風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: テレビ・ラジオ番組

Tags: 藤沢周平  仲代達矢  

Comment (0)  Trackback (0)

清左衛門残日録

seizaemon.jpg

先日書いたことの続きだが、テレビドラマ「清左衛門残日録」のDVD6枚すべてを観終わった。
内容は全14話とスペシャル版の「仇討ち! 播磨屋の決闘」である。
宅配でDVDが2枚づつ送られてくるのだが、観終わると返却し、それが向こうに着くと折り返し次の2枚が送られてくるというシステムであるが、届くまでの何と待ち遠しかったことか。
一刻も早く続きが観たくてたまらない。
それほど夢中になって観続けたのである。

このドラマは、1993年(平成5年)にNHKの「金曜時代劇」で放映されたもの。
その時何本か観た覚えがあるが、見逃したものも多く、今回すべてを通して観て、また改めてその佳さに感じ入った次第である。

何と云っても清左衛門を演じた仲代達矢が素晴らしい。
彼以外にこの三屋清左衛門役は考えられないと思えるほどの適役である。
元用人という重厚さだけではなく、時にコミカルな面も見せながら、人間的に深みのある三屋清左衛門を、これ以上はない見事さで演じている。
さらに彼の無二の親友、佐伯熊太を演じる財津一郎がまた、これに負けず劣らずの適役である。
ふたりの軽妙なやりとりを聞いているだけで思わず口元が綻んでくる。

そして彼らにからむ二人の女性、涌井の女将を演じるかたせ梨乃、そして清左衛門の息子の嫁、里江を演じる南果歩、その艶やかさと優しさがドラマの大きな彩りとなっている。
また竹馬の友を演じた佐藤慶と河原崎長一郎もいい。
佐藤慶が演じたのは金井奥之助、清左衛門とは元同僚で、道場にともに通った旧い友人である。
しかし政争でついた側が失脚したために家禄は減らされ、以来貧しい不遇の人生を送ることになった。
ふたりは30年ぶりで再会したが、用人にまで出世した清左衛門との間には越えられないほどの差がついており、それを恨みに思う奥之助は一緒に釣りに出かけた磯で清左衛門を海に突き落とそうとする。
しかし誤って自分が落ちてしまう。
清左衛門に助けられた奥之助は次のような言葉を洩らす。
「許してくれとは言わぬ。助けてもらった礼も言いたくない。それでも、むかしの友人という気持ちが一片でも残っていたら、このままわしを見捨てて帰ってくれ。もう二度と、貴公とは会わぬ」

河原崎長一郎演じるのは、大塚平八。
清左衛門や熊太とは幼馴染、道場仲間である。
しかしふたりとは違って特にこれといった人に誇れるような能力があるわけではなく、ごく平凡な男である。
そんな彼が小心翼々として家禄を守り抜き、隠居の身となった。
そしてようやく静かで落ち着いた生活が始まったという矢先に中風で倒れてしまう。
不運を絵にかいたような男だが、彼と清左衛門、熊太との少年時代と変わらぬ胸襟を開いた親しい交流には深い滋味があり、ホッとして泣かされてしまう。

こうした俳優たちの熟達の演技に酔い、そして様々な人間たちの人生の機微と哀歓を味わうことのできた楽しい日々であった。
「日残リテ昏ルルニ未ダ遠シ」仲代達矢が読むこの言葉と、「人は命ある限り生き続けなければならない」というセリフが、今も鮮明に耳に残っている。


ブログランキング・にほんブログ村へ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
スポンサーサイト
テーマ : 時代劇  ジャンル : テレビ・ラジオ


Category: 日本映画

Tags: 中村錦之助  仲代達矢  時代劇  

Comment (0)  Trackback (0)

映画「股旅 三人やくざ」

sanninyakuza.jpg

先日BSで観た映画「股旅 三人やくざ」を初めて観たのは、1965年のこと。
今から半世紀前ということになるが、そんなに時間が経ったのかと思えるほど、この映画の記憶は鮮明に残っている。

題名からも判るように、三人のやくざが登場するオムニバスの股旅映画である。
「秋の章」、「冬の章」、「春の章」と分かれ、それぞれを仲代達矢、松方弘樹、中村錦之助が演じている。

「秋の章」ではこれが股旅やくざを初めて演じるという仲代達矢が、正統派のやくざを重厚に演じて、見応え十分。
続く「冬の章」では松方弘樹が故郷を追われた水呑百姓上がりのやくざを溌剌と演じ、老残のやくざ、志村喬との対比のなかで、やくざ渡世の空しさや人情の篤さが描かれる。
そして最後の「春の章」では、錦之助がいつもの颯爽とした役柄とは違い、口先ばかりで一向に頼りにならない半端者のやくざを飄々と演じて楽しませてくれる。
同じ年に作られた、こちらもオムニバス映画である「冷や飯とおさんとちゃん」とともに、錦之助の演技の幅の広さを再認識させられる映画である。
3話のなかではいちばん見応えがあり、さらに錦之助ファンにとっては決して見逃すことのできない必見の映画なのである。

またそれぞれの主役の相手役となる女優達(桜町弘子、藤純子、入江若葉)も素晴らしい。
とくに第1話で気性の激しい女郎を演じた桜町弘子が出色。
彼女の代表作である「骨までしゃぶる」の女郎役と似通った役柄を好演している。
「骨までしゃぶる」が作られたのが、この映画の翌年の1966年だから、加藤泰監督は案外この時の彼女を見て、主役に抜擢したのかもしれない。
と書いてふと思ったのだが、というよりも加藤泰映画の常連として使われている桜町弘子の美質を買ったがゆえの起用であり、さらに本家帰りをして代表作出演となったといったほうが正しいのかもしれない。
両監督ともそんなことは先刻ご承知のことだろう。
ともかくそんなあれこれを想像させられる熱演であった。

さらに第2話の藤純子はこの時19歳。
このわずか3年後に「緋牡丹博徒」で、あの艶やかな矢野竜子を演じることになろうとは想像もできない初々しさである。

監督は沢島忠。
錦之助とともに「一心太助」シリーズなど、斬新な演出で東映時代劇を支えてきた彼が、その終焉を飾るように作り上げた傑作である。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 邦画  ジャンル : 映画


Category: 日本映画

Tags: 仲代達矢  戦争映画  

Comment (0)  Trackback (0)

映画「人間の条件」2

人間の条件2

15日から始まった映画「人間の条件」全6部作一挙放映が一昨日終わった。
6日間かけて観続けた。
主人公梶の絶望的だが、しかし超人的とも思えるような確かな歩みに遅れまいと必死で着いて行った9時間38分だった。
それは、川津祐介演じる寺田二等兵が、梶の後を縋るような思いで必死に追い続けた姿とも重なるものだった。
梶は言う「オレのかかとを見ながら着いて来るだけでは、いつまでたっても一人前にはなれないぞ」と。
しかしそうやって追い続けることで、梶に批判的で勇ましい軍国少年だった寺田二等兵は「生きるということが、どうゆうことなのかが分かってきました。」というように変化していった。
それは観ていた私も同じで、この映画を観ることで、人間とは、生きるとは、そして人間を狂気に追い込む戦争とは、何なのかを真剣に考えさせられたのであった。
そして40年前、20代前半の頃に観た感動と興奮が、再び蘇って来たのである。

第1部・純愛編、第2部・激怒編、第3部・望郷編、第4部・戦雲編が公開されたのは昭和34(1959年)、第5部・死の脱出、第6部・曠野の彷徨は昭和36(1961年)に公開されている。
原作の小説「人間の条件」は、作者の五味川純平が自らの従軍体験を基に1955年に発表した小説である。
そして1300万部を売る超ベストセラーとなった。
五味川純平は東京外国語学校(現東京外国語大学)英文科を卒業後、満州鞍山の昭和製鋼所に入社。
1943年に召集を受け、満州東部国境線の各地を転々とした。
1945年8月のソ連軍の満州侵攻時には、所属部隊はソ連軍の攻撃を受けてほぼ全滅、生存者は五味川以下わずか数名だけだったという。
そうした過酷な戦争体験がこの小説の背景となっている。
また監督の小林正樹も同様の戦争体験をしている。
1941年(昭和16年)早稲田大学を卒業後、松竹に入社、数本の映画の助監督をした後、同年軍隊に召集される。
そして満州でソ連国境線の警備という軍務にあたる。
1944年(昭和19年)に宮古島へ移動、飛行場建設作業に従事する。
そして終戦直後は、労働要員として沖縄本島嘉手納捕虜収容所に収容されている。
このように原作者、監督ともに長期にわたる過酷な軍隊経験をしているのである。
そうした体験がこの映画で描かれた軍隊、戦場の嘘偽りのないリアリティーを生み出す背景となっている。
そしてそうした嘘偽りのない戦争の実態があますところなく描かれることによって、われわれ観客は驚愕し、激しく心を揺さぶられるのである。
まさに空前絶後の凄い映画であった。

また今回の放映では、毎回映画終了後に主演の仲代達矢へのインタビューが添えられていたのが、よかった。
撮影当時を振り返りながら語られる裏話を、毎回興味深く聞いた。
たとえば第3部・望郷編で印象深かったふたりの俳優、新城一等兵を演じた佐藤慶と小原二等兵を演じた田中邦衛は、どちらも仲代達矢の推薦によるものだといったことが語られた。
佐藤慶は俳優座での仲代の同期、田中邦衛は後輩という間柄で、ともに無名の俳優だったが、小林監督の相談を受けた仲代がふたりを強く推薦した。
そしてそれが見事に成功したと、当時を懐かしく思い出しながら話していた。
また撮影前には、撮影所内で1ヶ月間の軍隊生活を体験させられたとか、古兵から殴られるシーンではほんとうに殴られて顔がはれたといったエピソードも語られた。

人間の条件3

そしてラストシーンでの過酷な体験、雪原の中で倒れた梶の身体の上を雪が降り積もり、小さな雪の山ができるというシーンでは、ほんとうに雪の中で身体の上に雪が降り積もるまでじっと横たわっていたという。
そのなかで仲代は「凍死するということは、こういうことなのか」といった感想をもったと語っていた。
そして撮影がすべて終わり、ロケバスのなかに入ると、小林正樹監督がいたが、「ご苦労様」の一言もない。
役者としてそれは当然のことだといった態度であったという。
それこそが「鬼の小林」と呼ばれる所以だと仲代は笑って話していた。
そうした裏話の数々を聞けたことで、映画がよりいっそう興味深いものになっていった。

40年ぶりに観る「人間の条件」を果たして全編通して観るだけのエネルギーが残されているだろうかと懸念はしたが、観始めるとどんどんと引き込まれてゆき、一夜が終わるたびに次が待ち遠しく、気がつくと最終回まで一気に観てしまっていた。
そして昔と変わらぬ深い感動に包まれていた。
全巻の放映が終了した後、解説の山本晋也監督と小野文惠アナウンサーが感極まったように、思わずつぶやいた言葉、「梶は美千子のもとに帰ったんだ!」「そう、ほうんとうにそうですよね!」を聞いたときには、思わず胸が熱くなってしまった。
長い夜が続くと思っていたが、終わってみればあっという間の6日間であった。
いい映画を観た後の満足感が、しばらく続きそうである。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 日本映画  ジャンル : 映画


Category: 日本映画

Tags: 仲代達矢  戦争映画  

Comment (0)  Trackback (0)

映画「人間の条件」1

人間の条件

終戦記念日の昨日から、NHK、BSプレミアムで映画「人間の条件」の放映が始まった。
全6部作のこの映画を毎夜一部づつ、都合6日間にわたって放映される。
上映時間9時間27分。
その長さも驚異的だが、内容はさらに驚異的。
戦争というものの本質に迫ろうとする映像の迫力には、まさに圧倒されてしまう。
これまで観てきた日本映画のなかでは、間違いなくベストテンに入る名作である。

原作は五味川純平のベストセラー小説。
戦争という名のもとに非人道的な行為が公然と行われる混乱の時代に、あくまでも人道的な立場を崩さず、正義を貫ぬこうとした男の物語である。
正義を貫くことがもっとも困難な時代に、梶というヒューマニズムあふれる男をあえて投入することで、戦争というものの実態、その本質を炙り出そうとする。
主演は仲代達矢、当時26歳の彼が大抜擢されての主演であった。
そして彼が梶を演じたことが、この映画の成功のかなり大きな部分を担っていると思う。
それほど仲代が演じた梶は、適役であった。
監督は小林正樹、シナリオは彼と松山善三、撮影は宮島義勇。
(この作品の完成後の翌年1962年に、小林正樹、宮島義勇、仲代達矢が再びチームを組んで「切腹」が作られている。)
この映画が作られたのは、1959年から1961年までの3年間である。
北海道を満州の荒野に見立てての長期ロケ、のべ2万人を越えるスタッフ、キャストを投入したという、まさに超大作であった。
これほどの映画が作られたということは、今考えるとほんとうに驚き以外の何ものでもない。
よくこれだけの映画が作られたものだと思う。
当時の日本映画がいかに大きな底力を持っていたかを、思い知らされる。

この映画を初めて観たのは1967年、大学2年のときである。
場所は池袋の文芸座、オールナイト興行の全作一挙上映特集であった。
間に休憩時間を挟みながら、10時間近くの上映だったが、映画の迫力に圧倒され続け、観終わった後はほとんど放心状態であった。
それほどこの時の映画体験は、強烈なものだった。
さらに同じ年の10月7日の深夜、大学の友人とふたりで再びこの映画を観に行った。
実は次の日に羽田で「佐藤首相ベトナム訪問」阻止のデモが行われることになっており、友人とふたりそれに参加しようか、それとも映画を観ようかと迷った末、結局映画を観ることにしたのであった。
そして翌8日のデモには行かず、そのまま下宿に帰ったが、この時のデモは後に第一次羽田闘争と呼ばれたもので、その騒乱の中でひとりの学生が亡くなった。
そのことをニュースで知り、ショックを受け、複雑な思いを抱いたのであった。
そうした意味でも、この映画は忘れられない映画として、心に刻まれることになったのである。
今回の放映で観るのは、それ以来のことになるわけで、44年ぶりの再会ということになる。
果たしてこれをぜんぶ観通せるだけのエネルギーが今の自分に残されているのかどうか、少し不安を覚えるが、なんとかすべてを通して観たいと思っている。
しばらくは眠れない夜が続きそうである。


にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 日本映画  ジャンル : 映画


Category: 日本映画

Tags: 仲代達矢  

Comment (0)  Trackback (0)

映画「春との旅」

harutonotabi.jpg

以前にも書いたが、ここ1ヶ月ほどは本を読むことに時間をとられて、あまり映画は観ていない。
それでもなんとか時間をやりくりして、何本かを観ることができた。
その中で印象に残ったのは、小林政広監督の「春との旅」という映画であった。
小林政広監督の映画は、昨年観た「愛の予感」で強い印象を受けた。
そこで、「春との旅」も期待をして観たわけだが、その期待通りの見応えのある映画だった。
「ある日、突然 ひとりの老人が家を捨てた。」「孫娘、春があとを追った」といった設定から始まるロードムービーである。
主演は仲代達矢、彼が脚の悪い老いた元漁師、忠男を演じている。
そして孫娘、春を演じるのは、若手女優の徳永えり。
ふたりがぶつかりあいながらも、今まで疎遠だった親類たちをつぎつぎと訪ね歩いていく。
それは妻も娘も失い、孫娘に頼って生きてきた忠男が、春を自由にさせるべく、自分の面倒を看てくれる親類縁者を探す旅であった。
そこから家族や高齢化社会といった切実な問題が浮かび上がってくる。
「愛の予感」もそうだったように、この映画もまたふたりにつかず離れず、ドキュメンタリーのように追い続ける。
あまりカメラを意識させないためであろうか、望遠を多用、長回しのカットが多く見られる。
それが緊張感あふれる演技を引き出す効果となっており、ワンカット、ワンカットを息を詰めて観ることになる。
さらに脇役に、大滝秀治、菅井きん、小林薫、田中裕子、淡島千景、柄本明、美保純、戸田菜穂、香川照之といった芝居達者な顔ぶれを揃え、しかもほとんどが、たったワンシーンのみの出演といった贅沢さである。
だが、その短いシーンの演技が、いつまでも心に残る。
長い時間画面に顔を出せばいいというものでもないのだということを、今更のように思ったのであった。

頑固一徹で融通の利かない忠男は、どこへ行っても歓迎されない。
それどころか、お互いに悪態をついての衝突ばかり。
しかしぶつかり合い、突き放しながらも、最後は肉親の愛情が垣間見えてくる。
そうしたことを繰り返していくにうちに、偏屈でどうしようもない老人である忠男の、とぼけた面白さや一途さといった一面が見えてきて、しだいに愛すべき人物といった印象に変わってくる。
そして知らず知らずのうちに、忠男に惹き付けられ、強いシンパシーを感じるようになっていくのである。
仲代達矢演じる忠男は、頑固で融通の利かない元漁師というには、いささか立派すぎる気もしないではないが、それでもやはり彼の演技なくしては、こうした共感は生まれなかったに違いない。
人と対するということは、おのれ自身を見詰めることでもある。
疎遠になっていた親類を訪ね歩くことで、忠男と春は自分たちを取り巻く現実を、そしてこれからの人生と真剣に向かい合わざるをえなくなる。
そこから思うことは、人は誰でも多かれ少なかれ哀しみや苦しみといったものを背負って生きている。
安穏に生きているだけの人間などいないのだ、というしごく当たり前のことである。
そこでふたりは初めて自分たちの現実を、素直に受け入れていこうという気持ちになっていく。
これはけっして彼らだけの問題ではなく、現代に生きる人間たちが等しく考えてゆかねばならない問題でもある。
そうしたことを改めて考えさせられた。
ふたりの旅が終わった後に訪れる静かな感動は、時間が経つにつれてさらに大きなものになってゆくような気がする。



にほんブログ村 映画ブログへ 
  ↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 映画DVD  ジャンル : 映画


カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2008年)還暦です。
性別:男

還暦という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

1234567891011121314151617181920212223242526272829303108 2017