FC2ブログ

風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 読書

Tags: 太宰治  

Comment (0)  Trackback (0)

北村薫「太宰治の辞書」

dazai-jisyo.jpg

文学探訪、書評、エッセイ、論文、さらにはミステリーといった要素を合わせもった小説である。
幻惑されそうな内容だが、読み進むうちに曰く言い難い魅力に絡めとられてしまう。
こうした小説を読むのは初めてである。

主人公の《私》は小さな出版社に勤める40代の女性。
無類の読書家であるが、小説の細部が気になる性質。
そしていったんそれが気になると、とことん追求せざるをえなくなる。
そんな《私》が芥川龍之介の『舞踏会』を評した三島由紀夫の「ロココ的」という言葉に触発され、その繋がりから太宰治の『女生徒』のなかで書かれた「ロココ料理」という言葉に行きあたる。
さらに太宰が辞書で調べた「ロココ」という語彙の意味「華麗のみにて内容空疎の装飾様式」という文章に辿りつくが、果たしてそれがほんとうに太宰が辞書を引いて調べた言葉なのかどうかという疑問が沸き、その真偽を確かめるための探索が始まることになる。
そうした流れの中で三島由紀夫、江戸川乱歩、萩原朔太郎、江藤淳、ピエール・ロチ、フランソワ・モーリアックといった様々な文学者や文学作品が採り上げられる。
さらに助言や協力を仰ぐ人たちが登場、例えばそれは会社の上司であったり、出版を担当する大学の教師であったりするが、なかでも重要なのは大学時代からの友人・高岡正子と落語家の春桜亭円紫のふたり。
高岡正子からは「ロココっていえば、太宰だな」という助言があり、愛読した文庫本『女生徒』を手渡される。
それをきっかけに太宰文学の世界へと入り込んでいくことになる。
また円紫の場合は、寄席で彼の落語を聴いて楽しんだ後、行きつけの居酒屋でふたりで酒を酌み交わす。
そこで交わされる太宰についての話題のなかで、円紫から「太宰治の辞書」についての助言をもらうことになる。
それが次なる探索へと繋がっていく。
またこの会話のなかでさらに興味深い話を聴かされる。
それは太宰の言葉としてよく知られている「生まれて、すみません」が、実は太宰の言葉ではないということ。
そのことについては小説の中で詳しく書かれているが、太宰らしいエピソードで非常に興味深い。
そして同時にそのことは『女生徒』が太宰のファンだった有明淑から贈られた日記を下敷きに書かれたという事実とも重なるものがあり、そうした考察のなかから太宰文学の本質に迫ろうとする。
非常にミステリアスで知的好奇心を大いに刺激された。
贅沢で豊かな時間だった。
そして小説を深く読むとは、こういうことなのだということを教えられたのである。

調べてみると、これは「円紫さんと私」シリーズの6作目ということだ。
作者のデビュー作である『空飛ぶ馬』がシリーズの第1作目で、以後『夜の蝉』、『秋の花』、『六の宮の姫君』、『朝霧』と続き、この作品が16年ぶりの新作ということだ。
そういうわけで後追いになるが、他の5作品もぜひ読んでみたいと思っている。
そしてもちろん太宰の小説も。


にほんブログ村 本ブログへ 
↑ クリック、お願いします。 ↑

スポンサーサイト



テーマ : 読んだ本の紹介  ジャンル : 本・雑誌


Category: 読書

Tags: 太宰治  

Comment (0)  Trackback (0)

太宰治「ヴィヨンの妻」

viyonnotuma.jpg
この小説で太宰のユーモアにはじめて触れた。

主人公の小説家が飲み屋の酒代を踏み倒し、それでも足りずに、足しげく通いつめ、その都度酒代を払わず、延々と踏み倒していく。
その大胆さと巧妙さには、思わず笑ってしまった。
作中でも飲み屋の夫婦から事の次第を聞かされて、妻が思わず笑っているが、読んでいるこちらも吹き出してしまった。
切羽詰ったギリギリの生き方は、醒めた目から見ると、ある種の滑稽さを感じさせる。
そして絶望や哀しみで身動きできなくなったとき、後はもう笑うしかないという状況が見事に表現されている。
こういう描写を読んでいるうちに、太宰の同郷の作家、葛西善蔵の小説をふと思い出した。
貧困や絶望を描くという点で、太宰はこの敬愛する作家をお手本としたのかもしれない。

「ヴィヨン」というのは、15世紀フランスの詩人「フランソワ・ヴィヨン」のことである。
無頼、放蕩の生涯を送った詩人で、「ヴィヨンの妻」の小説家をこの無頼の詩人に重ね合わせている。
その夫の放蕩が作り出した借金の穴埋めに、妻が自ら飲み屋に押しかけて、働き始める。
出口の見えない逆境にも動じず、毅然と立ち向かっていく妻の逞しさ、健気さ、哀しみが、非常に印象的である。
そして太宰の苦悩の底にある潔癖なまでの倫理観が痛々しいまでに伝わってくる。
絶望を描きながらも、同時に生きる力も感じさせられる。

この短編集にはこの他にも「親友交歓」「トカトントン」「父」「母」「おさん」「家庭の幸福」「桜桃」などの作品が収められている。
どの小説も味わい深い。
だんだんと太宰の小説の魅力に嵌っていきそうだ。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 小説  ジャンル : 小説・文学


Category: 弘前

Tags: 太宰治  

Comment (0)  Trackback (0)

太宰治 友情・愛・青春

弘前大学みちのくホールで、「太宰治 友情・愛・青春」と題した講演会が行われたので、さっそく行ってきた。
先日「人間失格」を読み、今はちょうど「斜陽」を読んでいるところなので、私にとってはタイムリーな企画であった。
講演者は太宰治の長女、津島園子氏と、太宰研究者である東京大学大学院準教授の安藤宏氏のふたり。
dazai2.jpg
また講演の前には、弘前大学附属中学の演劇部の生徒たちによる「走れメロス」の朗読が行われたが、これがなかなか聴きごたえ(見応え)があり、原作のよさに加えて、生徒たちの力強い朗読にちょっと胸が熱くなってしまった。
dazai1.jpg
津島園子氏の講演は、スクリーンに家族写真を映写しながら様々な記憶を紐解いていくというもので、家族から見た生活者としての太宰の一面を語ったものであった。
いわゆる「女たらし」「生活破綻者」「薬物中毒者」といった負のイメージだけではない、別な一面も知ってもらいたい、との思いがこめられた、愛情あふれる内容であった。
とくに中期の太宰作品に明るく前向きの作品が多いのは、太宰が家庭人として充実していたことの証だという話からは、幸せな時間を過ごす若き太宰の微笑ましい姿を想像させられた。
dazai3.jpg
続いて行われた安藤宏氏の講演は、「人間失格」を中心に、太宰文学の魅力を解き明かしていくというもの。
「自意識過剰の饒舌体」、「関係性のなかの孤独」、「謙譲の文学」、「思春期のはしか」、「言葉の不確実性」など、様々なキーワードを挙げながら、近代文学における太宰文学の価値や魅力をわかりやすく読み解いていく。
太宰文学の入り口を入ったばかりの私にとっては、目を見開かされるような発見がいろいろとある内容で、これでまた太宰文学に対する興味が、少しばかり広がったように思った。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 日記  ジャンル : 小説・文学


Category: 読書

Tags: 太宰治  

Comment (0)  Trackback (0)

太宰治「人間失格」

ningensikkaku.jpg
今年は太宰治生誕100年という年である。
それを記念した催しが各地で行われているが、太宰の生地、津軽でも各種の催しが盛んに行われている。
弘前に住む身としては、いやがうえにもそれらを目にする機会が多くなる。
そんななかで、いちどは太宰作品を読んでみなければという、強迫観念にも似た衝動を覚えることが、しばしばであった。
いわば宿題のようなものでもあったわけだが、ちょうど昨日妻から太宰の「人間失格」を読んだと聞かされた。
娘(次女)が読もうと思って買って持っていたのを、たまたま目にした妻がそれを借りて読んだのである。
そしてその感想が「昔読んだときには気づかなかった面白さを感じた。太宰を誤解していた。太宰のイメージが少し変わった。」というものだった。
そこで、これはいい機会だと思い、さっそく便乗して読むことにした。
今朝がた読み始めたが、その面白さに一気に読んでしまった。

この小説が執筆されたのは、昭和23年3月から5月にかけてのこと。
そして6月には玉川上水に身を投げて自殺をしたので、死の直前の作品ということになる。
そうした時系列と、自らの人生を投影したような内容を考えると、これはいわば遺書のような作品といえるかもしれない。
作家、 杉森久英が太宰をモデルにして書いた小説に「苦悩の旗手 太宰治」というのがあるが、まさに太宰は苦悩し続けた作家であった。
「人間失格」はそうした太宰の苦悩の半生を、どうしても書かずにはいられない、切迫した衝動に突き動かされて書いた小説である。
巻末の奥野建男の解説を読むと、「常に読者への奉仕、読者をよろばせ、たのしまそうとつとめてきた太宰治が、はじめて自分のためだけに書いた作品であり、内面的真実の精神的自叙伝である。」
さらに続けて「この世から本質的に疎外され、自閉的世界に住む人間の、魂の底からの人間への求愛、求信の訴えである。太宰治の全作品が消えても、『人間失格』だけは人々にながく繰返し読まれ、感動を与え続ける、文学を超えた魂の告白と言えよう。」と書いている。

若い者ならいざ知らず、何を今更60面を下げて「太宰」でもあるまい、などといった訳知り顔な言葉が飛んできそうな気もするが、それでもあえて太宰を読んでみたのである。
そしてその素晴らしさを、遅まきながら今になってようやく知ったというわけである。
「人間失格」は「青春の書」という限定つきの文学だけのものではない、もっと深い、誰もが大なり小なり抱え持つ人間のダメさ加減、人とかかわることへの不安や恐怖といった、根源的な問題を内包している小説である。
人間関係が希薄になり、コミュニケーションの不足が叫ばれる現代だからこそ、太宰の作品がさらに輝きを増しているのかもしれない。

このつぎは「斜陽」「晩年」「ヴィヨンの妻」といったところも読んでみようか、と考えている。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 小説  ジャンル : 小説・文学


カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2018年)70歳です。
性別:男

還暦(10年前)という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

月別アーカイブ
cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293009 2019