風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 読書

Tags: 短編小説集  西村賢太  

Comment (0)  Trackback (0)

西村賢太「無銭横町」

musenyokotyo.jpg

「菰を被りて夏を待つ」、「邪煙の充ちゆく」、「朧夜」、「酒と酒の合間に」、「貫多、激怒す」、「無銭横町」の6編が収められている。
いずれの短編も内容的にはこれまで読んできたものと変わらないが、それを手を変え品を変えて読ませてしまうのは流石である。
同じ話なのにけっしてマンネリにはならない。
そこが西村作品の魅力であり、力でもある。
読まずにはいられないのである。
中毒性の強い作家だ。

6作のなかで特に印象に残るのは、表題作である「無銭横町」。
例のごとく家賃を滞納、大家から立ち退きを迫られた貫多が、金策に走り回る様子が事細かに書き連ねられていく。
まずは手元に残ったわずかの金を工面して町田に住む母親を頼るが、自分の生活だけで精いっぱいだと体よく断られてしまう。
日頃没交渉で都合のいい時にしか現れず、度々迷惑をかけられている母親にすれば、これは当然の態度といえよう。
それでも帰りの電車賃だけは無理やりむしり取る。
アパートに帰った貫多は、仕方なく読みかけの文庫本を古本屋に持って行くが、ここでも断られそうになる。
だが悪戦苦闘の末に、何とか100円で売ることに成功する。
さっそくインスタントラーメンを買うが、コンロも調理器具も持っていないので料理ができない。
そこで考えたのが「水ラーメン」。
ビニール袋に入れたラーメンに水を注ぎ、ある程度ふやけたところで手でもみほぐすという方法。
とても食べられた代物ではないが、空腹を我慢できない貫多は残らず平らげてしまう。
そして「ヘンな胃のもたれと軽ろき吐き気」を感じながら、また次なる金策へと奔走するのである。

何とも情けなくやるせない話である。
しかしこんな愚行を繰り返すのが、若さというもの。
似たようなことは、ひとり暮しをしたことのある者であれば、身に覚えがあるはず。
斯くいう私もそのひとり。
読んでいてどうしようもなく愚かで、その日暮しだった若かりし頃を思い出したのである。
しかしその恥多き愚かな日々が、とてつもなく懐かしく愛おしい。
そしてそんな馬鹿々々しいことをやれたことが、今ではとても貴重な経験だったと思えるのであった。


にほんブログ村 本ブログへ 
↑ クリック、お願いします。 ↑
スポンサーサイト
テーマ : 図書館で借りた本  ジャンル : 本・雑誌


Category: 読書

Tags: 短編小説集  西村賢太  

Comment (1)  Trackback (0)

西村賢太「芝公園六角堂跡」

sibakouen.jpg

久方振りの西村賢太である。
どのくらい久しぶりなのか、ブログで調べてみると、最後に読んだのが2016年10月。
「蠕動(ぜんどう)で渉れ、汚泥の川を」という小説を読んでいる。
それ以来のことなので、1年4ヵ月ぶりということになる。
ついでに遡って調べてみると、最初に読んだのが2013年2月。
芥川賞を受賞した「苦役列車」である。
この小説の面白さに、単行本化されているすべての著作(小説8冊と随筆集2冊および対談集1冊)を続けて読むことになった。
そして2014年には、「疒(やまいだれ)の歌」、「歪んだ忌日」、「棺に跨る」を、間を置いて2016年には「蠕動(ぜんどう)で渉れ、汚泥の川を」と続き、そして今回のこの小説となったのである。
多作の作家だとこうはいかないが、寡作である西村賢太の場合は、このように時間を置いて読むことができるので、ありがたい。
そろそろ次が読みたくなってきたなという頃合いに、いい具合に次の本が出版される。
なので気持ちがいつも新鮮なままで、余裕を持って臨むことができる。

ということで今回の小説であるが、こちらは2015年から2016年にかけて雑誌に掲載された短編を収めた作品集である。
4篇すべてがお馴染みの「北町貫多もの」。
表題作の「芝公園六角堂跡」からはじまり、掲載順に「終われなかった夜の彼方で」、「深更の巡礼」、「十二月に泣く」と続く。

「芝公園六角堂跡」は、北町貫多が没後弟子を自任する作家、藤澤清造が凍死した場所である。
謂わば北町貫多にとっては巡礼の地とも云うべき場所である。
その近くにあるホテルでミュージシャンJ・Iのライブがあり、貫多が招かれて出かけていくところから物語は始まる。
J・Iは、音楽にあまり関心を持たない貫多が唯一ファンとなったミュージシャンで、そのことを小説にしきりに書いたことから親交を得るようになった。
そのライブを聴きながら、J・Iの音楽との出会いから、親交を得た現在までの経緯が詳しく語られていく。
そしてライブの興奮とライブ後のJ・Iとの親しい交流に舞い上がったまま、近くの六角堂跡を訪れる。
しかし貫多の気持ちは複雑だ。
それというのも「彼が今佇んでいる場が、大正期の私小説作家、藤澤清造のまさに終焉の地であることは、はなから承知済みだった。尤も当初は、この事実を今日のところは完全に無視するつもりでいた。完全に無視して、ただJ・Iさんの音楽世界だけを堪能したかった。」からである。
「だが、やはり無視し去るわけにはいかなかったのである。」
そこから藤澤清造の小説と出会って以来の来し方を思い出すなかで、師への熱情が冷めかけていることを大いに反省、だらけ切った現在の自分を叱咤激励する。
A賞を受賞したことで社会的認知度が上がり(それを虚名と書く)、経済的にも余裕が出たことで、「その軌道が、おかしな方向に行ってしまっているのだ。」
「何んの為に書いているかと云う、肝心の根本的な部分を見失っていたのである。」
そして「見失っていたことをハッキリと自覚したんなら、取り戻せばいいことに違げえねえ」となるのである。
謂わば彼の原点帰りの決意を述べたような小説であり、続く3篇では、その原点帰りを果たそうとする姿が描かれていく。
相も変わらぬ藤澤清造愛であり、田中英光愛であるが、そこに表れる北町貫多の心境は、時に弱気、時に強気、そうしたアンビバレンツな心の動きもやはりこれまでどおりの西村節健在で、大いに楽しませてくれるが、それが変わりつつあるのを感じる。
それがどんなものになっていくのか、一筋縄ではいかない西村賢太だけに大いに期待が高まるところである。
これでまた楽しみがひとつ出来た。


にほんブログ村 本ブログへ 
↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 図書館で借りた本  ジャンル : 本・雑誌


Category: 読書

Tags: 短編小説集  

Comment (0)  Trackback (0)

石井光太「東京千夜」

tokyo-senya.jpg

著者は、最下層に生きる人たちをルポするライターである。
ルポライターという職業は、人と会うのが仕事である。
日々様々な人と関わっていく。
そうやって出会った人のなかから、特に印象に残った人たちの姿を「あるものは随筆として、あるものは私小説として、またあるものは記録として」描いたのが、この本である。
自殺者、ゴミ屋敷の住人、ハンセン病者、HIV感染者、身体障害者、津波の被災者と、いずれも社会の枠から外れたところで生きる人たちである。
そうした人たちが、なぜそんな人生を歩まなければならなくなったのか。
そしてそこでどんな歩み方をしているのか。
それを自ら寄り添うようにしながら書き綴っていく。
そこから見えてくるのは、様々な生と死である。
目を背けたくなるような悲惨さではあるが、それだけに却って目が離せなくなる。
こんな過酷な人生があるのだという驚きがある。
しかし同時に生きる逞しさも見えてくる。
それはギリギリのところで生きていかざるをえない人間の、切ないまでの逞しさである。
それが激しく胸を打つ。
こうした人たちを前にすると、誰もが言葉を失ってしまうにちがいない。
生半可な言葉では、到底太刀打ちできない。
それをあえて言葉にしなければならないのがルポライターという仕事である。
相当タフな精神をもっていなければ対応できないことだ。
おそらく自らの身を削りながら書いたに違いない。
そんな痛みが、行間から見えてくる。
初めて出会ったルポライターではあるが、この本1冊によってその名前が強く刻みつけられた。


にほんブログ村 本ブログへ 
↑ クリック、お願いします。 ↑

テーマ : 図書館で借りた本  ジャンル : 本・雑誌


Category: 読書

Tags: 短編小説集  

Comment (0)  Trackback (0)

池澤夏樹「スティル・ライフ」

still-life.jpg

中央公論新人賞および芥川賞を受賞した「スティル・ライフ」と、受賞第一作「ヤー・チャイカ」が収録された作品集である。
池澤夏樹の小説を読むのはこれが初めてだが、その存在には以前から関心があった。
それは彼の父親が高名な小説家、詩人、フランス文学者の福永武彦であるということ。
またかなりの読書家で、書評家、そして翻訳家、詩人、小説家で、古今の文学に深く通じた文学者であるということ。
過去にいくつか書評を読んだことがあるが、その慧眼には教えられることが多かった。
そうした文学的素養を生かして、世界文学全集を個人編集で出版したのが、数年前のこと。
続いて、日本文学全集の編集も行っている。
いずれも、これまでの全集にはなかった斬新な内容で、機会があれば読んでみたいと思っている。
そんなこんなで、気になる存在であった。
ただ小説を読むというところまではいかなかった。
ところが最近読んだ、山崎努の「柔らかな犀の角」のなかで、彼が池澤夏樹の熱烈なファンで、ほとんどの著作を読んでいると書かれてあった。
それを読んで、それほど惹かれる魅力とはいったい何なのか、それを知りたくて、この小説を読むことにしたのである。

この小説は、昭和62年に書かれたもの。
1945年(昭和20年)生まれなので、42歳の時。
最初に小説を書いたのは、これより4年前の「夏の朝の成層圏」、遅い小説家デビューである。
そのことについて、彼は次のように語っている。
「きっかけは福永が亡くなったことです。父がいる間はとても小説などを書くことは想像もしなかった。」
彼の母親は詩人の原條あき子、同人仲間であった福永武彦と1944年に結婚したが、5年後に離婚、その後再婚したが、池澤夏樹には福永武彦が実父だということは教えていなかった。
そのことを知ったのは、高校生になってから。
突然知らされた高名な父親の存在、その事実に複雑な感情を抱いたことは想像に難くない。
以来その存在が大きな壁となって立ちはだかった。
そんな複雑な経緯の影響が、彼を小説から遠ざけ、遅い小説家デビューとなったのである。

「スティル・ライフ」は、アルバイト先で知り合った男と「ぼく」の交流を描いたもの。ある日彼から奇妙な仕事を手伝うよう依頼される。「スティル・ライフ」とは静止画のこと。

「ヤー・チャイカ」は、高校生の娘とふたりだけで住む主人公が、イルクーツク出身のロシア人の男と偶然知り合い、そこから3人の交流が始まる。そしてその交流の間に、娘が語るファンタジックな話が差し挟まれる。ちなみに「ヤー・チャイカ」とは、人類初の女性宇宙飛行士テレシコワが、宇宙船から地球に送ったコール・サイン「私はカモメ」のこと。

どちらもこれといって特別なことが起きるわけではない。
偶然知り合った同士の、とりとめのない会話主体で話が進行していく。
しかしその会話の内容は、興味深いものばかり。
そして詩的で哲学的な文章によって、浮世離れした不思議な世界が展開されていく。
そういう点では村上春樹との共通性も感じるが、池澤の場合はそこに自然科学の要素が加味されていく。
彼が大学時代に専攻したという物理学を始めとした自然科学の知識が、文章に生かされており、独特の味わいを醸し出している。
それは例えば次のようなもの。

<ぼくはハトに気持を集中した。ハトがひどく単純な生物に見えはじめた。歩行のプログラム、彷徨的な進みかた、障害物に会った時の回避のパターン、食べ物の発見と接近と採餌のルーティーン、最後にその場を放棄して離陸するための食欲の満足度あるいは失望の限界あるいは危険の認知、飛行のプログラム、ホーミング。彼らの毎日はその程度の原理で充分まかなうことができる。 そういうことがハトの頭脳の表層にある。
しかし、その下には数千万年分のハト属の経験と履歴が分子レベルで記憶されている。ぼくの目の前にいるハトは、数千万年の延々たる時空を飛ぶ永遠のハトの代表にすぎない。ハトの灰色の輪郭はそのまま透明なタイム・マシンの窓となる。長い長い時の回廊のずっと奥にジュラ紀の青い空がキラキラと輝いて見えた。>(スティル・ライフ)

<まわりにまったく何もないというのはどんな気持ちがするものなのか、と想像する。そういう擬人法に依らなくては、人は遠方に送った機械と自分の意識をつなぐことができない。かじかんだ足の指がまだ自分に所属することを確かめようと、ちょっとだけ動かしてみるようなものだ。小惑星の向こうを飛ぶ探査装置が自分たちの世界に所属することを確認するために、自分をその場所に置かれた目と考えて、見える光景を想像し、物質がないという寂寞を想像する。そういう誘惑を感じている人間がたくさんいる。>(ヤー・チャイカ)

こうした思念や描写が、現実世界と行きつ戻りつ、そして融合しながら、科学的美しさをもった小説世界を形作っていくのである。
これ1冊では、まだまだその魅力を解明できたということにはならないが、その一端に触れることはできたように思っている。
これをきっかけに、またもう少しその世界を覗いてみたいなと考えている。


にほんブログ村 本ブログへ 
↑ クリック、お願いします。 ↑

テーマ : 図書館で借りた本  ジャンル : 本・雑誌


Category: 読書

Tags: 短編小説集  

Comment (0)  Trackback (0)

本多孝好「at Home」

at-home.jpg

作り話だからこそ見えてくる真実というものがある。
概ね小説とは、そういうものかもしれないが、とくにこの短編集では、そんな感想を強く持った。

表題作の「at Home」、「日曜日のヤドカリ」、「リバイバル」、「共犯者たち」の4編が収録されている。
いずれの短編も家族がテーマになっているが、どこか歪な欠損家族ばかり。
そこから家族とはいったい何なのかというテーマが、浮かび上がってくる。
ありえないような設定、都合のいい展開など、欠点はあるが、それでも読ませてしまうものがある。
もともとがミステリー作家であるという作者の、ストーリーテラーとしてのテクニックに、うまく乗せられてしまうわけだが、けっして不快ではない。
むしろその手管にひとつ乗ってみようという気にさせるものがある。
そして余計なことを考えず、物語世界へと身を委ねるうちに、快い感動へと至るのである。
最後がどんでん返しというか、落ちのような終わり方というか、そこには落語の人情話を聴いているような心地よさがある。

本多孝好の本を読むのは、これが初めて。
なので、最後に簡単な略歴を書いておく。

1971年の東京生まれ、慶應義塾大学法学部卒。
小学生の頃は江戸川乱歩、中学生の頃は赤川次郎、高校生の頃は半村良、大学時代は村上春樹や村上龍に夢中だった。
弁護士を志して法学部に在籍していたが、大学4年生の時、同じ学部の金城一紀に卒業文集に入れる小説の執筆を依頼されたことがきっかけとなり、作家を志すようになった。その後、金城の助言で習作を続け、共に切磋琢磨した。本格的に作家を目指すか、弁護士になるか心が揺れていた時(1994年)に「眠りの海」で第16回小説推理新人賞を受賞し、作家になる決心をした。(以上Wikipediaより)
1999年に単行本デビューとなる「MISSING」で、「このミステリーがすごい」のトップ10入りを果たす。
主な著書に「ALONE TOGETER」、「FINE DAYS」、「真夜中の5分前」、「MOMENT」、「WILL」などがある。


にほんブログ村 本ブログへ 
↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 図書館で借りた本  ジャンル : 本・雑誌


カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2018年)70歳です。
性別:男

還暦(10年前)という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

月別アーカイブ
cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293006 2018