれない人間の心の奥深い闇を表現しえたのだろうと思っている。
だが、今回の映画ではその手触りがいささか違う。
だからと言ってそれがこの映画を貶めているというわけではないのだが・・・。
なぜかその曖昧模糊としたものが曖昧なままで、しこりのように残ってしまったのである。
そのことで余計、この映画についてここ数日考え込むということになってしまった。
そうした疑問はあるものの、やはりこれは優れた映画であるのは間違いのないところだ。
deardoctor4.jpg
とくに主役の贋医者に、笑福亭鶴瓶を起用したというのが最大のポイントであったと思う。
いかにも医者に似つかわしくない彼が、贋医者を演じることで幾層もの面白さを醸し出している。
似つかわしくない彼が、映画の進行とともに次第に名医に見えてくる。
また悩みや迷いといったことから遠い彼が演じることで、普通の俳優では見ることができないような複雑な内面の奥深さが表現されていた。
deardoctor2.jpg
そして脇を固める人間たちの手堅い演技、とくに彼を贋物と承知の上でサポートするベテランの看護士を演じた余貴美子の存在、八千草薫の娘で大病院の医師を演じた井川遥のうまさ。
彼女と鶴瓶の、八千草薫の診断を巡っての息を呑むようなやりとりは忘れられない。
deardoctor3.jpg
ここが大きなクライマックスであった。
そして八千草薫、いくつになっても彼女は可愛く、女っぽい。
その未だに色っぽいところを残す彼女に鶴瓶が惹かれたのは間違いのないところ。
ある意味でこれは鶴瓶の恋物語といった側面もあるように思う。
deardoctor1.jpg
さらに瑛太をはじめ松重豊、岩松了、笹野高史、香川照之といった俳優たちの演技のうまさは、いまさら書くまでもないが、ここでもそれぞれの立場をわきまえた手堅い演技を見せてくれる。
とくに香川照之は「ゆれる」に続いての西川作品ということ、今度は主役ではなく脇に回ってということもあって、かなり余裕の演技という印象であった。
彼が刑事から尋問を受ける場面で、突然椅子とともに倒れるところは、意表をついて驚かされた。
そしてこの一瞬の芝居こそが、この映画の大きなポイントでもあったのだ。

このほかにも現代医療についてのさまざまな矛盾や問題提起もなされるなど、考えさせられることの多い映画であった。

ところで昨日、たまたま図書館で「キネマ旬報」を読んでいたら、川本三郎の次のような文章に出会った。
なるほどと思ったので書き留めておく。

鶴瓶演じる”医者”はとらえどころのない不思議な人物である。なぜ偽医者になったのか最後まで分からない。
 ある日、どこからともなく村にやって来て、村人たちの心に大きな思いを残し、また、いずことなく去ってゆく。民俗学的にいえば「まれびと」。遠い向こうからやって来て人々に祝福を与える。いまふうにいえばストレンジャー。偽医者の鶴瓶は明らかにこの「まれびと」である。
 その点で、「ディア・ドクター」を見ていて真先に思い出したのは、秋元松代の名戯曲『常陸坊海尊』(昭和三十九年)。
 常陸坊海尊は源平の時代の伝説的人物。衣川の合戦で義経のために最後まで戦った弁慶と違い、死ぬのが怖くなって逃げ出した卑怯者。そんな男が代々に渡って東北地方を巡っている。自分は卑怯者の常陸坊海尊です、と懺悔しながら村々を回る。東北の貧しい村の人々は、立派なお坊さんよりも、そんな弱い”偽坊主”のほうに惹かれてゆく。秋元松代の戯曲では、東京から東北に学童疎開してきてつらい思いをしている子供たちが「海尊さま」にこそすがろうとする。
 鶴瓶演じる”偽医者”は現代の常陸坊海尊ではないかと思った。老婦人の八千草薫は、本当の医者と思っていた時より、”偽医者”と分かってから親しみを感じたのではないだろうか。日本の庶民はしばしば、立派な強い神より、弱い情けない神に拠りどころを見る。
 「ディア・ドクター」が現代の物語であるにもかかわらずどこか懐かしいのは、「貴種流離譚」や「出生の秘密」と同じように昔からの物語の典型である「まれびと」を踏まえているからだろう。

川本三郎「映画を見ればわかること」より


川本三郎はこの映画に懐かしさを見ている。
そしてそのことの要因としてこの他に、里山の美しい風景と、今ではほとんど見られなくなった「医者の往診」する姿を挙げている。

なるほどそういう見方もあったのかと、感心させられた。
川本三郎には、いつもいろいろと教えられることが多い。
今回も大いに参考になったのである。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : DVDで見た映画  ジャンル : 映画


Category: 日本映画

Tags: 西川美和  

Trackback (0)

映画「ゆれる」

yureru2.jpg
先日「トウキョウソナタ」を観たあと、妻は香川照之のことが心に残ったようで、彼の出演する別な映画も観てみたいというリクエストがあり、それに応えて、この映画を借りてきた。

監督は若干31歳(この映画を監督時)の西川美和。
シナリオは彼女が見た夢をヒントに、自らが書いたオリジナルである。
主演はオダギリジョーと香川照之。
ふたりが対照的な兄弟を演じている。
故郷を離れ東京でカメラマンとして成功している華やかな弟(オダギリジョー)と、家業の小さなガソリンスタンドを継いで、父親と二人でわびしく暮らす地味な兄(香川照之)。
そんなふたりが母親の一周忌の法要で久しぶりに顔を合わす。
そして兄のガソリンスタンドに勤める、弟のかつての恋人(真木よう子)を巡る目に見えない葛藤がふたりの間に生まれ、三人で遊びに行った山間の渓谷で、彼女がつり橋から転落死するという事件が起きる。
それをきっかけに、兄弟、親子の間に横たわるさまざまな愛憎が露わになってゆくという物語である。
yureru4.jpg
題名どおりに、さまざまなものが「ゆれる」。
人間関係がゆれる。それぞれを思う気持ちがゆれる。記憶がゆれる。
そして彼女の死を巡る裁判でも、事実が二転三転してゆれる。
はたして真実は何なのか、緊迫した展開で裁判が進行していく。
yureru.jpg
見事な映画である。
若干31歳でこれほどの映画を撮った、西川美和という女性監督の才能には驚嘆してしまう。
人間を見る目の確かさ、微妙な男心、そして女心、そういったものを的確に捉えて表現する手腕は、若い女性のものとは思えないほど深いものがある。

割り切れないのが人間の心、けっして理路整然とだけ動いていくわけではない。
ときには矛盾を孕み、理解しがたい心の暗闇も存在する。
そんな果てしなく深い人間の心の闇を、この映画は見事に覗き込ませることに成功している。
yureru3.jpg
オダギリジョーと香川照之の演技が素晴らしい。
陰と陽、動と静という対照的な兄弟をふたりは見事に演じている。
さらにその陰と陽が本音をぶつけ合うなかで、ときに入り乱れて立場を変える。
そんな微妙な関係を、ふたりはうまく醸しだしてみせる。
そしてふたりの関係が崩壊してしまった後に訪れるラストシーンの素晴らしさには、鳥肌が立つほどの感動があった。

これは、映画ファンなら必見の映画だ。

それにしても最近の日本映画は女性監督の活躍が目覚しい。



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 心に残る映画  ジャンル : 映画


カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2018年)70歳です。
性別:男

還暦(10年前)という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

月別アーカイブ
cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

1234567891011121314151617181920212223242526272829303112 2018