風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 外国映画

Tags: 戦争映画  

Comment (0)  Trackback (0)

映画「レッド・リーコン1942 ナチス侵攻阻止作戦」

red1942.jpg

2015年のロシア映画、日本未公開だが、見応えのある作品。
大げさな題名から、よくある戦争アクション物かと思ったが、予想に反してなかなか見せる人間ドラマで、思わぬ拾いものであった。

時は1942年、ドイツ軍がソ連に攻め込んだ、いわゆる独ソ戦さなかの物語である。
ウラル山脈の森林地帯にある、小さな村に配備された少数の守備部隊。
前線から離れているため、緊張感はなく、酔っ払った兵士が問題を起こすことも珍しくない。
苦り切った隊長のヴァスコフは、代わりに酔っ払わない兵士を寄こせと要求。
やってきたのは女性兵士ばかり。
がっかりするが、ドイツ軍の飛行機が来ると、意外な活躍を見せる。
彼女たちはそれぞれ家族や恋人をナチスに殺され、ドイツ軍に対する強い憎しみがあり、ドイツ軍をやっつけようという強い使命感を持っている。
そうした彼女たちの過去が、繰り返し映し出されていく。

ある日、森で数名のドイツ兵が目撃される。
そこでヴァスコフは、女性兵士5名を選んで、森の奥深くへと偵察に出発するが、少人数と思っていたドイツ兵が、予想をはるかに超えた大人数であった。
それは森の先にあるシベリア鉄道を抑えるために、送られた部隊だということが、次第に分かってくる。
ヴァスコフは救援部隊を呼ぶために、兵士ひとりを帰すが、救援部隊が駆け付けるまでの間、残った女性兵士たちとともに戦うことを決意する。
圧倒的に不利な状況のなか、決死の戦いが始まる。
そしてひとりまたひとりと、女性兵士たちが倒れていく。

独ソ戦では、多くの女性兵士が存在したそうだ。
ほとんどが20歳前後の若い女性たちで、なかには男の兵士を凌ぐほどの活躍をした兵士もいたという。
あまり多く語られることのない、戦争の裏面史である。

この映画は、1973年に作られたソ連映画「朝やけは静なれど…」のリメイク作品で、オリジナルのこちらは、アカデミー外国語映画賞にもノミネートされたということだ。
ロシア映画らしく、重くリアルな戦争映画であった。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑

スポンサーサイト


Category: 外国映画

Tags: 戦争映画  ミステリー  

Comment (0)  Trackback (0)

映画「手紙は憶えている」

remember.jpg

90歳の老人ゼヴは、アウシュビッツの生き残りである。
今は老人ホームで暮らしており、認知症を患っている。
眠るたびに記憶をなくし、妻を亡くしたことさえ忘れてしまう。
そんなゼヴが、アウシュヴィッツ収容所で家族を殺したナチス将校を捜し出し、復讐を遂げるための旅に出る。
同じく、アウシュビッツの生き残りであるマックスから手渡された手紙を頼りの旅である。
その手紙には、なぜ自分が旅をしているのか、そしてこれから何をやるべきなのかが、詳細に書かれている。
それを読み返すことで記憶を取り戻し、やるべきことをひとつひとつ実行していくのである。
そしてついに目的の相手に辿りつく、というのがこの映画の大まかなストーリーである。

第2次世界大戦が終わってすでに70年の歳月が流れている。
しかし、いかに時間が経とうとも、戦争の傷跡が癒えることはない。
そして憎しみや怨念もやはり消え去ることはない。
それを復讐と云う手段で実行に移そうとする、老人ふたりの執念の根深さに驚かされる。
罪はそれほど重いということだ。

ゼヴの歩みは心許ない。
その姿を見ていると、こんな老人に果たして大仕事を成し遂げることができるのだろうかという疑問が湧いてくる。
だが、考えてみれば、だからこそハラハラドキドキとしたサスペンスが盛り上がることになるのである。
また逆に老人だから怪しまれず、着実に実行ができるという利点もある。
カメラはけっして大げさにならず、日常の延長線として、淡々とその姿を追っていく。
覚束なくゆっくりとしたゼヴの歩みに合わせるように。
そしてその日常の先に、予想外の結末が用意されている。
驚愕の事実、それを知った時、復讐の旅という悲劇は、見事な完結を見せるのである。

戦後70年、戦争の記憶が薄れ、歴史の彼方へと消え去ろうとしている今だからこそ創りえた作品である。
原題の「Remember」の意味するところは大きい。
この巧みなストーリーを書いたのが、まだ30代のベンジャミン・オーガスト。
これが脚本家デビューというから驚きだ。
そしてその緻密な脚本を上質に映像化したのが、カナダの名監督アトム・エゴヤン。
見事な連携である。

ふたりの老人を演じたのは名優クリストファー・プラマーとマーティン・ランドー。
クリストファー・プラマー86歳、マーティン・ランドー88歳。
ともにこの映画が最後で、そして最大の代表作になることは間違いない。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑


Category: 外国映画

Tags: 戦争映画  

Comment (0)  Trackback (0)

映画「フランス組曲」

France-kumikyoku.jpg

1940年、第二次世界大戦下のフランス。
ナチスによってパリが陥落、さらにその侵攻の鉾先は地方にも及び、フランス中部に位置する街ビュシーもナチスによって占拠される。
そこに住むヒロインのリュシルは、大地主の姑アンジェリ夫人とともにフランス軍の兵士として出兵した夫の帰りを待っている。
厳格で気難しく、小作人に対する態度も容赦のない姑との生活は陰鬱なものでしかない。
自分を押し殺しての毎日である。
その邸宅にナチの将校ブルーノが宿舎として住むことになる。
ブルーノは作曲家でピアニストである。
彼は夜ごとリュシルのピアノを弾くようになる。
微かに聴こえてくるその曲は、聴いたことのない曲であった。
その曲にリュシルの心が癒されていく。
やがてこの曲はブルーノが作曲した「フランス組曲」ということを彼から教えられる。
それがこの映画の題名である。

敵対する相手ということで一定の距離を置いていたリュシルだが、次第にブルーノに関心を覚えるようになっていく。
やがてそれが道ならぬ恋となっていくのである。
ふたりが愛し合うということは、同胞からすれば裏切り者ということになる。
先には悲劇だけしか見えない望みのない恋である。
それでも互いに惹かれてゆく姿が切なくもあり、スリリングでもある。
カーテン越しに相手の姿を見つめたり、ドアの隙間から隠れ見するようなショットが繰り返されるのは、そうした恋の危うさを表しているからである。

ヒロインのリュシルを演じるのは、ミシェル・ウィリアムズ。
けっして美人というわけではないが、控えめな中に意志の強さや情熱を秘めており魅力的。
穏やかなブルーノが惹かれるのがよく分かる。
そしてブルーノを演じるのがマティアス・スーナールツ。
以前観た「リリーのすべて」で、主人公の幼馴染の画商を演じていたのが印象に残った俳優であるが、ここでもまた新たな魅力を見せている。

この映画はアウシュビッツで亡くなったイレーヌ・ネミロフスキーの未完の小説を映画化したものである。
この小説は60年間開けられることのなかったトランクの中に眠っていたもので、それを彼女の娘が母親のためにと発表したものである。
そして出版されるや一躍ベストセラーとなった。
それを出版後10年を経て映画化されたのがこの作品である。
こうした事実はタイトルバックを見て初めて知ったことだが、それを知ることでこの映画がまた一段と深い彩りを帯びて見えてきた。

映画の中でパリから逃れてきたユダヤ人母子が出てくるが、おそらくこれがネミロフスキー母子なのだろうと思う。
ユダヤ人であることを隠していたが、最後は見つかり、収容所送りとなってしまう。
だが幼い娘だけは逃れることができ、アンジェリ夫人の邸にかくまわれることになる。
そうした添景として挟み込まれたエピソードが、この映画のさらなる悲劇性を高める要素になっている。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑



Category: 外国映画

Tags: 戦争映画  

Comment (0)  Trackback (0)

映画「あの日の声を探して」

anohinokoe.jpg

1999年に起きた第二次チェチェン紛争を舞台に描いた悲劇である。
それを両親を殺戮された少年と、強制的に軍隊に入隊させられた若いロシア兵、そして少年を保護するEU職員という3つの視点から描くことで、紛争の絶望的な状況を浮かび上がらせる。
その過酷な現実には、思わず目を背けたくなってしまう。
しかしそれでいてけっして画面から目を離すことはできない。
映像が持つ力である。
そして両親を殺戮されたショックで声を失った少年と同じように、言葉を失い少年の絶望的な逃避行を息をつめて見守ることになる。

さらにもうひとつの視点、ロシア人の青年が強制的に入隊させられた軍隊のなかで陰湿な虐待を受けながら、次第に人間性を失っていく姿を見せられる。
スタンリー・キュブリックの「フルメタル・ジャケット」を思わせるような軍隊の狂気である。
そうした現実の前では、どんな言葉も無力だということを感じてしまう。
そこは力だけが支配する有無を言わせぬ世界である。
また常に死と隣り合わせとなった世界でもある。
そうした異常さのなかから殺戮兵器としての兵士がつぎつぎと生み出されていくことになる。

そんなふたつの厳しい現実を突きつけられることで、戦争の不条理さや、人間が抱え持つどうしようもない残虐性が激しく炙り出されていく。
そしてこのような極限状況のなか、人はどのように行動し生きていけばいいのか、深く考えさせられることになるのである。

監督は2011年に「アーチスト」でアカデミー賞5部門を獲得したミシェル・アザナヴィシウス。
エンターテインメント性たっぷりの「アーチスト」から一転、今回はシリアスな人間ドラマである。
これは彼がどうしても描きたいと願い続けた作品なのだという。
おそらくそれは彼がリトアニア系ユダヤ人家庭で育ったことと無縁ではあるまい。
そう考えるとこれは歴史の大きなうねりの中で、撮るべくして撮られた映画ということになるのかもしれない。
こうした悲劇は、これからも連綿と続いていくのだということを示唆しているようにも思える。
映画の中で全く無関係のように思われていたふたつのドラマが、最後に交差するのを見ていると、なおさらそう思えてならない。
だがそんな絶望のなかでも少年が声を取り戻し、最後に笑顔を見せることで、そこに残されたわずかな希望や人間の優しさを見ることができるのである。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑


Category: 日本映画

Tags: 戦争映画  

Comment (0)  Trackback (0)

映画「紙屋悦子の青春」

kamiya.jpg

一昨日BSプレミアムで観た映画。
黒木和雄監督の戦争レクイエム3部作「明日 TOMORROW」、「美しい夏キリシマ」、「父と暮せば」に続く戦争映画。
1軒の家の中だけで物語が展開するというのは、「父と暮せば」と同じ。
まるで舞台劇を観ているように感じるのは、いずれも戯曲が原作だからだろう。
またこれら戦争もの連作は、すべて戦闘場面が出てこない戦争映画である。
戦時中の市井の人々の暮しが、静かに描かれるだけである。
しかしそれでいて戦争の悲惨さや愚かさが、確実に伝わってくる。
戦場で銃で戦うだけが戦争ではない。
銃後の生活のなかにも、戦争の厳しい影が確実に現れてくるのだ。
そしてその悲しみのなかに、戦場とはまた違った戦争の現実があるのだとするのが黒木監督の一貫した姿勢である。
それは戦時下に少年時代を過ごし、勤労動員先の空襲で、目の前にいた友人が爆撃を受けて死んだという体験を持っている黒木監督ならではの拘りといえよう。

それにしてもこれが遺作となったのは、いかにも戦争もの連作を撮り続けた黒木監督らしい。
いささか地味ながらも、ところどころにユーモアがあり、飽きずに観ることができた。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 邦画  ジャンル : 映画


カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2018年)70歳です。
性別:男

還暦(10年前)という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

1234567891011121314151617181920212223242526272802 2018