風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 読書

Tags: 時代小説  葉室麟  

Comment (0)  Trackback (0)

葉室麟「津軽双花」

tsugarusouka.jpg

津軽藩2代目藩主、津軽信枚(のぶひら)の時代の話である。
慶長18年(1613年)徳川家康の養女・満天姫が信枚のもとに輿入れしてくる。
本州最北端の津軽を、北方防衛上重要な藩だと考える幕府が、津軽家との絆をより強固なものとするためであった。
しかし津軽家には、すでに辰姫という正室がいた。
彼女は関ヶ原で敗れた石田三成の遺児である。
関ヶ原の合戦で三成が敗れた後、兄の石田隼人正重成は津軽に逃れ、津軽家の家臣になっていた。
信枚の父、初代藩主為信が三成から大いなる恩義を受けていたためであった。
そして今は津軽家の家臣となって杉山源吾と名乗っている。
また三成の娘辰姫は高台院(秀吉の妻寧々)の養女となって庇護を受けていた。
高台院は重成とともに石田家の血筋を残そうと考え、また津軽家と石田家の結びつきをさらに強いものにするために、辰姫を信枚の妻としたのである。
そこへ満天姫輿入れの話が持ち込まれた。
板挟みになった信枚だったが、結局は幕府の意向を受け入れ、辰姫を飛び地領の上州大館村(現在の群馬県太田市)に移し、満天姫を正室として迎え入れるたのである。
ここから満天姫と辰姫の「女の関ヶ原」ともいうべき戦いが始まった。
しかしその争いは、相手を陥れようとするような悲惨なものではなく、お互いの越えられない立場の違いからくるもので、戦国時代を生きる女の矜持が感じられるものであった。
ともに津軽家にとって何が大事かということを第一に考えながらの争いであった。
まさに津軽のふたつの輝ける花、「津軽双花」なのである。
そしてこのことが後の津軽家の安泰へと繋がり、さらに石田三成の血筋が津軽の地において脈々と生き続けていく礎になったのである。

調べてみると、この小説はほぼ史実に基づいて書かれたものだ。
こうした歴史があったということを、この小説で初めて知った。
地元に住んでいても歴史に特別興味を持っていない限りは、こういうことを知る機会はなかなかないものだ。
そういう意味ではこの小説はそうした機会を与えてくれたわけで、いい勉強になったと思っている。

弘前では昨年、弘前城本丸の石垣改修のために天守を移動するというイベント「天守曳屋」が大々的に行われた。
また先日4月9日には、「石垣解体始め式」も執り行われた。
そして今後10年をかけて石垣の改修工事が行われる。
こうした節目の時にこの小説を読んだことは、特別記憶に残る読書体験になったように思う。
そしてそのことで津軽の歴史への興味が、さらに大きくなったのである。


にほんブログ村 本ブログへ 
↑ クリック、お願いします。 ↑

スポンサーサイト
テーマ : 図書館で借りた本  ジャンル : 本・雑誌


Category: 読書

Tags: 時代小説  短編小説集  

Comment (1)  Trackback (0)

青山文平「つまをめとらば」

tsumawo.jpg

図書館で予約していた小説、「つまをめとらば」の順番がようやく回ってきた。
予約したのが3月だったので、2ヶ月待ちだったわけである。
昨年度の直木賞受賞という人気作品なので、これくらい待たされるのは仕方がないところ。
さっそく読んでみた。

青山文平の小説を読むのは、「流水浮木  最後の太刀」に続いてのことだ。
「流水浮木  最後の太刀」は長編小説だったが、こちらは短編集になる。
「ひともうらやむ」「つゆかせぎ」「乳付(ちつけ)」「ひと夏」「逢対(あいたい)」「つまをめとらば」の六篇の短編から成る。
主人公はすべて下級武士であるが、それぞれに秀でた余技を身につけている。
釣り針や釣り竿を作る技、漢詩や算学など、それによって「芸は身を助く」といった物語が展開されていく。
さらにそこに訳ありの女たちが絡むことで、深い陰影をつけ加えていく。
そこには作者自身が小説を書き始めた頃の経験や思いが、塗りこめられているようだ。
いずれの短編も甲乙つけがたい面白さ。
抑制された文章から紡ぎだされる物語は、時代小説がもつ香り立つような魅力に溢れている。
長編と短編の違いはあるかもしれないが、「流水浮木  最後の太刀」よりもさらに面白さが凝縮されている。
間違いなくこれからの時代小説界を担っていく小説家のひとりだろう。
こうした力量ある作家と出会えた幸運を噛みしめている。


にほんブログ村 本ブログへ 
↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 図書館で借りた本  ジャンル : 本・雑誌


Category: 読書

Tags: 時代小説  

Comment (0)  Trackback (0)

青山文平「流水浮木  最後の太刀」

ryusuihuboku.jpg

この作者の小説を読むのは、これが初めて。
実はこの小説ではなく、『つまをめとらば』という短編集を読もうと思って図書館に出かけたのだが、あいにく貸し出し中で借りることができなかった。
『つまをめとらば』は、先日直木賞を受賞したばかりの小説である。
なので、これは無理からぬこと。
予想はしていたが、やはりである。
しかしこれを読もうと思ったのは、直木賞を受賞したからではなく、以前から読みたいと思っていたからで、偶然にもそれが直木賞を受賞したというわけである。
代わりにと言っては何だが、こちらを借りてきた。

青山文平は1948年12月の生まれ。
同い年ということになるが、学年でいえば1年下である。
経済関係の出版社勤務を経て作家になった人である。
1992年に『俺たちの水晶宮』で第18回中央公論新人賞を受賞、これは時代小説ではなく純文学であった。
その後一旦活動を休止、2011年、時代小説『白樫の樹の下で』で、第18回松本清張賞を受賞、これが事実上のデビュー作となる。
2014年、『鬼はもとより』で第152回直木賞候補となるが、受賞はならなかった。
しかし同作で第17回大藪春彦賞を受賞、そして本年1月、『つまをめとらば』で第154回直木賞受賞となる。
以上が簡単な経歴である。

「流水浮木」という言葉の意味は、辞書で引くと「固執せず自由自在に動く事。」とある。
小説のなかでは、主人公が使う一刀流の技のひとつであり、主人公の生き方を象徴させる言葉としても使われている。
内藤新宿・鉄砲百人組の初老の武士、山岡晋平が主人公である。
鉄砲百人組に属するのは伊賀者という家柄を継ぐ者たちである。
だが、八代将軍吉宗が独自にお庭番という役目を作り上げたことから、今や閑職同然の立場に追いやられている。
そしてサツキ栽培で生計をたてるということが、彼らに残された僅かな糧となっており、そこに生きがいを見出そうとする者たちがいる。
だがなかには同心株を売って武士を捨て去るという者もいる。
そうした背景が、この物語全体に暗い影を落としており、そのなかでもがき苦しむ下級武士たちの姿が描かれていく。
そんな主人公山岡晋平の親友3人が、ある陰謀に巻き込まれて命を落としたことから、剣の達人である彼がその陰謀に立ち向かうというのが主なストーリーである。
初老の武士が主人公ということで、藤沢周平の『三屋清左衛門残日録』を連想したが、それとはまた違った趣きがある。
これを読んだことで、『つまをめとらば』を読むのが待ち遠しくなってきた。
図書館で予約の申込みをしたが、現在の予約待ちが24人、何か月も先のことになりそうだ。


にほんブログ村 本ブログへ 
↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 読んだ本の感想等  ジャンル : 小説・文学


Category: 読書

Tags: 時代小説  

Comment (0)  Trackback (0)

松井今朝子「仲蔵狂乱」

nakazou.jpg

初代、中村仲蔵は、江戸時代後期に活躍した歌舞伎界の名優である。
なかでも特異な点は、幼くして両親を亡くした孤児であったものの、厳しい修行の末、ついには名題にまで登りつめたということである。
門閥が絶対の梨園にあって、これは稀有なことである。
名題というのは歌舞伎界における役者の頂点である。
ちなみに役者の身分は、下立役(通称、稲荷町)、中通り、相中(あいちゅう)、相中上分(あいちゅうかみぶん)、名題(なだい)下、名題となっており、その身分の壁を越えることは至難の業である。
しかもそれを果たしたのは、後にも先にも中村仲蔵しかいない。
これはそんな中村仲蔵の生涯を描いた小説である。

中村仲蔵の存在を知ったのは、五代目、三遊亭円楽が語る人情噺「中村仲蔵」によってであった。
ひと昔前、ラジオで放送されたのを録音、繰り返し何度も聴いたものである。
以来、六代目三遊亭円生や、芝居噺が得意だった八代目林家正蔵(先代)、さらには十代目金原亭馬生といった様々な演者の「中村仲蔵」を聴いた。
どれも楽しめるものではあったが、やはり最初に聴いた円楽のものが、一番の好みである。
いずれにしても、この演目は馴染が深い。
ちなみに噺の内容は、苦労して名題になった仲蔵が、「仮名手本忠臣蔵」上演の際、五段目の斧定九郎一役だけという冷遇にあうが、それにめげることなく、役を工夫、観客の喝采を浴びるというもの。
当時の五段目というのは、俗に弁当幕と呼ばれ、舞台を見るよりも弁当を食べることに忙しくなるという、まったく人気のない幕であった。
しかも斧定九郎というのは、見栄えのしない山賊で、名題になった役者がやるような役ではなかった。
しかし仲蔵はその役に独自の解釈を施すことで、今日も残る、錦絵から抜け出したような見事な斧定九郎へと変えたのである。
もちろん小説でも、そのくだりは詳しく書かれているが、それは仲蔵の修行のごく一部のエピソードに過ぎない。
それよりもっと凄まじいのは、稲荷町時代に仲蔵が役者仲間から受けたいじめや差別の数々。
これは競争社会である歌舞伎界の裏面史ともいえるもの。
そのあまりの陰惨さに耐えかねた仲蔵は、自殺未遂まで起こすが、たまたま居合わせた武家に助けられる。
そしてその後は「芸狂い」と呼ばれるほどの精進をして、役者としての実績を積んでいく。
それにつれて周りの扱いも次第に変化していく。
その過程が詳細に語られており、興味が尽きない。
まさに不世出の名優が辿った波乱の人生が、迫力たっぷりと描かれていくのである。

この小説は、第8回(1997年)時代小説大賞の受賞作である。


にほんブログ村 本ブログへ 
↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 読んだ本の感想等  ジャンル : 小説・文学


Category: 読書

Tags: 山本一力  時代小説  

Comment (0)  Trackback (0)

山本一力「辰巳八景」

tatsumi8kei.jpg

「辰巳」とは江戸深川のこと。
江戸城から見ると、深川が辰巳の方角(東南)に当たることからつけられた別名である。
その江戸深川を舞台にした「永代橋帰帆」、「永代寺晩鐘」、「仲町の夜雨」、「木場の落雁」、「佃町の晴嵐」、「洲崎の秋月」、「やぐら下の夕照」、「石場の暮雪」という八つの物語が書かれている。
それぞれの物語に登場してくるのは、ろうそく屋、せんべい屋、米屋、鳶、材木商、町医者、三味線屋、芸者、飛脚、履物職人など、名もなき商人や職人たちである。
そうした人たちの生業の様子が詳しく書かれているので、物語の面白さだけでなく、その生活を覗き見る面白さも同時に味わえる。
なかでも著者自身の作家としての修業時代を下敷きに書かれたのではないかと思われる「石場の暮雪」が興味深い。


にほんブログ村 本ブログへ 
↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 読んだ本の感想等  ジャンル : 小説・文学


カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2008年)還暦です。
性別:男

還暦という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293006 2017