風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 読書

Tags: 原田マハ  

Comment (0)  Trackback (0)

原田マハ「奇跡の人」

kisekinohito.jpg

何か面白い本はないかと、本屋で立ち読みしていたとき、たまたまこの本を手にしたところ、そこに「弘前」という地名があるのを見つけた。
どうやら「弘前」が舞台の話のようだ。
興味を引かれたのでじっくり読んでみようと、図書館へ行き借りてきた。

「奇跡の人」という題名からすぐに思いつくのは、ヘレンケラーの物語である。
聞こえず、見えず、話せずという三重苦を抱えたヘレンケラーが、アニー(アン)・サリバンによって言葉を理解するようになるという有名な話である。
昔映画で観て感動したことを憶えている。
ちょうど中学生くらいの時であったと思うが、クライマックスでは胸が熱くなり泣いてしまった。
映画を観て泣いたのは、これが初めてであった。
それだけに鮮やかな記憶として残っているのである。
ヘレンケラーを演じたのはパティ・デューク、アニー(アン)・サリバンを演じたのはアン・バンクラフト。
この映画でパティ・デュークはアカデミー助演女優賞を、アン・バンクラフトは主演女優賞を受賞している。

そしてこの小説である。
題名通りまさにこれは日本版ヘレンケラー物語である。
ヘレンケラーが介良(けら)れん、アニー(アン)・サリバンが去場安(さりばあん)となっており、明治20年の津軽を舞台に書かれている。
読み始めてすぐに同じ話だということが分かった。
それをなぞった話をまたもういちど読むのもどうかと思いながら読んでいたが、いつの間にかそんなことも忘れてしまい、夢中になってしまった。
そして気がつくとそのまま一気に最後まで読んでしまったのである。
原田マハの語りの上手さを、あらためて感じたのである。

明治4年、9歳の去場安は、岩倉使節団の留学生として渡米する。
彼女は生まれつき視力が弱く、いずれ目が見えなくなると医者から宣告されていた。
行く末を案じた父親は、ひとりで生きていける力を身につけさせようと、幼い彼女を留学させることに決めたのである。
そして16年の後、留学生活を終えた安が、女子教育に専心したいという希望を胸に帰国した。
その彼女のもとに伊藤博文から、青森県弘前町の男爵家の娘の教育係をやってもらえないかという依頼の手紙が届く。
それが三重苦の娘、介良(けら)れんであった。
情熱に燃える安は、その困難な仕事に挑もうと単身弘前へと赴く。
そしてけもののようなれんとの壮絶な試練の日々が始まるのである。

この物語と実際のヘレンケラーの物語との大きな違いは、津軽の盲目の旅芸人、狼野(おいの)キワという少女が登場することである。
手のつけられないきわは、座敷牢のような蔵に閉じ込められて生活をしていた。
そのきわを、蔵から出して大人しく生活できるようにするまでは、なんとかこぎ着けることができたが、きわのなかに眠る才能をもっと引き出したいと考える安は、それだけでは満足しない。
そこで環境を変えてさらなる飛躍を遂げようと、金木にある介良家の別邸にこもって、二人きりの生活を始める。
そこに「ボサマ」と呼ばれる門付け芸人の親子が、毎日のように門付けにやってくる。
その子供が10歳になるキワであった。
やがてキワはれんと親しくなる。
れんにとっては初めての友だちである。
そしてそのことが、れんの教育にとって大きな力になっていくのである。

アウトラインはヘレンケラーの物語をなぞっているが、細部は作者独自の工夫がされており、同じ話を読んでいるようには感じない。
まったく別な物語としての面白さがある。
とくにキワが登場して以降の話にとくにその感が強い。
ボサマやイタコ、川倉地蔵や「賽の河原」、そしてキワが歌う民謡や津軽三味線、そうした津軽独特の風土や風習が揃うことで、話に厚みが加わってくる。
また津軽弁が間違うことなく正確に書かれていることも、リアルさをさらに高める要因になっている。
そのことは地元の人間として感心したが、本の協力者に「九戸真樹」という名前があるのを見て納得した。
津軽の文化人で、地元発行の雑誌などにもしばしば文章を書いている人である。
その人が協力者となって名前を連ねている。
津軽に関する水先案内人になっている。
なるほど津軽弁を始めとした津軽のあれこれが、詳細かつ正確に書かれているのは、そのためである。
そうしたこともあって、よりいっそう印象深い一冊になったのである。


にほんブログ村 本ブログへ 
↑ クリック、お願いします。 ↑

スポンサーサイト


Category: 読書

Tags: 原田マハ  

Comment (0)  Trackback (0)

原田マハ「カフーを待ちわびて」

kafuwomachiwabite.jpg

タイトルの「カフー」とは、沖縄の方言で「果報」のこと。
「いい報せ」「幸せ」の意味を持つ。
そして主人公の明青(あきお)が飼っている黒いラブラドール・レトリーバーの名前が「カフー」、そして彼の前にある日突然現れた謎のヒロインの名前が「幸(さち)」である。

沖縄の離島、「与那喜島」を舞台に繰り広げられるラブストーリーである。
「鶴の恩返し」や「天の羽衣」「竹取物語」といったお話を、現代に移し変えたような話である。
どことなく現実離れしたような設定ではあるが、これが沖縄の離島で繰り広げられると、妙なリアリティーが感じられて納得してしまう。
それは沖縄が持つ美しい自然や、神を身近に感じながら生きる沖縄独特の文化がそうさせている。

主人公の明青は幼い時に父親を事故で亡くし、母親は彼を置いたまま家を出て行ってしまった。
以来彼は雑貨店を営む祖母とふたりだけで生きてきた。
その祖母も7年前に亡くなった。
そして今はその雑貨店をひとりで営んでいる。

そんな彼の元に1通の手紙が届く。
「絵馬の言葉が本当なら、私をお嫁さんにしてください」というもの。
明青が「嫁に来ないか。幸せにします」と冗談半分に書いて奉納した絵馬を見た女性からの手紙であった。
そして「幸」という名の女性が本当に彼を訪ねてやってくるのである。
何とも浮世離れした話だが、これがその後意外な展開をみせ、やがてそこに秘められた真相が明らかになっていく。

主人公の明青は幼い頃、嫌な時には「胸ん中で、みっつ数えるんだよ」と母親に教わったことがある。
嫌なのことは、みっつ数えるうちに通り過ぎてしまう。
そうやって耐えることで明青は不幸をやり過ごしてきた。
「果報は寝て待て」という言葉がある。
しかし待っているだけでは、いつまで経っても「カフー」はやってこない。
本当の幸せは自ら手を伸ばしてつかまなければいけないのである。

この小説は「第1回ラブストーリー大賞」受賞作である。
そして原田マハの小説家デビュー作でもある。

沖縄の青く澄んだ海に気持ちよく身を任せたような、ハートウォーミングな物語であった。
たまには波に揺られながらこんなひと時を過ごすのも悪くない。


にほんブログ村 本ブログへ 
↑ クリック、お願いします。 ↑


Category: 読書

Tags: 原田マハ  

Comment (0)  Trackback (0)

原田マハ「楽園のカンヴァス」

rakuen.jpg

以前から読みたかった原田マハの「楽園のカンヴァス」。
人気作ゆえに図書館ではなかなかお目にかかることがなかったが、ようやく書棚に並んだので借りてきた。

ルソーとピカソという20世紀を代表するふたりの天才画家の関係を描いたアートミステリーである。

作者の原田マハは、かつて美術館のキュレーターとして働いていたことがあるそうだ。
その経験に裏打ちされた内容は、美術ファンならずとも、大いに好奇心を刺激されるところである。
大美術展の裏側でどんな仕事や駆け引きがなされているか、経験者だからこそ書けたであろう美術界の舞台裏が興味深い。

アンリ・ルソーの最後の作品は「夢」である。
その作品とうりふたつの幻の作品「夢をみた」の真贋を巡って、MoMAのアシスタント・キュレーター、ティム・ブラウンと日本人研究者、早川織江の2人が競うというのが物語の骨子だが、そのなかで若き日のピカソと無名の画家ルソーとの隠された関係が明らかにされていく。
さらにルソーの絵のモデルであり、永遠のミューズであるヤドヴィガとその夫、そして詩人のアポリネールなどが絡み、20世紀美術の変革期であった当時の熱気が伝わってくる。

アンリ・ルソーは遅咲きの画家であった。
長年パリ市の税関の職員を務めていた彼が、画家として本格的に出発したのは、税関を退職した49歳の時からであった。
しかし遠近法を無視し、一見幼児が描いたようにも見える彼の絵は、生前正当に評価されることはなかった。
「日曜画家」、「税関吏」などと呼ばれて揶揄されるばかりであった。
そんな彼の絵の数少ない理解者のひとりが、パブロ・ピカソであった。
早くからルソーの絵の革新性を見抜いていたピカソは、貧しい生活の中で懸命に絵を描き続けているルソーを何くれとなく気遣い続ける。
そんなふたりの関係が克明に描かれていく。
そしてその交流の中から生み出されたと思われる幻の作品「夢をみた」の謎が、次第に浮かび上がってくるのであった。

原田マハの小説を読むのは「キネマの神様」に続いてこれが2冊目である。
「キネマの神様」は映画に対する愛に満ちていたが、こちらは美術への愛に満ち溢れている。

直木賞候補作、そして山本周五郎賞受賞作である。


にほんブログ村 本ブログへ 
↑ クリック、お願いします。 ↑


Category: 読書

Tags: 原田マハ  

Comment (0)  Trackback (0)

原田マハ「キネマの神様」

20090413140916598.jpg

楽しく笑い、最後はしみじみと泣かされる小説であった。

ギャンブル好きで借金まみれのどうしようもない父親、だが彼は長年の映画ファンである。
映画を語らせれば、誰にも負けないほど詳しい。
同時に映画に注ぐ愛情の深さも、誰にも負けないものを持っている。
彼は映画館という空間は、「娯楽の神殿のようなところ」と思っている。
そこには「キネマの神様」が住んでおり、「映画を観て人間が喜ぶのをなにより楽しんでおられる」
「村の鎮守の神様と一緒です。神様に奉納される相撲や祭りを、結局いちばん楽しむのは人間なのです。それを神様はわかっておられるのです。」
そんな父親をどうしようもないと思いつつも、健気に支える母と娘。
娘は国内有数のデベロッパーに勤めるキャリア・ウーマン。
父親譲りの映画好きで、学生時代には映画評論を書いていたほど。
そんな映画の知識を買われて、シネマコンプレックスを中心とした文化・娯楽施設建設計画の担当課長に抜擢される。
しかしプロジェクトが推進していくなかで、根も葉もないスキャンダルが引き金となって会社をやめざるをえなくなってしまう。
そしてひょんなきっかけから次に就職したのが、映画雑誌を発行する出版社。
そこで出版の仕事をしながら、同時にブログのリニューアルにも関ることになる。
しかもそのブログの新しい企画として、彼女の父親に映画評を書かせるという案が持ち上がる。
そのへんの経緯については多少話が込み入ってくるので、端折るが、その企画が意外な反響を呼び、そして思わぬ方向へと展開していくことになる。
そういったあらすじの小説である。

映画についての物語ということで、さまざまな映画が小説の中で採り上げられている。
思い出すままに書いてみると、
「ニュー・シネマ・パラダイス」「ライフ・イズ・ビューティフル」「プライベート・ライアン」「タイタニック」「アメリ」「戦場のピアニスト」「イングリッシュ・ペイシェント」「Shall we ダンス?」「市民ケーン」「ローマの休日」「フィールド・オブ・ドリームス」「七人の侍」「硫黄島からの手紙」「ワーキング・ガール」「自転車泥棒」「或る夜の出来事」「カサブランカ」「シャイニング」「キングコング」「ガメラ」「ミクロの決死圏」「インディ・ジョーンズ」「ターミナル」「オール・アバウト・マイ・マザー」「トーク・トゥ・ハー」「天国から来たチャンピオン」「眺めのいい部屋」「カッコーの巣の上で」「シンドラーのリスト」「テルマ&ルイーズ」「アイ・アム・サム」「フォレスト・ガンプ」「ビッグ・フィッシュ」
この辺でやめておくが、まだまだある。
というように映画好きにはたまらない内容、ワクワクしながら読んでしまうといったお話なのである。
そして読み進むにつれて、ギャンブル好き、借金まみれ、しかも自分勝手でどうしようもないダメ親父の愛すべき魅力に、知らず知らずのうちに惹きつけられていることに気づくのである。
けっして褒められた男ではないが、人生を充分過ぎるほど楽しんでいる男、こんなふうに自由に歳を重ねていけたらいいなと思わせるような人物なのである。
またブログやユーチューブといったネットが主な舞台となっていることも、その愛好者のひとりとしては大いに興味をそそられた。

< この世に映画がある限り、人々は映画館へ出かけていくだろう。家族と、友人と、恋人と・・・ひとり涙したいときには、ひとりぼっちで。
 人間の普遍的な感情、笑いや涙、恐怖や驚きが映画館にはある。ありとあらゆる人生がある。人間が人間である限り、決して映画館が滅びることはない。たまらなく心躍るひとときを求めて、人はきっと映画館に出かけていくのだ。>

そのことをほんとうに実感させてくれた、ハートウォーミングな小説であった。

最後に参考資料として「原田 マハ、自作を語る」を載せておくことにした。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 本の紹介  ジャンル : 小説・文学


カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2018年)70歳です。
性別:男

還暦(10年前)という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

月別アーカイブ
cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

12345678910111213141516171819202122232425262728293004 2018