風に吹かれて

My Life & My Favorite things

Category: 読書

Tags: ミステリー  

Comment (0)  Trackback (0)

ピエール・ルメートル「その女アレックス」

alex.jpg

村上春樹の全小説読破の後は、以前から読みたかったミステリー「その女アレックス」を読んだ。
この小説は「このミステリーがすごい!2015」、「週刊文春ミステリーベスト10」、「ミステリが読みたい!」などの海外部門で軒並み第1位を獲得した話題の小説である。
物語の発端は、ある看護師の女性が誘拐され、残酷な状態で監禁されるという事件から始まる。
猟奇事件かと思わせられるが、実はそうではない。
その裏には隠された秘密があるようだ。
しかしそれが明かされることがないまま犯人は警察に追いつめられ、その挙句に橋の上から身を投げて自ら命を落としてしまう。
そして誘拐された女性は監禁されたまま救出されることはない。
読み始めた当初は誘拐監禁がこの小説の本筋かと思って読んでいたが、ここで大きく肩すかしをくってしまった。
結局この事件は序章に過ぎず、これに続いてさらなる事件がつぎつぎと持ち上がり、捜査のなかで誘拐監禁事件の裏に隠された謎が次第に解明されていくことになる。
このように予想もつかないような展開が、ダイナミックに二転三転していくのが、この小説の見所のひとつである。

事件を追うのが、パリ警視庁犯罪捜査部班長のカミーユ・ヴェルーヴェンという警部。
身長145センチという小男で、その身長ゆえに初対面の相手からは軽く見られがちだが、外見とは違って優秀なヤリ手の警部である。
彼の亡くなった母親は著名な画家で、彼自身も絵を描くことを得意としている。
また妻を誘拐されて殺されるという辛い過去を背負っている。
その事件については、この小説の前作である「悲しみのイレーヌ」で詳しく書かれているようだ。
そうした傷から未だ癒えないカミーユに、この事件を担当させることで立ち直らせようと仕組んだのが、大男の上司ル・グエンである。
小男のカミーユと大男のル・グエンという組み合わせが、なかなか秀逸。
上司と部下という立場を越えたふたりの歯に衣着せぬやり取りが面白い。
さらに彼をサポートする部下が、資産家でハンサムなルイと、ケチで「守銭奴」のアルマンというまったく対照的なふたり。
こうした個性あふれる面々が、タッグを組んで捜査を進めていくことになる。
その過程で、謎の女アレックスの様々な姿が浮かび上がり、事件の裏に隠された真相が次第に解き明かされていくことになるが、それとともに謎の女アレックスに対するわれわれ読者の印象も、二転三転と変化していくことになる。
そうしたストーリーのさじ加減が、なかなか見事である。
読後の印象は苦く重いものがあるが、さすが話題作というだけあって、濃い内容をもった読み応えのあるミステリーであった。

著者ピエール・ルメートルについては、カバー裏の紹介記事を転載しておく。
<1951年、パリに生まれる。教職を経て、2006年、カミーユ・ヴェルーヴェン警部シリーズ第1作 Travail soigne でデビュー、同作でコニャック・ミステリ大賞ほか4つのミステリ賞を受賞した。本作『その女アレックス』はヴェルーヴェン・シリーズ第2作で、イギリスで話題となり、イギリス推理作家協会インターナショナル・ダガー賞の受賞作となった。2013年、はじめて発表した文学作品 Au revoir la-haut で、フランスを代表する文学賞ゴンクール賞を受賞する。>


にほんブログ村 本ブログへ 
↑ クリック、お願いします。 ↑

スポンサーサイト
テーマ : ミステリ  ジャンル : 小説・文学


Category: 読書

Tags: 東野圭吾  ミステリー  

Comment (0)  Trackback (0)

東野圭吾「虚ろな十字架」

utsurona.jpg

久しぶりに読んだ東野作品。
主なものは、昨年集中して読んだので、東野作品はもういいかという気持ちもあったが、書評を読んで興味を引かれたので読んでみた。

結果はアタリであった。
これまでの東野作品同様のストーリーの面白さと読み易さで、あっという間に読み切ってしまった。
東野作品のなかでも間違いなくベストテンに入る面白さであった。
いや面白いというのは不似合かもしれない。
この重いテーマを思えば、それは些か不謹慎な言葉のような気がしてしまう。
それほど重いテーマであった。

犯罪に巻き込まれることで、劇的に人生を変えられてしまった様々な人間たちの姿、そうした過酷な人間模様を見ているうちに、罪と罰、贖罪、死刑制度の是非といった決して答えの出ることのない底なしの問題について、深く考えさせられたのである。


にほんブログ村 本ブログへ 
↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 読んだ本の感想等  ジャンル : 小説・文学


Category: 読書

Tags: ミステリー  

Comment (0)  Trackback (0)

小杉健治「父と子の旅路」

chicitokono.jpg

「父からの手紙」に続いての小杉健治作品である。
よく考えられたストーリー、語り口のうまさに一気に読んだ。
途中何度も胸が熱くなった。
「父からの手紙」もよかったが、それをさらに上回る感動であった。
どちらも自己犠牲というのが大きなテーマであるが、子供を持つ親なら誰しもが等しく共感できるのではなかろうか。

著者もあとがきに書いているように、親が子を殺し、子が親を殺すことが珍しくなくなってしまった今だからこそ、こうした物語が書かれ、そして読まれる意味があるのだと思う。
読後感のいい、感動ミステリーであった。


にほんブログ村 本ブログへ 
↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 読んだ本の感想等  ジャンル : 小説・文学


Category: 読書

Tags: ミステリー  

Comment (0)  Trackback (0)

小杉健治「父からの手紙」

chichikarano.jpg

ふたつの話が並行して語られていく。
ひとつは失踪した父親を持つ家族の話。
十年前に謎を残して家族の前から姿を消した父親から、人生の節目の時になると、娘と息子の元に必ず手紙が届く。
その娘が結婚をすることになるが、その婚約者が死体で発見される。
そして弟が容疑者として逮捕されてしまう。
そこから弟の無実を晴らそうとする姉の必死の捜査が始まる。
その困難のなかで「父からの手紙」が、彼女の大きな支えになっていく。

もうひとつは、9年前に殺人を犯した男が出所して、犯した罪の裏に隠された謎の真相を追及していくという話。

まったく無関係に思えたふたつの話が次第に繋がっていく。
それにつれて父親の失踪の裏に隠された真実が明らかになっていく。

人を想う気持ち、善意の心が犯罪を生み出してしまうという皮肉。
そこから浮かび上がってくる父親の愛情の深さとその悲痛な叫びが胸を打つ。
そして最後に読むことになる新たな「父からの手紙」には、思わず涙を誘われる。

人間にとって幸せとは何か、強く生きるとはどういうことか、そうしたことを考えさせられるミステリーであった。


にほんブログ村 本ブログへ 
↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 読んだ本の感想等  ジャンル : 小説・文学


Category: 読書

Tags: 東野圭吾  ミステリー  

Comment (0)  Trackback (0)

東野圭吾「白夜行」

byakuyakou.jpg

東野圭吾の小説の人気ランキングをすれば、ベスト5には必ず入るという作品である。
その人気のほどは、累計200万部以上を売り上げているという数字からも伺える。
またドラマ化や映画化がされていることも、それを裏付けている。

物語は1973年に大阪で起きた質屋殺しから始まる。
しかしこの事件は多くの謎を残したまま迷宮入りになってしまう。
そこから被害者の息子・桐原亮司と容疑者の娘・西本雪穂の、その後19年間の物語が綴られていくことになる。

この小説は、先日読んだ「幻夜」と登場人物のキャラクターや事件の展開など、多くの点で似通ったものがある。
そこから「幻夜」は「白夜行」の続編ではないかと言われているが、作者はこのことについて次のように語っている。

<どちらから読んでもらってもいいのですが、両方読めば両方読んだなりの面白さがあると思います。ただ『白夜行』の「続編」にはしたくなかったので、『幻夜』を書くとき、そこは苦労しました。ズバリ書いてしまうのは無粋。両方を読んだ人同士でいろいろ想像して盛り上がってくれればいいな、と思っています。>

ミステリー作家らしい謎を含んだコメントである。
そして作者の意図した通り、ファンの間では様々な解釈が飛び交い盛り上がる話題のひとつとなっているようだ。

いずれにしても犯罪を足懸かりにのし上がっていこうとする女と、それを陰から支える男という共通の図式によって生み出されたこれらの小説は、両方読むことでさらなる楽しみが生まれるということになるのだろう。
そんな作者の意図に乗っかって、番外の楽しみを享受するのも一興かもしれない。


にほんブログ村 本ブログへ 
↑ クリック、お願いします。 ↑
テーマ : 読んだ本の感想等  ジャンル : 小説・文学


カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

cooldaddy

Author:cooldaddy
住んでいるところ:青森県弘前市
出身地:香川県
年齢:今年(2008年)還暦です。
性別:男

還暦という節目を迎え、何か新しいことを始めようとブログを開設しました。
趣味のこと、生活のこと、心に残ったことなど、My Favorite thingsを、気ままに書いていこうと思います。
末永くおつき合いください。

映画サイト「マイ・シネマ館」もやっています。
こちらもよろしく。

ランキングサイトに参加しています。
もしよければクリック、お願いします。↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 

cooldaddyの本棚
FC2ブログランキング
ブログ内検索
QRコード
QRコード

1234567891011121314151617181920212223242526272829303105 2017