FC2ブログ

風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 読書

Tags: 蓮見圭一  

Comment (1)  Trackback (0)

蓮見圭一「水曜の朝、午前三時」

suiyounoasa.jpg

先日読んだ近田春夫の「僕の読書感想文」に、この小説のことが書かれおり、そのなかに、次のような一文があった。
<その過ごした時代には密度があった。70年代というものの持っていた力強さや希望、そしてうしろに隠されたある種の構造的な貧しさ。何よりもあの頃の人たちの心のありようがこの本ではあざやかに描かれている。直美とほぼ同世代に属する私には、とても切なく懐かしい小説で、まるで昔に戻った気分で一気に読み上げてしまった。>
そんな言葉にひかれてこの小説を読んでみた。

物語の始まりは1970年の大阪万国博覧会。
没落した旧家の出身で、戦犯の祖父をもった四条直美は、親の決めた許嫁との結婚から逃れるため、勤めていた出版社を辞め、大阪に移り住み、万博のホステスとして働き始める。
そこで臼井という男性と知り合い恋に落ちるが、ある事実を知ったことで破局を迎える。
そしてそれが引き金となって悲劇的な事件が起きる。
さらに数年が経った後のふたりの再会。
そうした経緯を、癌で余命わずかになった四条直美が、ニューヨークに留学している一人娘・葉子に伝えようと、テープに向かって語っていく。
それを彼女の死後、葉子の夫が手記の形にして起こしたのが、この小説である。

こうした恋愛小説で重要なことは、主人公のキャラクターであろう。
それが魅力的かどうかが、評価の分かれ目になってくる。
四条直美はそういった意味では、魅力的な女性で、それがこの小説の面白さを大きく支えている。

人生は選択の連続である。
小説では、キルケゴールの「人間は、選択して決意した瞬間に飛躍する」という言葉が引用されているが、どれを選ぶかで、その後の人生は大きく変わっていく。
しかしどれを選択しようとも、それを決めたのは他の誰でもない自分自身なのである。
結果がどうなろうとも、自らが決めたことである。
後は覚悟を決め、その選択にしたがって前に進むしかない。
主人公、四条直美はそうやって自分の気持ちに正直に、そして選択に責任を持ち、後悔せずに生きたのである。
そして最後は娘に向かって次のように語りかける。

この人生に私が何を求めていたのか-----ここまで根気よくつきあってくれたなら、もう分かったでしょう。私は時間をかけてどこかにあるはずの宝物を探し回っていたのです。ただ漫然と生きていては何も見つけることはできない。でも、耳を澄まし、目を見開いて注意深く進めば、きっと何かが見えてくるはずです。・・・・なににもまして重要なのは内心の訴えなのです。あなたは何をしたいのか。何になりたいのか。どういう人間として、どんな人生を送りたいのか。それは一時的な気の迷いなのか。それともやむにやなれね本能の訴えなのか。耳を澄ませてじっと自分の声を聞くことです。歩き出すのはそれからでも遅くないのだから



この小説は単なる悲恋の物語というよりも、意志的に生きたひとりの女性の力強い人生の物語なのである。
そこに強く魅せられた。
さらに彼女が昭和22年生まれの同年齢だということも、この小説にシンパシーを感じた大きな要因である。
偶然ではあるが、先日読んだ小池真理子の「無伴奏」に続き、またもういちどあの時代へと想いを馳せたのである。


にほんブログ村 本ブログへ 
↑ クリック、お願いします。 ↑

スポンサーサイト


Category: 読書

Tags: 蓮見圭一  短編小説集  

Comment (0)  Trackback (0)

蓮見圭一 「そらいろのクレヨン」

そらいろのクレヨン

「そらいろのクレヨン」は蓮見圭一の短編集、「かなしぃ。」「詩人の恋」「セイロンの三人の王子」「1989、東京」「そらいろのクレヨン」の5編が収録されている。
「心の壁、愛の歌」「別れの時まで」に続いて蓮見圭一の小説はこれが3冊目。
「セイロンの三人の王子」「1989、東京」を除いた3つの作品はどれも作者を思わせるような小説家が主人公。
「かなしぃ。」は30歳になる小説家が、友人の結婚式に出席するために帰郷、そこでの同窓会めいた出来事をスケッチ風に綴った小説。
「詩人の恋」は小説家が小説を仕上げるにあたっての担当の編集者との交流を描いた小説。
そして表題作になる「そらいろのクレヨン」は難病で余命いくばくもない子供を抱えた小説家の話。
いずれも小説家が主人公ということで、私小説といった趣があるが、必ずしも作者自身の経験に裏打ちされているというわけでもなさそうだ。
このなかでは、「詩人の恋」がいちばん印象に残った。
優秀な編集者と小説家の関係が興味深く、これを読むことで、小説という作品は必ずしも作者だけのものではなく、編集者の陰の力も見逃せないということをあらためて教えられた。
蓮見圭一の小説は、どの作品も音楽との係わり合いが深いが、この作品でも、グレン・グールドの弾くベートーベンのピアノ・ソナタやローリング・ストーンズ、またフリッツ・ヴェンダーリヒが歌うシューマンの「詩人の恋」などがさりげなく話の中に挿入されており、小説に彩りを与えている。
またもうひとつの特徴である、小説家や詩人の言葉の引用、そして主人公自身の言葉が印象的に散りばめられており、それによって作品にそこはかとない味わいを醸し出している。
それはたとえば次のようなもの。
「羊として人生を送る代価は退屈。狼の生は孤独。どっちの人生を取るか慎重に考えて」
「真顔で嘘をつけるようになれば大人になった証拠だ」
「うれしきもの まだ見ぬ物語」(枕草子)
「時代が変われば小鳥も変わる、小鳥が変われば歌も変わる。」(ハイネ)
「明日終末が訪れようとも、私は今日林檎の木を植える。」(ゲオルギウ)等々。

こうして主人公の小説家に同化しながら、編集者との魅力ある数日間をともに経験することになる。
日常生活からちょっとだけ離れた、洒落た大人の時間と空間を味わうことのできる小説であった。
読み終わった後、この小説に登場してきたさまざまな音楽を、いちど聴いてみたいと思った。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 読書記録  ジャンル : 小説・文学


Category: 読書

Tags: 蓮見圭一  

Comment (0)  Trackback (0)

蓮見圭一「別れの時まで」

別れの時まで

先日、蓮見圭一の短編集「心の壁、愛の歌」を読んだのに続き、「別れの時まで」を読んだ。
こちらは長編小説で、恋愛小説と銘打っている。
今更、恋愛小説でもあるまいという気持ちもなくもなかったが、「心の壁、愛の歌」に惹かれるものがあったので、図書館で探したところ、この「別れの時まで」があった。
蓮見圭一のいちばん新しい著書ということである。

妻と死別し、中学生の娘を育てる40歳目前の編集者が、家族をテーマにした手記募集に応募してきた、9歳の息子と暮らすシングルマザーの女優と知り合い、恋に落ちるという物語である。
そして彼女の波乱の人生を知るうちに、彼女の昔の恋人がある事件の容疑者として指名手配を受けていることを知ってしまう。
初めは、ただの恋愛小説かと思って読み始めたが、途中からミスれリアスな展開を見せ始める。
読みながら、グレアム・グリーンの「第三の男」を連想してしまった。
蓮見圭一自身は、レイモンド・チャンドラーに関心があるようで、チャンドラーの小説からの引用なども見られる。
題名の「別れの時まで」も、チャンドラーの「長いお別れ」を意識してつけられているのかもしれない。
ただし前半はしっとりと情緒豊かな印象だったのだが、ミステリアスな展開になり始めてからは、劇的な展開は見せるものの、そのことで逆に興味が半減してしまった。
蓮見圭一という作家は、もっと現実的な日常生活を中心にしたものを描くことに徹する方がいいのではなかろうか。
そんな感想を持ちながら読み終わった。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 読んだ本の感想等  ジャンル : 小説・文学


Category: 読書

Tags: 短編小説集  蓮見圭一  

Comment (0)  Trackback (0)

蓮見圭一「心の壁、愛の歌」

kokoronokabe.jpg

蓮見圭一の短編集「心の壁、愛の歌」を読んだ。
表題作のほか、「夜光虫」「テレーゼ」「結構な人生」「アーノンクールのネクタイ」「ハッピー・クリスマス・ヨーコ」の6篇が収められている。
十年前に別れた彼女と再会し、客のあまり入らないバーで静かに過去を語り合う「心の壁、愛の歌」。
戦時中、潜水艦に乗って敵と戦った祖父が、そこで体験した極限状況を孫に語って聞かせる「夜光虫」。
長崎で被爆したある女性の人生を小説に書いて欲しいと依頼された小説家の話「テレーゼ」。
向かいのマンションに住む脳外科医とその妻に食事に招待され、そこで聞いたある患者の話を綴った「結構な人生」。
小説の取材のために会った男とのささやかな出来事を描いた「アーノンクールのネクタイ」。
そして妻との出会いをわが子に語って聞かせる「ハッピー・クリスマス・ヨーコ」。
戦争を題材にした「夜光虫」と「テレーゼ」以外は、どれもごくありふれた日常をスケッチしたさりげない話ばかりで、とくにドラマチックな展開があるわけでもないが、なぜか心に残る。
こういう話を飽きずに読ませるのは、それなりの筆力が必要である。
蓮見圭一という小説家には、そうした筆力が備わっているということだ。
とくに戦争を題材にした「夜光虫」と「テレーゼ」は、短編ではなく長編で読んでみたいと思わせる内容だった。
調べてみると、「八月十五日の夜会」という戦争を題材にした長編小説も書いている。
また2001年に出版されたデビュー作「水曜の朝、午前三時」はベストセラーにもなっている。
「心の壁、愛の歌」を読んで、蓮見圭一という作家のほかの作品も読んでみたくなったので、これらの小説もいずれ読んでみようと思っている。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 短編小説  ジャンル : 小説・文学


カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2018年)70歳です。
性別:男

還暦(10年前)という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

月別アーカイブ
cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

1234567891011121314151617181920212223242526272829303110 2018