FC2ブログ

風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 日本映画

Tags: 安藤サクラ  

Comment (0)  Trackback (0)

映画「万引き家族」

manbiki.jpg

カンヌ映画祭パルムドール受賞ということで、話題になった映画だが、なかなか観る気にならなかった。
それがレンタル・ショップで旧作になったのを機会に、観てみることにしたのである。

是枝監督の映画はこれまで10本の作品を観てきたが、良かったのはデビュー作の「幻の光」と「誰も知らない」、「そして父になる」、「海街diary」。
残りの6作品(「ワンダフルライフ」、「DISTANCE」、「花よりもなほ」、「歩いても 歩いても」、「海よりもまだ深く」、「三度目の殺人」)は、残念ながら今ひとつ印象に残らないままで終わってしまった。
だからといってそれらの作品が駄作というわけではなく、それぞれに作家性の強いレベルの高い作品であることは間違いない。
だがあまりに淡々とし過ぎていて、ドラマとしての盛り上がりに欠けるところが、今ひとつ不満だった。
そうした傾向は是枝監督がドキュメンタリー映画出身ということからくるものだと思う。
出来るだけ作為的にならず、現実をありのままに切り取ろうとする習性が身についているからだろう。
だがそれがいったんツボにはまると、知らず知らずのうちに作品世界に絡み取られてしまう。
そんな粘着力をもっている。
ただそれも当たり外れがあるわけで、期待が大きいだけに外れたときの失望感も大きくなってしまう。
そんなことから、今回の「万引き家族」は観ることを躊躇していたというわけだ。
そして観た結果は?
ちょっと複雑なものがある。
キャスティングは、レギュラーともいえるリリー・フランキーと樹木希林に加えて是枝組初参加の安藤サクラ、松岡茉優という布陣で、監督好みのメンバーが揃っている。
なかでも最強メンバーともいえる安藤サクラが加わったことが大きい。
今回はどんな演技を見せてくれるか楽しみだったが、期待を裏切らないしなやかで心に刺さる渾身の演技だった。
また子役ふたりは、おそらくオーディションで選んだのだろうが、ともに自然な演技がとてもいい。
そんなメンバーたちが、楽しそうに家族を演じている。
そう、まさに楽しそうにである。
しかしその裏にあるものは?というのがこの映画の胆である。
そしてそれが徐々に明らかにされていく。

いつもながら是枝監督の映画は、いろいろと考えさせられる。
今回もその点は変わらないが、それでも意外とあっさりと終わってしまった、というのが正直なところ。
いまひとつ引っかかるものがなかったということで、いささか憾みが残ってしまったのである。

パルムドール作品ということで、いささか辛口な感想になってしまったが、それでも混迷する現代社会に対する辛辣なメッセージが込められた良作であることは間違いない。
そして社会の片隅に見捨てられた人間たちを、ひたすら掬い上げて作品化しようとする是枝監督の真摯な志には、素直に頭が下がる。
そうした思いをこちらも真摯に受け止めたいと思う。



にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑

スポンサーサイト





Category: 日本映画

Tags: 安藤サクラ  

Comment (0)  Trackback (0)

映画「0.5ミリ」

05mm.jpg

ある事件で職を失った介護ヘルパーが、町で見かけた訳あり老人の家に押しかけて、身の回りの世話をするという物語。
主演の介護ヘルパーの女性サワを演じているのが安藤サクラ、そして監督が姉の安藤桃子という映画である。
登場する老人は、4人、織本順吉、井上竜夫、坂田利夫、津川雅彦、柄本明といった個性的な面々。
一筋縄ではいかない年寄りたちばかりだが、サワとともに生活するうちに、次第に心を開いていく。
そんなエピソードが連作短編のように繰り返される。
この映画を観ているうちに、ふとこれに似た映画があったことを思い出した。
百万円と苦虫女」である。
蒼井優演じるフリーターの女の子が、仕事で百万円貯まると別な土地に移るというルールに従って、ひたすら旅を続ける映画であった。
監督はタナダ・ユキ、こちらも女性監督である。
どちらもロードムービーではあるが、行く先々で居つき、そこで生活をしながらも、次々と居場所を変えていく。
また主人公が心に鬱屈をもちながらも、めげずに逞しく生きていく。
そんな共通点からの連想であった。
ところでこの「百万円と苦虫女」といい、安藤サクラの「百円の恋」といい、この映画のなかに出てくる百万円のエピソードといい、偶然だがいずれも百という数字に縁のある映画ばかり。
意味のないことかもしれないが、こうやって揃うと「百」という数字が何かの符号か、ラッキーナンバーのように思えてくる。
ついでにいえば、題名も「0.5ミリ」ということで、やたら数字が気になってしまうのである。

「介護」を題材にしているが、それだけに焦点を絞っているわけではない。
そこから見えてくるのは、超高齢化時代を迎えた現代社会が抱え持つ様々な問題であり、歪である。
そしてそこに安藤サクラ演じるサワという女性が関わることで、さらに複雑な現実が浮かび上がってくる。

「介護」が題材となると、どうしても重苦しくなりがちだが、この映画はそこがちょっと違う。
主人公サワのバイタリティー溢れるキャラクターや、コミカルな味付けが、この映画をよくありがちな「介護」映画とは一線を画したものにしている。

主人公サワは介護だけに限らず、年寄りの扱いには手慣れており、卒がない。
その扱いに年寄りたちが手もなく慣らされていく様は、まるで野良犬を手懐ける様で、手際がいい。
彼女が最初にやることは、手料理を提供すること。
まずは食い物から攻めていくのである。
だいたいの男は、手料理には弱い。
ましてや毎日貧相な食事ばかりの老人となればなおさらである。
サワは若さに似合わず料理の腕が抜群に上手いという設定になっており、美味そうな手料理が食卓に上がる。
もうそれだけで相手の気持ちをがっちりと掴んでしまう。
説得力がある。
押しかけヘルパーという強引で、現実離れした行動も、これで妙に納得してしまう。
その料理のコーディネートをしているのが、安藤姉妹の母親である安藤和津。
さらにいえば、父親の奥田瑛二もエグゼクティブ・プロデュサーを務めている。
加えて安藤サクラの義理の両親である柄本明と角替和枝も出演するなど、家族総出で若いふたりを支えているのである。

観る前は3時間16分はあまりにも長いと思っていたが、観始めるとあっという間であった。
いや、逆にまだまだ観ていたいと思ったほど面白かったのである。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : DVDで見た映画  ジャンル : 映画


Category: 日本映画

Tags: 安藤サクラ  

Comment (0)  Trackback (0)

映画「百円の恋」

hyakuen.jpg

低予算でマイナーな映画ながら、昨年度(第39回)の日本アカデミー賞最優秀脚本賞(足立岬)と最優秀主演女優賞(安藤サクラ)を受賞した作品。
話題作ながら、レンタルショップに置いてある本数が少ないため(どの店でもたった1本のみ)なかなか借りることができなかったが、ようやく借りて観ることができた。

女性が主人公のボクシング映画といえば、イーストウッド監督の「ミリオンダラー・ベイビー」がすぐに思い浮かぶ。
ヒラリー・スワンクの熱演ぶりが、印象に残る映画だが、「百円の恋」の安藤サクラの熱演もそれに負けてはいない。
いやむしろそれを上回るものがある。
生半可ではない女優魂を見ることができる。
この映画の成功は、ひとり彼女の熱演に負っているといっても言い過ぎではない。
それほど彼女の存在感は印象に残る。

自堕落で、家族から鼻つまみにされるどうしようもない30女が、ボクシングと出会ったことで生きる気力や目的を見出していくというこの映画には、人生を投げてしまったようなダメ人間ばかりが登場する。
題名に「百円」とあるように、チープな人間ばかりなのである。
だがそんなチープな人間でも、ひとたび夢中になれるものに出会えば、これほどひたむきに、そして精彩を放つことができるのだということを見せてくれるのである。
そしてそれを見ているうちに、いいようのない感動が押し寄せてくることになるのである。
それはけっして爽やかな姿というわけではない。
歪な人間が歪なまま、しかし正真正銘のひたむきさでボクシングの世界へとのめり込んでいく。
カッコ悪さが、こんなにもカッコいいのだということを、この映画が久しぶりに思い出させてくれた。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑


Category: 日本映画

Tags: 安藤サクラ  

Comment (0)  Trackback (0)

映画「かぞくのくに」

kazokunokuni.jpg

2012年度のキネマ旬報第一位に選ばれた映画である。
それ以上の予備知識はないままにこの映画を観た。
重い内容の映画だろうという予感があった。
だからこれを観るには相当のエネルギーが強いられるのではないかと覚悟をしていたが、観始めるとそんな気持ちはどこかに飛んでしまい、終始緊張感を孕む画面に釘付けになってしまった。
そして緊張は最後まで緩むことなく、気つくと映画は終わっていた。
時間を忘れて見入ってしまうほど強烈な印象を残す映画だった。
なるほどキネマ旬報第一位に選ばれたのは、当然だろうと納得したのであった。

監督は梁英姫(ヤン・ヨンヒ)、大阪で生まれ育った在日コリアン2世である。
自らの体験がもとになっているという。

1970年代に盛んに行われた「帰国事業」で、朝鮮総連の重要なポストにつく父親の勧めに従って北朝鮮に渡った息子のソンホが、病気療養のために25年ぶりで帰国する。
3ヶ月という期限つき、しかも監視員が同行して始終見張りにつくというもの。
久しぶりの再会を喜ぶ両親と妹(監督自身がモデル)、さらに叔父や昔の友人たちも彼の帰国を歓迎する。
だが、口の重いソンホは北朝鮮での生活についてはいっさい語ろうとしない。
当然そこには複雑な事情がある。
それを察して彼らはそれ以上のことは問いただそうとはしない。
そうした思いやりがやりきれないほど切ない。
そして病院での検査の結果、脳に腫瘍が見つかり、治療には半年以上の入院が必要で、帰国許可のある3ヶ月という期間ではとうてい無理だと告げられる。
そこへ追い討ちをかけるように、本国から突然の帰国命令が下る。
家族の悲しみが頂点に達するなか、ソンホは寂しく日本を去っていく。

わずか数日間の出来事を描いただけの映画だが、そこに横たわるものは重く深い。
「国」とは何か、「家族」とは何か、そうした問いかけが鋭く突きつけられる。
こうした理不尽な話は、程度の差こそあれ、いつの時代にあっても尽きることはない。
そしてこうやって国や政治に翻弄されるのは、いつも片隅でひっそりと生きる名もなき庶民たちなのである。
そのことが哀しく胸に迫ってくる。

監督の梁英姫はドキュメンタリー映画出身者である。
この映画で手持ちカメラや長回しが多用されるのは、そうした経験からくるものだろう。
そんな手法が、この映画にドキュメンタリーのようなリアルな肌触りをもたらせている。
そしてそうやって切り取られたものが、自らの家族の切実な現実を題材にしているだけにリアルに迫ってくる。
だが、それでいて決して情緒に流されることなく、作家としての冷徹な眼で捉えている。
そこに限りない共感と好もしさを感じるのである。

主役のソンホを演じた井浦新と妹を演じた安藤サクラが素晴らしい。
安藤サクラはこの映画でキネマ旬報の主演女優賞を受賞している。
さらに監視役を演じたヤン・イクチュンの存在感もまた強く印象に残った。
韓国映画の監督兼俳優である。
以前彼の監督主演作「息もできない」を観て感動したが、今回のこの役が彼だったとは。
映画を観た後に知って驚いた。

心揺さぶられる映画であった。
それだけにまだまだ書き足りないことがあるように思ってしまうが、今のところ、これ以上先には進めそうにない。
少し時間を置けばまた何か新しいものが見えてくるかもしれない。
そうやってもういちどじっくりとこの映画について考えてみるのも悪くない。
そんなふうに思わせるものを、この映画は持っている。
いい映画というのは、繰り返し何度でも咀嚼してみたくなるものである。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : DVDで見た映画  ジャンル : 映画


Category: 日本映画

Tags: 安藤サクラ  

Comment (0)  Trackback (0)

映画「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」

ケンタとジュンとカヨちゃんの国

けっしてよく出来た映画というわけではないが、なぜか心に残る映画。
監督は大森立嗣、「ゲルマニウムの夜」に続く2本目の監督作品。
「ゲルマニウムの夜」もそうだったが、この映画も重く沈んだ心象風景が映し出される映画であった。
主人公のケンタ(松田翔太)とジュン(高良健吾)はともに孤児院育ちの幼馴染、今は解体作業会社の作業員として働いている。
工事現場で電動ブレーカーを使い、ひたすら壁を壊す仕事をこなしている。
厳しい作業内容、低い賃金、しかも職場の先輩・裕也(新井浩文)による理不尽ないじめという毎日のなかで、やり場のない鬱屈を抱えて生きている。
ある日、ふたりは裕也のクルマを壊し、事務所をメチャクチャにし、会社のトラックを盗み、ナンパしたカヨちゃん(安藤サクラ)といっしょに網走へと向かう。
そこではケンタの兄のカズ(宮将)が網走刑務所で刑期を勤めている。
彼は裕也からロリコンを理由に馬鹿にされ、その腹いせに裕也をカッターナイフで傷つけたのであった。
こうして3人の逃避行が始まるのだが、その先には、現状を変えるような希望はなく、ただ果てしない不毛の風景が拡がるばかりであった。
そして痛々しく救いのない3人の姿を、これでもかと見せていく。
そこには現代の若者たちの多くが、無意識のうちにも抱え持っている渇きや絶望といった寒々しい心象風景が、垣間見えるようであった。

監督の大森立嗣は、暗黒舞踏家、麿赤兒の長男、俳優の大森南朋の兄である。
またケンタを演じた松田翔太は松田優作の次男、そして松田龍平の弟である。
さらにカヨちゃんを演じた安藤サクラは奥田瑛二、安藤和津の次女。
このほかにも柄本明の息子柄本佑、宮あおいの兄である宮崎将、といったぐあいに2世俳優や血縁俳優たちが大勢出演している。
これは偶然のことなのか、それとも意図したものなのか。
判然とはしないが、監督の大森立嗣の「親の七光りだけでやっているのではないゾ」といったメッセージが暗に込められているのではないかと云う気がした。
そう思えるほど実力や魅力に満ち溢れた2世俳優や血縁俳優たちであった。
また2世俳優や血縁俳優ではないが、ジュンを演じた高良健吾と裕也を演じた新井浩文の存在も心に残った。
高良健吾はここ数年出演作が目白押し、しかもどの映画でも味のある演技を見せており、今売れに売れている若手俳優である。
新井浩文は「ゲルマニウムの夜」に続く大森立嗣監督作品への出演である。
彼はどの映画でも強烈な存在感を見せてくれる俳優だが、陰湿な虐めを繰り返すこの映画での裕也の存在感も忘れがたい。

エンディングで流れる岡林信康の曲「私たちの望むものは」には意表を衝かれた。
しかしこの選曲はこの映画にはぴったりであった。
歌うのは、阿部芙蓉美、初めて知った歌手だが、けだるく囁くように歌う彼女の歌声に痺れてしまった。
この歌が映画の余韻をさらに深いものにしてくれた。
同じように若者の焦燥や倦怠を描いた1971年の「八月の濡れた砂」が、エンディングに流れる石川セリの歌によって忘れがたい映画となったように。

阿部芙蓉美、ちょっと注目したい歌手である。

ところで大森立嗣監督の映画は3作目の「まほろ駅前多田便利軒」が現在上映中である。
この映画では弟の松田翔太に代わり、今度は兄の松田龍平が主演をしている。
こちらも楽しみな映画である。





にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 心に残る映画  ジャンル : 映画


カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2018年)70歳です。
性別:男

還暦(10年前)という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

月別アーカイブ
cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293006 2020