FC2ブログ

風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 読書

Tags: 乙川優三郎  

Comment (0)  Trackback (0)

乙川優三郎「ロゴスの市」

logos-ichi.jpg

脊梁山脈」「トワイライト・シャッフル」「太陽は気を失う」に続く乙川優三郎の現代小説である。
昭和55年、大学で出会ったふたりの男女「成川弘之と戒能(かいの)悠子」が、ともに翻訳家と同時通訳者として言葉の世界で生きていくことになる。
そしてお互いに刺激し高め合いながら、それぞれの世界で着実に実績を積んでいく。
いずれふたりは一緒になるのだろうとの予感があったが、なぜか彼女は突然別の男と結婚してしまい、ふたりの関係は途絶えてしまう。
残された男もまた別な女性と結婚し家庭をもつことになるが、数年後、再び彼の前に現れ、また以前のような関係を取り戻すことになる。
言ってみれば不倫だが、そこに見られるのは、背徳の匂いやどす黒い欲望や葛藤といったものではなく、ともに言葉の海に漕ぎ出した者同士ならではの連帯感のようなものである。
それはこの小説が男女の恋愛よりも、言葉の海に漂うふたりの、言葉との懸命で真摯な格闘を主に描いているからだ。
そしてそうした言葉との取り組み方は、また作者自身の姿でもあるのだろう。
研ぎ澄まされた言葉が、どのように生み出されていくのか、そんな作者の内側を覗き見させてくれる面白さも味えるのである。
たとえば次のような描写からそれは窺える。

<彼は食料を買い溜めし、気晴らしの散歩と風呂と食事以外の時間は書斎に籠るようになっていった。一冊の短編集のために辞書と資料とで変貌したアパートの一室は新生の場でもあった。寝ても覚めてもサラの文章に揺すられ、顔を上げる日が続くと、作家の冷徹な目に自分までもが見られているような錯覚を起こすことがある。
「化け物め、この文章で何が言いたい。」
 夜更けに壁を仰いでいると、やがて日本語の言葉が救ってくれる。学んだ記憶のない言葉をなぜ知っているのかと思うことがよくあり、それが母語というものだと気づいた。そういう何気ない言葉によって、直訳では味も素っ気もない文章が同じ意味でありながら柔らかく生きてくるのであった。>

<変化のない一日を繰り返すうちに彼は変化のないことにも鈍感になって、ひたすら翻訳という作業におぼれた。必要な刺激は訳している小説世界の中にあって、飽きるということがない。悩まされた挙句、平凡な表現に落ち着くこともあるが、まれに生まれる芸術的な訳文は静かな驚喜と充足をもたらした。その一瞬を求めて翻訳家は闘うのかもしれない。>

<走り過ぎて躓くと、顔を上げて、英語の空想に日本語の石を投げてみる。石が消えなければ彼女の小説世界にふさわしい言葉となって落ち着く。空想が過ぎて、自分の訳文を反訳しても彼女の英文に還るような不可能を夢見ることもあった。
 ひとつの描写、ひとつの表現に数十通りの和訳を用意しながら、どれひとつ嵌らないことがある。変幻自在な日本語が英語に負けることなど考えられないが、作家によって絞り出された英文も魔物なのであった。恐ろしく長い時間を費やし、言葉の泉もつきてぼんやりするときが翻訳家にはあって、この無意味な休息のあとに前触れもなく覚醒する。どうしても思いつかなかった言葉がどこからかやってきて、重たい瞼の上に下りるのであった。>

また翻訳の担当者である原田が口にする次のような言葉。

「一章にひとつ、原文の意味を違えずに美しい言葉の欠けらでも組み込めたら上出来と言っていい、優秀な翻訳家はオリジナルを意識しながら、どこかで勝とうとする、そして大抵は負ける、当然だろう、原作者とは遣う言葉が違うのだから、しかしまた闘う、勝てる見込みなどないのに闘って、何とか引き分けに持ち込む、連戦連敗よりはましだし、そのうち奇跡のような名訳が生まれる」

「苦しくてもよい仕事をすることだ、その積み重ねがいずれ生活も精神も鍛える」

さらに文章修行のなかで何人かの作家の小説が採り上げられているのも興味深い。
向田邦子、芝木好子、スタインベック、ヘミングウエイ、そしてインド系アメリカ人のジュンパ・ラヒリといった人たちである。
なかでも向田邦子は悠子が好きな作家となっており、向田邦子が飛行機事故で亡くなったニュースを聞いてショックを受ける場面が出てくるが、そのことが後の出来事の伏線にもなっている。
さらに芝木好子の「隅田川暮色」は、弘之がスランプに陥った時、図書館で何気なく手に取って出会った小説である。
それに導かれて芝木好子の小説を次々とむさぼり読む。
そして「性根を据えて自分の日本語を磨くことに集中したい」と考えるようになる。
芝木好子の小説が読みたくなった。

ところでこの小説の題名「ロゴスの市」とは何か。
それは主人公、弘之が翻訳修行のためにアメリカ、ヨーロッパと旅した際、ドイツのフランクフルトで行われた世界最大規模のブック・フェアのことである。
三日間開催されるこのブック・フェアには7千もの業者が集まり、世界中から15万人以上の人が訪れる。
そこで主人公は原田とともに翻訳するに足る小説の原石を見つけようとする。
さらに数年後、悠子を伴って再度訪れ、ふたりして「ロゴスの世界」に心ゆくまで浸るのである。

この小説によって、乙川文学がさらなる高みへとのぼったことを感じた。
そして乙川優三郎はひとつのことを地道に追い求める一途な生き方をする人たちを、ひたすら描き続ける作家なのだということを、また改めて思ったのである。


にほんブログ村 本ブログへ 
↑ クリック、お願いします。 ↑
スポンサーサイト


Category: 読書

Tags: 乙川優三郎  

Comment (0)  Trackback (0)

乙川優三郎「太陽は気を失う」

taiyouhakiwo.jpg

脊梁山脈』、『トワイライト・シャッフル』に続く乙川優三郎の現代小説である。
乙川優三郎は2010年に「麗しき花実」を書いて以後、時代小説は書いていない。
その心境の変化には何があったのか、彼の書く時代小説ファンとしては気になるところ。
乙川優三郎は間違いなく山本周五郎、藤沢周平の後継者となる作家だと思っている。
彼の書く時代小説をまたもう一度読んでみたいと思っているが、その期待にはなかなか応えてくれそうもない。
もともとが多作な作家ではないので、これは気長に待つしかないのだろう。

今回の小説は、2013年9月号から2015年3月号まで、『オール讀物』に連載した短編を纏めたものである。
いずれの登場人物も、人生の黄昏時を迎えた人たちばかりで、そこにさまざまな人間模様を見ることができる。
どの人物も、それぞれに精一杯生きてきた人たちである。
けっして後ろ指を指されるような人生を歩んできたわけではない。
しかしそれでいて、そこには様々な悔いや苦みが伴っている。
そうした思いというのは、人生の黄昏時を迎えた人間には共通なものだろう。
そこから滲み出る苦さは、切なく哀しいが、しかしそれこそが人生の滋味なのではあるまいか。
そうしたことを、しみじみと感じさせられる小説であった。
苦いが読後感は、決して悪くない。
そして読み終わった後も、まだまだもっと読み続けたいという気持ちにさせられたのである。


にほんブログ村 本ブログへ 
↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 読んだ本の感想等  ジャンル : 小説・文学


Category: 読書

Tags: 乙川優三郎  時代小説  

Comment (0)  Trackback (0)

乙川優三郎「喜知次」

kichiji.jpg

久しぶりで乙川優三郎の小説を読んだ。
先月のことになるが、家内から何か面白い時代小説はないかと問われて、乙川優三郎の小説を教えた。
以来その面白さに夢中になり、次から次へと読み漁るようになった。
そんななかに今回読んだ「喜知次」があった。
これは乙川優三郎の初期の作品で、これまで彼の小説の主なものは読んでいるが、これはたまたま読むことがなかった小説である。
先に読んだ家内から「面白かった」との感想を聞いたので、この機会に読んでみようと思ったのである。

喜知次とは、魚のキンキの別名で、宮城県などでの呼び名である。
「吉次」とも書く。
主人公の小太郎の家に、親を亡くした娘・花哉が引き取られてくる。
その娘の顔が赤く目が大きいところから、小太郎が「喜知次」とあだ名したのである。
以来、小太郎は義理の妹となった花哉のことを、親しみを込めて喜知次と呼ぶようになった。

小太郎には学問所で知り合った牛尾台助、鈴木猪平という親友がいる。
それぞれ身分は違うが、互いに身分を越えた生涯の友と考えている。
その3人が、藩の抗争や、国替えといった荒波に翻弄されながら成長していく姿が、情感豊かに描かれている。

藤沢周平の「蝉しぐれ」や「風の果て」、葉室麟の「銀漢の賦」などと同様の世界を扱った小説である。
こういう類の小説は何回読んでも感動させられる。
若者のひたむきな生き方に、胸が熱くなってしまう。

「会者定離(えしゃじょうり)」という言葉が出てくるが、そうした抗い難い人生の無常さが、端正に描きこまれた小説である。

これを機会に乙川優三郎のまだ読んでいない小説を、また読んでみようかと考えている。


にほんブログ村 本ブログへ 
↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 読んだ本の感想等  ジャンル : 小説・文学


Category: 読書

Tags: 乙川優三郎  

Comment (0)  Trackback (0)

乙川優三郎「トワイライト・シャッフル」

twilight.jpg

著者初の現代小説「脊梁山脈」に続いて、こちらも現代小説である。
小説新潮の2013年7月号から翌年の4月号まで連載されたものに、3編の書下ろしを加えた短編集である。
いずれの作品も房総半島の海沿いの小さな町が舞台になっており、そこに住む人、訪れる人、去っていく人、さまざまな人たちの姿が描かれる。
登場人物は作家、ジャズピアニスト、画家、郵便局員、海女、主婦、イギリス人女性、リオッ子(カリオカ)などバラエティに富んでいる。
なかには若い人も登場するが、ほとんどが人生の黄昏時(トワイライト)を迎えた年配の人たちである。
そうした人たちが織りなす哀感が切々と胸をうつ。

老いた海女ふたりが支え合う友情を描いた「イン・ザ・ムーンライト」。
落魄したジャズピアニストのささやかな挑戦を描いた「オ・グランジ・アモーレ」。
町の高台にある新興住宅地に住む老婦人と、庭の手直しを請け負った職人との束の間の触れ合いを描いた「私のために生まれた街」。
どの話も身に詰まされるが、なかでもいちばん印象に残ったのが「ビア・ジン・コーク」である。

主人公は夫が失踪した後の四年間をひとりで生きてきた女性である。
スーパーに勤める彼女が、日曜の昼下がりから始まる一日半の休日にすることは、読書であった。
その時必ず飲むのが、「ビア・ジン・コーク(ビールとジンとコークのカクテル)」であった。
そうやって<彼女は不測の日々を読書と酒で乗り越えてきた>のである。
<何か信じられる時間を持たなければ自分が壊れる気がしたし、寄り添えるもののないことほど恐ろしいこともなかった。佳い本は彼女を抱き寄せて、温かい海のように優しかった。
 書店も図書館もない房総半島の小さな街で、早苗はおそらく都会の学生よりも多読している。読むことで人間も人生も膨らむ気がするし、自分にはない物の考え方や苦悩や人のありようを知るのが愉しかった。他人の人生に触れていると自分の人生を客観視できるようになって、重たい現実は軽くなり、生きている空間が色づく。そんなありがたいものは他に見当たらないので、日曜の午後から火曜の朝まで彼女は読書に明け暮れるのであった。>

さらにこんな文章もある。
<「煎じつめればこの世のことは何もかも美しいのであり、美しくないのは生きることの気高い目的や自分の人間的価値を忘れたときの私たちの考えや行為だけである」
 もう忘れることのない、チェーホフの言葉であった。時間も空間も飛び越えて、それは縁もゆかりもない女の心を支えようとしている。
 この種の喜びを人に口で伝えるのはむずかしい。他人のことは知りたくないという人もいる。彼らは自分を取り巻く現実だけで苦悩は充分だと言い、結局抱え込んだ小さな現実に埋もれて終わる。心の切り替えようがないし、別世界に漂い、学ぶこともできない。だから小説家は願いをこめて、彼らが見ようとしない世界を敢えて書き綴るのだろう。>
 
映画「いつか読書をする日」に似た女性の物語である。
映画を思い出し、そして読書の与えてくれる様々な恩恵に思い致しながら読み進んでいった。
味わい深い時間を過ごさせてくれた読書であった。


にほんブログ村 本ブログへ 
↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 読んだ本の感想等  ジャンル : 小説・文学


Category: 読書

Tags: 乙川優三郎  

Comment (0)  Trackback (0)

乙川優三郎「脊梁山脈」

sekiryosanmyaku.jpg

これまで時代小説だけを書いてきた乙川優三郎初の現代小説である。
終戦後、中国から復員してきた主人公が、引き揚げ列車の中で知り合い、親身になって世話をしてくれた恩人小椋康造の消息を求めて旅をすることから物語は始まる。
そしてその旅のなかで、小椋康造が木地師であることを知る。
それがきっかけとなって木地師の奥深い世界を知り、その仕事と歴史を辿ることに情熱を傾けるようになっていく。
さらに旅のなかで知り合った勝気で奔放な画家の女と、東北の温泉町で生きる古風な女との間で揺れる姿も、同時に描かれる。
そしてかつては漂白の民であった木地師の千数百年に渡る歴史のなかから、日本文化の源流の一端に触れることになる。
こうした作業はすべて、戦争で受けた傷を癒そうとする行為に他ならない。
その過程で主人公が何を感じ何を見ることになったのか、そして国家に翻弄され続けた自分たち日本人とはいったい何だったのか、そうした壮大なテーマが切々と描かれていく。

それにしても木地師の世界がこれほど奥深い歴史を伴ったものであったとは、この小説で初めて知ったことだ。
朝鮮半島から渡ってきた渡来人たちの果たした大きな役割、そして古代王朝との深い繋がり、そこから古代史最大の事件ともいわれる大化の改新の謎にまで遡っていくことになる。
そんな壮大なロマンが木地師の世界の裏に隠されていたとは、まさに驚きである。
さらにそれを古代史のなかから探り当て、こうした小説にまで仕立て上げた作者の並々ならぬ労力には、ただただ感服するしかない。
「43歳でデビューしてから時代小説だけを書いてきました。寡作な60歳です。体も弱く、残された時間はあまりありません。新しいことに挑戦するなら今のうちと、思い切って現代小説を書いてみました」
作者のこの言葉からも、そうした意気込みの程が伝わってくる。

ちなみにこの小説は昨年度(2013年)の大佛次郎賞を受賞している。

果たして主人公は、脊梁山脈を無事越えることができたのだろうか?
そしてそこから見える景色とはどんなものであったのだろう?
さまざまな余韻を残しながら読み終わった。


にほんブログ村 本ブログへ 
↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 読んだ本の感想等  ジャンル : 小説・文学


カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2018年)70歳です。
性別:男

還暦(10年前)という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

月別アーカイブ
cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 2019